So-net無料ブログ作成

シャトランジが10世紀日本公知なら、平安大将棋に飛車があるはず(長さん)

本ブログでは、日本の古文書に将棋が記録されなくても”10世紀には
中国唐~五代十国経由で、イスラム(アラブ)シャトランジが、ぽつり
ぽつりと、日本に伝来していた”との立場を取る。しかるに、それなら
シャトランジにあり、このゲームの性格を決めるのに、決定的な役割を
果たしていると少なくとも本ブログでは見る、飛車動きの車駒の存在は、
10世紀末時点で、日本の専門家のゲームデザイナー層には、知られて
いたと見るのが自然である。ところが実際には、本ブログで西暦1110
年頃の作ではないかとみる、平安大将棋に、十字走りの車駒は無い。
 他方現在の定説では”平安大将棋に飛車が無いのは、その時代には、
単にまだ、発明されていなかったため”とされる。しかし冒頭のように、
本ブログのように、”イスラムシャトランジが流行らない程度に、ぽつり
ぽつりと10世紀までに伝来説”を取ってしまうと、

”飛車が日本では、12世紀の初頭に知られて居無い”という、逃げの手
が許されなくなる

のである。そこで今回は、本ブログのように、イスラムシャトランジ・
開封市に10世紀頃存在の立場を取った時に、イスラムシャトランジ、
中国シャンチー、朝鮮チャンギのいわゆる車駒が、なぜ12世紀の、日本
の二中歴の平安大将棋に、飛車として入らないのかを、論題とする。
 そこでいつものように、その原因について結論を書く。

平安大将棋を作成する時点ではまだ、飛車動きの駒の安易な導入は、取り
捨て型将棋ゲームを、つまらなくする元凶だいうのが、日本のゲームデザ
イナーには常識だったため

だと、私は考える。すなわち、飛車の王手を掛ける手の定跡化と、それだ
けでは、玉が長手数踏んでも詰まないという否定的な性質が、日本の大将
棋のデザイナーには、ほぼ行き渡っていた。そこで、横行、奔車、飛龍を
平安大将棋に西暦1110年頃に導入しても、たとえば奔車の代わりに、
飛車を入れると言う事を、しなかったのではないかと、私は考えるのであ
る。
 むろん本国のアラブ人も、シャトランジのこの欠点を、充分に承知して
いたと私は認識する。イスラムシャトランジの系統で、ビザンチンチェス
というゲームがある。方形の升目盤ではなくて、時計の文字盤のような盤
の形のために、升目が結果として扇型になるような、循環盤を作り、4列
16升目のエンドレスな丸い盤の上に、32枚のシャトランジの駒とみら
れるものを置いてするチェス・将棋類の、取り捨てルールとみられるゲー
ムである。
 このゲームでは、間に遮へいする駒が無いと、飛車動きの車駒の利き筋
が実質、普通の盤の2筋分に及ぶことになる。この点が普通のシャトラン
ジとの最も大きな差だと、私は考える。その結果、飛車で王駒が詰む確率
が、ビザンチンチェスの方が、普通のイスラムシャトランジより多くなり、
イスラムシャトランジの王手は掛けやすいが、車駒だけでは、相手王が、
なかなか捕まらないという欠点が、幾らか緩和されるようである。なお、
中国シャンチー等では、言うまでも無く砲の存在が大きく、その他帥・将
や楚・漢の動きを8方隣接升目動きから、少し弱めたり、九宮内に制限し
たり、王不見王の細則ルールを作成したりして、調整したと見なせる。
 すなわち、ビザンチンチェスの話は別として、飛車の問題は、西暦
1110年頃の日本の将棋ゲームのデザイナーには、知れ渡っていたと
仮定するのが、本ブログの特徴である。

知っていたのでわざと、飛車は平安大将棋には、入れなかった

と、ここでは見る。
 その後、平安将棋には、徳島県川西遺跡の出土駒からみて、

西暦1230年頃には横行、奔車、飛龍、奔横等が存在するようになった。
の結果、単独飛車だけの、終盤攻めが回避されるようになった。その事が
はっきり日本でも、ゲームデザイナーに認識された時点で初めて、この頃
に飛車が、大将棋に取り込まれた

と、本ブログでは見る。
 むろん、そうなったとしても、デザイナーの飛車に対する警戒心が、完
全には、無くなった訳でも無かったのであろう。

西暦1300年の普通唱導集の大将棋になっても、飛車は反車と香車に耳
を破られて、序盤に活躍を終えるよう、端列に置かれた

のである。何れにしても、将棋が10世紀には流行らなかったとしても、
外国の将棋の駒のルール情報が、断片的には入ってきていたと仮定する限
り、例としてイスラムシャトランジの象・馬・車駒は、日本では未知と、
決め付ける訳には行かない。よって将棋の伝来に関して、本ブログのよう
に、ある意味での”早い伝来説”を取る場合には、論を展開するときには
注意が必要と、私は考えるのである。(2018/04/11)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー