So-net無料ブログ作成

三巻物色葉字類抄に、一文字の”鯨”がある(長さん)

前に、色葉字類抄のニ巻物の”鯨鯢”について、雄鯨
雌鯢のうち、雄鯨の概念は、後世の作ではないかと
言う話をした。しかし、

これは間違いだった。

三巻物の色葉字類抄は”く”の部分が失われて確認で
きなかったため、十巻物で比較したのだが、三巻物に
は、鯨鯢が無いものの、

”を”の所に、”をくじら”とカナが付いて、只の鯨
が載っていた。

従って、三巻物の色葉字類抄の失われた”くの動物”
にも”鯨鯢のうち、鯨は雄鯨”の意味の事が書いてあっ
た可能性が極めて高くなった。十巻物の伊呂波字類抄
で、鯨鯢の説明書きを、変えただけのようだ。なお、
合わせ物の伊呂波字類抄(3+10)というのがあり、
それと、十巻物の伊呂波字類抄の”雄曰口”の口の部
分の漢字が違うように見える。合わせ物(3+10)
は”雄曰鯨”と書いてあるようだ。だから、ニ巻物と
合わせ物(”く”の動物の、その部分は十巻)とは、
似ている。なお話が前後したが、

二巻物の色葉字類抄の”ヲ”に、をくじらの鯨が有る。

鯨を”ヲクジラ”とか”おくじら”とは普通は読まな
いし、ましてや現代では、確かに”をとこ”のヲだと
言われればそうだが、”オ”である部分に”ヲ”とは
カナを振らない。そのため、ようやく最近になって、
一文字”鯨”も見つかった。残念ながらこのケースは、

考察のおおもとの事実認識が、間違っていたという事

である。以上のように、お詫びし訂正したい。
 次に別の件に移る。色葉字類抄の将棋駒名のリスト
に、落ちが見つかった。”蟠蛇”も、二巻物の色葉字
類抄には書いてある。ちなみに、”は”や”わ”の所
では無い。

蟠蛇は”に”の所である。

 ”わだかまるへみ”等ではなく”にしきへみ”と、
色葉字類抄では読むそうだ。私は知らなかったが、
平安時代には、”錦蛇”とは、何故か書かなかったら
しい。(2019/05/31)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

邦訳日葡辞書の”踊り”の意味(長さん)

よく知られているように後期大将棋から上位の駒数多数
将棋には、”踊る”という動きがある。初出は安土桃山
時代末の、将棋纂図部類抄からであり、繰り返す動きの
意味であるという意見が強い。問題点を先に述べると、
”踊り”と言うと、今日では人の動きをイメージしやす
い。が、日葡辞書によると、それが誤解のもとらしい。

動物の馬の走りの動きの一種について、16世紀末から
17世紀にかけては観点としていたらしい。

 結論は以上だが、以下に説明を述べる。
 本ブログでは、今の所、将棋纂図部類抄流の踊りは、
室町時代早期から江戸時代まで、同じ意味で使用されて
いたとみる。味方の駒を跳び越えられるし、相手の駒も
跳び越えても良いし、取っても良い、途中取りの出来る
跳ぶ動きだという事としている。一応、南北朝時代以前
は、本当の繰り返ししか、出来なかったので、味方の
跳び越えと、相手駒”取らず”は出来なかっただろうと
考えている。少なくとも水無瀬兼成が、比較的自由度の
高い、”後期の踊り”を取っていたと、獅子の駒の現在
に残るルールから、獅子型の踊り説を今の所一応本ブロ
グでも取っている。しかし、”自由度が高くなった理由”
は、良く判っていなかった。
 しかるに、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄の時代の辞書、
日葡辞書の日本語訳である、邦訳日葡辞書(岩波書店)
に、踊りとその派生語が3個程度載っているのを、最近
発見した。繰り返すと、馬の動作の一種の意味に取り、

日本舞踊の”踊”のように、人間の動作に適用している
気配が余り無い

のを認識した。将棋駒は、日葡辞書にこれもあるが、当
時はもちろん”馬”とも言われ、今より将棋駒は、馬の
イメージが強かったはずである。
 また、16世紀の前半から中盤は戦国時代であるから、
将棋は合戦のイメージであり、合戦で使われる馬のイメー
ジが元々有り、それを模したゲームである将棋の駒の動
きは、ゲームのルールを表現するのに使う言葉に関して
も、合戦用語に近い意味で、使われる事が多かったろう
と、推定するのが自然だろう。つまり日葡辞書の”踊り”
の説明を見る限り、

大将棋等の駒の一部の”踊り”の動きとは、馬が器用に、
小刻みに中足で、すばしこく走る動きの意味

ととれると言う事である。
 人間が、繰り返し同じ動きで踊っているという意味は、
平和なより後世の、近世の踊りのイメージに違いない。
 その結果、馬の足は器用なので、味方が途中に居れば
適宜跳び越すし、乗馬者の判断によって、有利になるか
どうかに応じて、途中喰いしたり、しなかったりも出来
ると、

恐らく南北朝時代になって、戦乱の世になったときには、
前の時代の踊りルールを、変更も出来た

のであろう。
 以上のように踊りは、馬の走り歩きを何歩かまとめて
する動きと、水無瀬兼成の頃には解釈できたと、日葡
辞書から推定できた。日葡辞書は、現代の国語辞書のフォー
マットに近い上に、安土桃山時代の末現在の、日本語を
反映していると仮定できるので、

将棋纂図部類抄の、日本語を理解するには有力なツール。

以上のように、見なせるように私には思える。なお一般
的に言って、安土桃山時代の口語は、今の日本語の意味
と余り違わない。狛犬の駒の動かし方ルールに出てくる
”要(かなめ)”は、安土桃山時代でも”基本”の意味
である。(2019/05/30)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三井家記録文書目録(2016)に象棋13種は無い(長さん)

前に述べたように15升目でも142枚制の三井文庫版
大将棋、138枚制中大将棋、130枚制小大将棋、
25×25升目360枚制前後大将棋が記載されている
とされる、”三井家の”象棋13種は、古い時代の将棋
種の研究家でも知られる、岡野伸氏他僅かな人数の人間
にだけ、実体の知られている将棋である。
 他方、三井文庫のサイトには、表題のように2016
年から、三井家記録文書目録約7万件弱が、web上に、
公開されている。そこに、”象棋13種”が載っている
かとうかだが、

載ってない。

では、仔細に以下説明する。
142枚制三井文庫版大将棋、138枚制中大将棋、
130枚制小大将棋、
25×25升目360枚制前後大将棋の実体を把握する
事は、何れにしても大切である。現在の所、私が知る範
囲で、内容は、

岡野伸氏と、丸尾学氏が知っている

とされる。丸尾学氏は、山本亨助氏の将棋文化史の第5
章の5の”荻生徂徠の広将棋”によれば、広将棋の解読
に始めて成功したゲーム研究家とされている。虫喰い算
パズルの製作で著名で「日本の将棋、東洋の色々な将棋
一覧」の著作で知られるという。後者に関しては、私は
うっかりしていたが、岡野伸氏の(旧・1999年版)
”世界の主な将棋”の目次の下に、紹介されていた。
 以上の事から、丸尾学氏の方が、岡野伸氏よりも、
この件の情報発生源に、より近い人物だと判る。
 丸尾氏がどうして、三井文庫の中に象棋13種が有る
のかを知ったのかは不明だが、三井文庫へ見に行ったと
仮定して、とりあえず三井家記録文書目録に、以下の
検索キーワードで該当する書があるかどうかだけ、最近
調べてみた。

象。将棋。碁。基。棊。十三種。

数が限られているのは、ウィルスの拡散を三井文庫が
危惧したのだろうか。pdfで文字検索しなければなら
ないwebコンテンツなためだ、1日かけて、私には、
この程度の確認しか、できなかった。なお最初の2万
程度は、手めくりで読み、京都本店保管文書については、
全件見た。が、将棋13種らしいものは見当たら無かっ
た。この一覧表を捜索しても、結局全く見つから無いよ
うだ。
 ちなみに、webの三井文庫ページによると、

”双六も、南三井家所蔵の蔵書が有る”とされる。が
三井家記録文書目録で”双六””雙六”はヒットしない。

南三井家文書が、非公開だからなのかもしれない。
 だから、様子から見て同類の、

象棋十三種も、南三井家の現在蔵書なのかもしれない。

ただ、公開もされていないものから、前記の丸尾学氏が、
荻生徂徠の広象棋譜愚解のごとくに、象棋13種を入手
したというのも、何か不自然ではある。私は良く知らな
いが昭和期等に、

三井家の個人の蔵書は多数、古本として流出

した事が、あるのではないかという感じがする。知らぬ
間に、東京大学の図書館に、三井家の蔵書の類が多数あっ
たという、webの情報もあるからである。それから見
ても、神田古本屋街の近世の文書を取り扱う店に、たま
たま出ていて、しかも”三井家蔵書”とハンコでも押し
てあった本を、熱心に情報を入手していた丸尾学氏がみ
つけて、たまたま1冊の残を、買い込んだという経緯か
もしれないと疑われる。そのケースは、本来この本は、
三井家の関係者に、より著作された文書では無く、
三井家が、たまたま持参していた蔵書の一冊に過ぎなかっ
のかもしれない。そのケースは、丸尾氏の手から、
将棋13種が離れたら、実際上情報の管理として”おし
まい”という、

情報の保存にとっては最悪の状況

の疑いが結構有りそうだと、検索してみて私は感じた。
 水無瀬兼成の将棋纂図本を拡張した内容に過ぎないと
いう感触はするのだが。三井家できちんと保管中の本の
事であるかどうか、未だ不明な点が、大いに気がかりで
ある。(2019/05/29)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京都葛飾区郷土と天文の博物館、考古資料の公開(長さん)

2019年は5月26日一日だけだったが、東京都の
葛飾区白鳥にある、葛飾区郷土と天文の博物館にて、”
葛飾区内で発掘された考古資料の公開”と称する行事
が行われた。
日曜日だったので、遺物に近所の

子供が、整理番号を書き込んでいる光景が目撃

された。
 以上が、だいたいの結末だが、以下に説明を加える。
 出土した”考古資料”と宣伝されたものは実際には、
葛西城遺跡にて、かなり前に出土した物のうち、ポリ
エチレン袋の中に保管放置されていたB級品と、少な
くとも、私には見えるものであった。葛飾区民が総出
で資料作成をしている工程を、博物館の来場者へ見学
させるのが、ほぼ内容という主旨のようだ。よって、
木製品の割合が、8割方と多いが、城で使われていた、
”折敷き”と言われるスノコの仲間から、廃棄後発生
した、多数の細かい木の破片が、井戸に捨てられてい
たものが、開示品の大部分であった。

当然だが墨書が有る等、意味が判る史料は見当たら無

かった。その他少数ながら、円形の食膳用の木のフタ
の一部と見られるものがあった。ごく一部が展示され、
箸とかなり大型の、木製の御椀が別にケースに入れて
入り口にあった。
 係りに聞くと”墨書ものとしては、葛西城では木簡
の類だけだ”と、間違った解説が有った。約43年前
に出土して話題の”金将・銀将駒”の事は、現地・
葛飾区郷土と天文の博物館では今や、すっかり忘れ去
られた存在になっているらしかった。この博物館の、
常設展示品にも、かつてはケースに入って展示されて
いた2枚の将棋駒は、今回訪問したときには、私には
見当たら無かった。ちなみに昔は確か、レプリカが
展示されてあったと思う。確かにその後、滋賀県の
観音寺城下町遺跡の、ここと類似の戦国時代駒が出土
してはいる。しかし追加の情報は、ほぼそれだけであ
り、時間の経過で、ここの将棋駒遺物の価値が、相対
的に低下したといっても、その程度である。それが、
まるで、将棋駒の遺物などありきたりであるかのよう
な空気が、ここ葛飾区郷土と天文の博物館ではたぶん、
今世紀に入って、急速に蔓延してしまったのであろう。
 ここの将棋駒の境遇を見ると、これはいわゆる、

風評被害の一種

ではないかと、私には疑われる。
 なお、葛西城は完全に宅地化したので、本当の現地
に、将棋駒が移動した可能性は、たぶん無いと思われる。
ちなみに図書のコーナーに、発掘報告書類が有った。
が将棋駒は、成書の葛西城紹介書だけに、確かに載っ
ているのを私は確認した。報告書は分冊が多く将棋駒
はどこかに、写真が有るのかもしれないが、記載され
た場所が、私には良く判らなかった。
 説明を聞いた限りでは、将棋駒が葛西城で出土した
後は、墨書木簡が2~3枚出ただけで、木簡等の枚数
は少なく、字の有る史料が発掘で、大量に出てくると
いう事は、葛西城に関しては、1980年以降は余り
無かったようだ。
 なお次回は、西暦2020年1月に同様のイベント
をするとの事だそうだ。(2019/05/28)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東福寺難破船出土駒(新安沖海底遺跡)の玉駒は玉将(長さん)

本ブログでは、現在でこそ混在して使われている玉将・
王将だが、京都の朝廷では王将しか使わなかったとみ
ている。出土駒のパターンが、それを支持するからで
ある。しかしうっかりしていたのだが、京都の寺が
チャーターして、韓国の新安沖で沈没した船から出土
した玉駒が、王将ではなくて玉将なのに、ようやく気
が付いた。この例外を、どう説明するのかを今回は
論題とする。答えを書く。

新安沖海底遺跡の将棋駒は、九州の博多産である。

では、以下に説明を加える。この駒は、船員が船内で、
賭博等をするのに使ったものであろう。チャーター
したのは、たまたま、沈没したときには、再建中であ
り資材を集めていた東福寺であったらしいが、将棋駒
は、波止場で購入したのであろう。博多の港や京都の
北の若狭湾の港に、普段出入りしていたのだろうが、
博多で購入した将棋駒だったとすれば、おかしくない
ように思う。実際、博多61次遺跡から、1990年
頃に、形も書体も似たような、玉将駒が出土している。
時代も、鎌倉時代から南北朝時代の辺だから、沈没船
の出土駒と、同じ頃でちょうど合っている。
 確定はしないが、京都の皇族町で仕入れた将棋駒で
はなくて、九州の港で入手した駒で、船の中で将棋を
指していたのではないだろうかと、私は思う。
 新安沖沈没船出土駒の出た船は、京都の寺院の船ら
しいが、将棋駒としては”遠地型”に入れるべきだと
言う事だろう。(2019/05/27)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋纂図部類抄并序に将棋ルールの情報は無いのか(長さん)

ここでは、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄の序文に
関して、何か駒数多数の日本の将棋のルールに関
する情報が書かれているのかどうかを問題にする。
なお先行研究としては、大阪府三島郡島本町の、
島本町教育委員会により”象戯は日月星辰、即ち
天文をかたどったものであり、壮大な思想を引用
して、将棋は素晴らしいものであると述べている」
部分であるとの旨の研究がある。それでは本ブロ
グの回答を先に書く。

有る。

世(=私は)籍(=ふみて)(レ)茲(=これに)、
肇(レ)従(二)縦横三々之秤目(一)
泊(=およぶにて)(二)于摩訶大々之陣面(一)

は”摩訶大大将棋より下位の将棋類には、3升目
動き駒は無い”と、水無瀬兼成は認識していた事
を示している。なお、最初の”世”は、異字体で書
いてある。
 では、以下に説明を加える。
 将棋纂図部類抄への序と解釈される、巻物の出
だしの文に関しては、今の所上記の島本教育委員
会の記載を超える説は、見当たらないと認識する。

個人的に、漢文は得意では無いので、私には半分
程度しか、この序の意味は判らない。

しかし、将棋の史料が非常に少ない事を、最近は
身に染みて認識してきたので、読む努力をしてみ
た。なお、判らない字でかつ、私のような初心者
向けの案内成書としては、次のものがある。前に
紹介した記憶が有るが、巻末の索引が、大いに使
える本と、常々認識している。

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法
日本史史料研究会・苅米一志著、吉川弘文館
(西暦2015年)

 そして上記の結論で述べた部分は、水無瀬兼成
の将棋纂図部類抄への序の、残りの20%程度の
所に出てくるフレーズである。この部分も私には、
正確には訳せないが、

水無瀬兼成は3升目踊り駒は、摩訶大大将棋で、
始めて現われる、複雑な駒の動かし方ルール

と、言っているようにとれる。つまり、

大将棋や中将棋の類に、狛犬等、摩訶大大将棋の
駒が入った将棋等は無いと、安土桃山時代の
水無瀬兼成は見ていたようだ。
 実際には、神奈川県鎌倉市御成の、
鎌倉市福祉センター遺跡から出土した木札には、
中将棋の特殊バージョンで、狛犬を入れる場合が
あるらしいと、記載している事が、今では判って
いる。が、これは例外的であって、

後期大将棋はもちろんの事、普通唱導集時代の大
将棋にも、3升目踊り駒が無かった事を、水無瀬
兼成は、なんとなく知っていたようである。

 恐らく獅子と狛犬は、対で入った将棋も、作ら
れた事が有っても、中将棋や大将棋の陣形では、
玉守りの段数が浅すぎて、狛犬型駒によるトン死
筋で出すぎて、変種は結果的に淘汰されたのだろ
う。よってオフェンスが強すぎてゲームとしての
調節が難しく、

普通唱導集大将棋に、獅子成りの麒麟がたとえ有っ
たにしても、対で考え付きそうな、狛犬に成る
鳳凰というバージョンは、長くは続かなかった

のであろう。つまり、少なくとも普通唱導集時代、
すなわち西暦1300年頃まで遡ると、大将棋は
単なる中将棋の説明のためのものではなく、

ゲームとして攻撃力と防御力のバランスをしっか
り取った、実際に主流のゲームだった

という事を、安土桃山時代の水無瀬兼成が、将棋
纂図部類抄への序で、少なくとも示唆はしている
のではないか。
 とすれば、将棋纂図部類抄については、その序
文には、駒数多数将棋のルールの歴史に関する情
報が、全く無いとまでは言い切れないのではない
か。以上のように、私には結論された。
 なお、大大将棋に奔鬼があり、水無瀬兼成は、
5升目踊りと表現しているから、他の証拠と共に、
水無瀬兼成が、”大大将棋は摩訶大大将棋より
上位の、水無瀬兼成にとって、『最近の作』もの”
と、自分から自白している証拠の一つとも取れる。
ちなみに他の証拠としては、前に述べたが、
将棋馬日記表紙裏の、将棋種を書く順序が挙げら
れる。(2019/05/26)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

南北朝時代。麒麟抄成金が小将棋なら大将棋の処理は(長さん)

前に述べたように、麒麟抄に将棋の成り駒が限定して金
と記載されていて、これが南北朝時代の成立なら、南北
朝時代には、平安小将棋が優勢で、他の将棋はバージョ
ンが一定しないため、プレーヤーグループが各々作成し
ていた状況だったと、推定せざるを得ないとした。その
成り金が小将棋に関しては、能筆家に字書を依頼すると
”極草書”で処理されるにしても、大将棋の成りの金は、
能筆家が書いていないのだから、”極草書”だったとは、
自明には言えない。では、どうだったのかという点を、
今回は論題にする。回答と大切な点を最初に書く。

大将棋等のゲームデザイナーが、個別に、状況に応じて
判断し、平安小将棋の道具もデザイナー自身が所持して
いる場合は、小将棋の同一種類駒と、駒を区別する為に、
大将棋等別のゲームでは、成り金の書体が極草書にし無
かったケースも、場合場合で有ったと見られる。

そして、大切な点については以下の通り。
南北朝時代の南朝方の公家、近衛経忠の作と本ブログで
は例示した、栃木県小山市の、

神鳥谷曲輪、裏一文字金角行駒の裏が、極草書の金で無
いのは、(一例)近衛経忠が、個別に彼が所持した小将
棋の駒と、区別したいという事情だっただけ

の疑いも有る。
 以上の通りである。では説明を加える。
 以上のような結論になる根拠は、水無瀬兼成の将棋纂
図部類抄や、近年の山形県天童市の佐藤敬商店の廉価な
中将棋駒の、歩兵駒の書体を根拠として挙げる事が出来
る。麒麟抄に記載されている通り、これらの中将棋駒の
歩兵の成りの金は、極草書の金だが、”と”金になって
いない。明らかに、

普通の日本将棋の駒と、混在しないようにしている

のである。水無瀬兼成の将棋纂図部類抄で、中将棋の歩
兵の成りの金が、と金で無いのは、実際に、豊臣秀次の
指示で、豊臣秀頼用に六将棋を作成しているので、これ
ら色々な将棋種間で、同じ名前の駒が、お互いに混ざら
ないように配慮した事を、将棋纂図部類抄の巻物にも反
映しているのであろう。ところで、水無瀬兼成は、
後期大将棋については、成り金をゼロにしてしまって、
問題を回避してしまったが、

摩訶大大将棋では、更に複雑な事をしている。

すなわち、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄の摩訶大大将棋
では、
①歩兵の成りを日本将棋の桂馬の成り金。
②奔王段と、桂馬の存在する狛犬段の金成り駒の金を
と金。
③香車と反車の金成りの金を、桂馬の成り金もしくは、
と金、
としている。つまり結果として、水無瀬兼成の将棋纂図
部類抄では、桂馬が”と金”成り、香車が”と金”また
は日本将棋の桂馬の金成り、歩兵が日本将棋の桂馬の金
成りになっていて、歩兵が、水無瀬兼成の日本将棋の”
と金”、水無瀬兼成の中将棋の、”本当の極草書金”と
もバッティングしないように、調整されているのである。
 他方これが、しきたり化しておらず、水無瀬自身の工
夫の範囲内で有る事は、聆涛閣集古帖の”摩訶大将棋”
の金成り書体が、単純に
①1・2段の香車と反車は日本将棋の銀将の成り金。
②狛犬段が日本将棋の桂馬の成り金。
③奔王段が日本将棋の香車の成り金。
④歩兵が”と金”
になっている事から判る。つまり聆涛閣集古帖の”摩訶
大将棋”の金成り書体は、美術的な観点から調節しただ
けであって、

麒麟抄の記載にこだわるとすれば、今金崩しの全部”ケ”
程度にしても良かったというだけ

のように思える。
 水無瀬兼成は、豊臣家に贈る六将棋について、安土桃
山時代にこのような”工夫”をしたのだろうが、南北朝
時代に、一例として、近衛経忠が同じ工夫をしたとして
も、

誰でも考える程度の、将棋種によって混ざらない工夫を
するという行為の範囲内

という事なのであろう。なお、混ぜたくない理由として
は、将棋種によって、贈答だったり自家消費だったりす
るので、材質の樹木を変えているとか、駒に出来に、系
統差があるため、混ざらないようにしたいとか、個別の
理由と考えられる。しかも、南北朝時代から安土桃山時
代頃は、麒麟抄の著者と言えば、藤原行成が当たり前だっ
ただろう。だから、大将棋の発生の要因となる、将棋の
宮中での標準化(本ブログの大江匡房平安小将棋標準化
仮説)の出る、西暦1080年より前の話であると、当
然そうなら、誰もが認識しており、

麒麟抄の将棋駒の成りの記載は、9升目36枚標準平安
小将棋以前の将棋種に関するものである事は、貴族の
関白や中納言なら、誰でも知っている事

だったのだろう。ちなみに、新安沖沈没船出土駒の成金、
京都の鳥羽宮の南北朝時代の銀将の成り金は、極草書の
金か、”と金”である。従ってこれらは概ね南北朝時代
に成立したとみられる麒麟抄の、小将棋の将棋駒の書方
の記載と合っている。
 つまり、普通唱導集大将棋西暦1320タイプの、角
行の成り金や、豊臣秀頼用の摩訶大大将棋の歩兵等の成
り金の書体は、

デザイナーの思考の範囲内で、麒麟抄から、はみ出た結
果の可能性も否定できない

という事ではないか。そのため、今まで本ブログでは
疑っていた、栃木県小山市神鳥谷の神鳥谷曲輪角行駒も、

裏の金の崩しが弱いという程度では、オリジナルとは
違っていたとは、言い切れない。

以上の結論に変えざるを得ないと、思われるようになっ
て来た。この駒につき本ブログでは一例として田沼意次
と、長谷川平蔵の調査により、少し前にカミサンと次女
を亡くして、がっかりしていた十代将軍の徳川家治の為
に将軍の日光参拝の少し前、小山の宿を通る事を前提に、
徳川家治に披露し、殿様を慰めるために作成したとした。
 つまり、小山よし姫、五十宮倫子女王、徳川萬寿姫を、
合祀して神鳥谷曲輪で、小山市の青蓮寺(元は伝・尼寺)
の当時の男性の僧侶が拝み、将棋に関係の深い徳川家治
の家族の死を痛むという志向である。そこでその、
神鳥谷曲輪、裏一文字角行駒の再現は、ひょっとしたら
言うならば、国家の威信を賭けたものだったのかもしれ
ない。よってそれは当時特に力を入れて作られ、その為

かなり精度の高いもの

だった可能性も、否定できないようにも思われる。なお、
そうしてみると、鶴岡八幡宮境内遺跡の汚れた、(定説)
”飛車成り金将駒”も、金将を歩兵の間違い、飛車は、
日本将棋の桂馬の成り金の間違いと見た場合には、桂馬
金に成る歩兵と取れるが、その桂馬の金に成る歩兵(仮
説)の謎も、金成りの多い、”ある種の大将棋類”の駒
を、”不成り消えかかった歩兵駒”とは、別に作ったの
だと考えても説明できそうだ。つまり、南北朝時代頃に
少なくとも鶴岡八幡宮境内の博打場(?)では、
平安小将棋、水無瀬兼成型後期大将棋、金成りが多く、
歩兵も、金成りの中将棋か大将棋類の何れかが、混在し
てプレイされていたと言う事かもしれない。
 南北朝時代の頃の、複雑な金成り駒の謎についても、
麒麟抄の解釈のアヤを、真面目に考え直すことによって、
何とか説明が付くように、私には思えて来た。(2019/05/26)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

麒麟抄11世紀作ゆえ飛車角無説は偽作説でどうなる(長さん)

かつて、麒麟抄が藤原行成著書説が将棋史学会で普通
だった頃、11世紀の特に小将棋に”成金は草書で書
く”との記載から、龍王に成る飛車と龍馬に成る角行
は無い根拠の一つとされていた。将棋史家は、麒麟抄
の偽作の事実が広まると、麒麟抄の将碁を余り紹介し
なくなった。が、
麒麟抄が南北朝時代の作だとすれば、大将棋に成太子
酔象、成り獅子麒麟、成り奔王鳳凰があるにもかかわ
らず、麒麟抄では、金への成しか無いと書いてあると、
そう取っていた将棋史家の、かつての論そのものを、
どうするのか。つまり、どう落とし前をつけるのかと
いう議論が、置いてきぼりになってしまったと考えら
れる。そこで、

今回本ブログでは、以上をどうするのかを論題とする。

いつものように、最初に回答を書く。
 すなわち回答は、以下の通りである。
南北朝時代は中将棋と旧大将棋の境めの、平安小将棋
(現代日本将棋の、動くたび成りタイプの持駒ルール型)
の中興時代であったと推定できる。その証拠としての
麒麟抄の存在の意味を、未だ失って居無いと、ここでは
取る。
 では、以下に説明を加える。
麒麟抄が、偽作者によって成立した時代には、中将棋が
存在としても、少なくとも多彩な成りルールを取る今の
中将棋は、ローカルルールであって、

ゲームする人間が、藤原行成の子孫の世尊寺家等には、
作駒を依頼せずに、自分で字書きをした時代

だったとみられる。中将棋駒の字書きの仕事が、麒麟抄
の南北朝時代の、真の著者の所にたくさん来ていたとし、
それが、龍王は飛鷲、龍馬は角鷹、飛車は龍王、角行は
龍馬、竪行は飛牛、横行は奔猪・・・というように、
多彩な成りを持つルールだとすれば、麒麟抄の成りの書
き方の記載を、金だけでは、当然済ませなかったはずだ
からである。しかし実際には麒麟抄には”成金は極崩し
た草書で書くべきだ”とだけ書いてある。だから、

麒麟抄が本当に成立した、鎌倉末期から南北朝時代に
かけては、中将棋は成りが、後期大将棋程度しか無い、
黎明期だった可能性が、かなり高い

とみなせるように、本ブログでは考える。
 ただしそれでも、何らかの大将棋が有って、鳳凰の成
りを草書にしなくても、不便ではないのかという問題は、
残っていたものと見られる。しかしそれも、神奈川県
鎌倉市の鶴岡八幡宮境内遺跡で、楷書の成り奔王の鳳凰
駒として出土している等、問題の実在性自体が、かなり
高いが、麒麟抄では言及されて居無い。これは、出土駒
が有っても、

平安小将棋よりも、大将棋の普及度はかなり低い

からだと見て、良いためのように思える。
 というよりも、
大将棋は普通唱導集に書かれているように、ゲーム性が
明確すぎる定跡の発生によって難が有ると見られて、衰
退混乱期に入り、存在しても、さまざまなバリエーショ
ンが生じて、作駒は美術的な価値よりも、ゲームを今後
どうするかの方の、切羽詰った問題の方が重要になって
いたのだろう。そこでこれらの字書きは、能筆家にでは
無く、使い手自作が主流になったのだろう。大将棋につ
いても、麒麟抄が本当に成立した南北朝時代には、成り
鳳凰の書き方等を、麒麟抄に記載する動機付けを、そう
いうルールが正しいかどうかが、不明になってしまった
ために、それそのものを失っていたように、
私には推定される。以上をまとめると大づかみで言えば、
異制庭訓往来には、確かに”色々な将棋が有る”とは書
かれているが、駒数多数将棋は群雄割拠の混乱期であり、

主流は平安小将棋(現代日本将棋の、動くたび成りタイ
プの持駒ルール型)であり、一般にはこれが”将棋”

だったと言う事を示しているのではないか。だから、
南北朝時代にも、やはり

龍王成り飛車と龍馬成り角行は、新安沖沈没船出土駒も
示唆しているように、小将棋には入っていなかった

という事を、麒麟抄の記載自体は物語るのではないか。
 つまり、
尊経閣文庫蔵の二巻物色葉字類抄の第1冊/4冊付録の、

小将碁馬名の記載だけが、新安沖沈没船出土駒や、南北
朝説麒麟抄、二中歴の将棋記載とは、整合していない状
況である。

以上のような現状なのではないかと、私には認識される。
(2019/05/24)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

栃木県小山市神鳥谷曲輪遺跡井戸跡遺物各の成立年代(長さん)

以下あくまで私論である。本ブログでは、栃木県小山市
神鳥谷曲輪遺跡の出土遺物のうち、主に井戸跡から出土
の木製遺物を中心にして述べると、

カワラケと青磁以外は、小山市の青蓮寺存在期のもの

であるとの立場を取っている。以上が結論だが、以下に
説明を加える。
 小山市青蓮寺は、15世紀の足利持氏時代の、東京都
八王子の小山神社と同類の、宗教施設であろうというの
が、本ブログの見方である。それでも古いが、足利尊氏、
足利氏満時代の、もともとは小山朝政築とも、小山義政
の館とも、宿城だとも言われる、小山朝政子孫の小山氏
の時代、南北朝時代14世紀の武家の館よりは少し下る。
つまり、

裏一文字金角行将棋駒は、後世の”写しの品”

とみているという事である。また今まで述べなかったが、
本ブログでは、
8号、10号、11号井戸から大量に出土している、

曲げ物の材料となる方形板切れや箸は、江戸時代かどう
かは特定できないものの、かなり後の、祭事用等のもの

だと考える。根拠は、
小山義政の館等だった時代の、中心の井戸と、道路樹木
片や井戸の側板から年代測定、樹木同定からされている
とされている14号井戸から、これらの8号、10号、
11号井戸跡に特徴的な、大量の木製品が、

ほぼ出土していない

からである。木製の遺物は北側井戸跡について、たいへ
ん特徴的だが、他の同年代レベルの、栃木県の城跡から、
かわらけといっしょには、

大量に出土している例が少ない事から、やはり、
”青蓮寺期”のもの

なのではないか。すると、神鳥谷曲輪からも銭が出てい
てこれは南北朝時代であるにしても、祇園城遺跡ほどの
量でなく、概ねカワラケと青磁のカケラだけの、比較的
地味な出土品が、栄光の小山氏時代の全てという事にな
るのだが。これが、小山義政館と言われた時代から有っ
た、遺品の全てのような気が、今の所してならない。
 むろん、だからこの遺跡が、小山氏の小山朝政から、
小山隆政までの代の、平素の居城では無かったとの、
証拠には、特にならないと思う。
 単に青蓮寺の時代は、代表的年代としては今から約
300年前。それに対し、小山義政の時代は、600年
以上も前だと言う、

単なる古さの差

の効果のように私には思われる。近くの持宝寺にも本来
なら古い寺なので、青蓮寺の”宝物”、下駄、将棋駒、
櫛等に関する情報が、江戸時代までは残っていたのだろ
う。
 しかし明治の火事で、持宝寺は焼けてしまったそうだ。
そこで、火事になって、記録が失われてしまうと、せい
ぜい、青蓮寺の和尚が合戦嫌いで、幕末に黒船を打ち払
う、大砲用に使用するための、鐘の銅の拠出を拒んだ話
位が、残る程度になったのだろう。青蓮寺について話は、

他にたくさん有ったが、持宝寺の明治の火事で消滅した

という意味だ。
 なお、理由は不明だが。14号井戸にだけ、小山義政
時代の遺物がかたまり、青蓮寺の遺物は、北の方にかた
まって、出ているようだ。栃木県小山市の、
小山パレスホテルが、旧青蓮寺の本堂の位置だと、当て
ずっぽうだが、私には常々感じられる。
 ただし、墓石の一部が、14号井戸付近からも出てい
る。これについては、地元では青蓮寺の時代とみられて
いるようだ。理由は謎として、それで正しいのだろう。
 なお、前に北の窪みから出た”宮内”墨書土器が、8
号井戸関連と述べたが、

間違いのようだ。

理由は窪みが浅いためだ。この墨書土器は、どうみても、
かなり新しく、近代にも地表に露出していた、天満宮の
備品の疑いがある。(2019/05/23)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1975年古辞書叢刊の色葉字類抄2巻本は前田家蔵(長さん)

八木書店2000年発行の尊経閣文庫蔵の色葉字類抄2
巻物の解題に、”2巻物の色葉字類抄の出所は、全部、
加賀前田家(江戸時代)蔵書の尊敬閣文庫蔵本である”
との旨が記載されている。ざっとだが、webの古書販
売サイトを見ても、だいたい正しいようである。しかし、
詳しく見ると、東京の神田古本屋街の一角にある、
小林書店という、宗教関係の専門書を扱っている古書店
で、”尊経閣文庫蔵”を示して居無い本が、西暦
2019年の5月中旬の最近の時点で、1つだけだが
存在していた。

”川瀬一馬解題。西暦1975年発行。古辞書叢刊
色葉字類抄 2巻物。西暦1565年写書”

との旨表記されたものである。
 川瀬一馬氏の蔵書を複写して、西暦1970年代に発
行したようにも見えるが、西暦1565年書写した写書
とされる、この本の元々の出所は、webを見た限り
判らなかった。
 小林書店に問い合わせた所、ここの本屋の店主は親切
なようで、

尊経閣文庫蔵本である

と、ただちに教えてくれたので助かった。
 店主の言は疑わなかったが、心残りだったので、実際
にこの、”古辞書叢刊、色葉字類抄2巻物”をめくって
1/4冊に大将基馬名と小将碁馬名の付録が有る事と、
”き”の雑物に、玉将、金将、飛車、銀将、竪行、香車、
白駒が有る事程度だが、最近ざっと自分の目で確かめた。
古辞書叢刊色葉字類抄2巻物と、尊経閣文庫蔵八木書店
発行色葉字類抄ニ(2巻物)とは確かに、少なくとも

内容がいっしょ

の本であり、八木書店2000年本の解題の内容で正し
いようだ。(2019/05/22)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

麒麟抄にはどうして、将棋駒の書き方が有るのか(長さん)

”麒麟抄は南北朝時代の成立であり、藤原行成の著作
と、かつて偽装された”という説に、本ブログでは

賛成する。

群書解題に、内容から成立年代を割り出した旨の記載
も有るからである。
 この点については松岡信行氏が”解明:将棋伝来の
「謎」”で、反対意見を述べられている事で有名だ。

将棋駒の書き方の部分の記載は、藤原行成本人作

と言う説を述べている。
①将棋の棋が碁であるという点。
②書家は多いのに、個別藤原行成作と伝えた上で、
書の書き方書で、敢えて将棋の駒の書き方を、彼に
偽装させなければならない、動機付けが無いという点

を根拠にしているようだと、私は理解する。
 ここでは、彼の根拠には

(1)抜け穴が有るかどうかという事

と、

(2)藤原行成は、麒麟抄の将棋駒書き方部分の作者
で無いにしても五角形将棋駒の字を書いたのかどうか

と、

(3)伝・藤原行成著作書に、何故将棋駒の書き方の
記載を加えているのか

を論題にする。
 回答を先に書く。
(1)は、特に②について、藤原行成が西暦1019
年グレゴリオ暦5月の刀伊の入寇の後、翌1020年
年初に、大宰権帥になっている点を考慮に入れて居無
い点に、抜け穴がある。麒麟抄”将棋駒”は彼が著作
したものでは

無い。

(2)は大宰府長官時代に、藤原行成が五角形駒の
駒字を書いた

可能性がある。

(3)は、(2)の伝説が世尊寺家に伝えられれば、
麒麟抄、将棋駒字の著作は、彼に偽装される事は必然。
 ようするに、麒麟抄は別の後代の人間の作だが、

藤原行成が、五角形駒に係わっている可能性は高い

と言うことである。
 では、以下に説明を加える。
まず、(1)の麒麟抄の作者と将棋駒部分の著作だが。
①の将棋の字が碁という点については、

色葉字類抄、八木書店本、尊経閣文庫蔵2巻物の、上
の上の末備挿入文書の2番目、”小将碁馬名”の、
将碁が、

戦国時代作であると見られることから、松岡説は疑問

と思う。なお西暦1565年成立の根拠としては、
その年に写書した、①雪竹老人の奥付けの後にある
挿入文書である事。②玉駒が王将、小将棋が将碁で、
皇室・摂関ハイブリットであって、戦国時代の貴族の
衰退時代風。③酔象が無いので、朝倉小将棋の時代で
は無いという、本ブログでは指摘している3点の根拠
による。なお、この”小将碁馬名”には、飛車と角行
が記載されていて、西暦1500年以前のものだと、

当然大問題

になる。言うまでも無く、南北朝時代は平安時代より
後、戦国時代より前だから、麒麟抄の将碁は、貴族で
ある世尊寺家では”藤氏系は将棋を将碁と書く”事を、
松岡氏の説とは違って、中世の間中、記憶としてずっ
と残していたと考えたほうが、事実に合う。
 次に、より大事だが。②の藤原行成一人が”将棋駒
を書ける訳ではない”という旨だとみられる、松岡氏
の”指摘”は、
藤原行成は、実際に五角形駒を書く、草分けだったと、
中世まで思われていた。ので、さも彼が書いたように、

麒麟抄の将碁駒の書き方は、南北朝時代の世尊寺家の
何者かが、実際に見せかけた

と考える。つまり彼が将棋の歴史に絡んでいたという
重大な証拠が、むしろ偽者である根拠になるという点
を、問題の読み方の手順を間違えたために、松岡氏は
見落としていると私は思う。
 松岡信行氏は、
1)麒麟抄の将棋駒字書き方記載が、藤原行成作かど
うかに、こだわっているが、本当は

初期の五角形将棋駒の字書きに、藤原行成が係わって
いたかどうかの方が大切だ。

以上の点と、松岡氏は彼自身が、
2)将棋の国内起源説に、こだわる余り、仮に伝来だ
としたら、伝来品の複製を、何処でするのかという点
から見て明らかに、

最初の五角形駒の字書きは、九州の博多付近で行われ
るのが尤もらしいという、”場所の推定の見落とし”
がある

と私は考える。特に2)については、
藤原行成は、大宰権帥になった事があるため、それだ
けでも、能筆家として、駒書きとの関りが疑われる上
に、刀伊の入寇直後に西暦1020年1月、藤原隆家
と交代に、大宰権帥になっている。そのため、少なく
とも本ブログの見方を取る限り、

いよいよもって、五角形将棋駒成立と係わりがあると、
藤原行成は、むしろ疑われて当然

という事になるのである。つまり本ブログの見方とは、
西暦1020年に駒木地は、経帙牌の形で、原始平安
小将棋を大理国から運んだ、北宋交易商人の周文裔が
用意して再度来日したから存在するのだが、書き込む
駒字のフォントを用意したのは、京都から新たに大宰
府の長官に任命され、赴任して来た

他ならぬ藤原行成だった

という意味だ。
 そこで以下に、彼に関する情報から、尤もらしいと
思われる推論を列挙する。
イ)藤原頼道は、西暦1019年12月、藤原隆家を
世論に押されて凱旋京都入りさせると同時に、在来仏
教寺院の世尊寺を開くほど、仏教に熱心な藤原行成が、
後任として適切と判断して、翌西暦1020年1月
九州大宰府へ長官として送った。頼道の信頼が厚い上
に、在来仏教の戒律に厳しく、現地にて流行り出した、
賭博をするという仏教上の戒律違反に、行成がうるさ
かったのも有ったと私は考える。
 つまり将棋を賭博として指す、現地の風潮を一掃し、
あくまで武芸として、また戦争シミュレーションを
する事によって、国軍の強化を目的として、

現地の武官の職務として、ゲームをするように現地の
人間へ指導する事をも、狙った

人事によるものであったとみられる。
ロ)それに対して赴任した、藤原行成は、仏教戒律を
比較的良く守る人物だったので、前任の藤原隆家のよ
うに、自身が伝来したての将棋を道楽で、時間を割い
て指す事は、余りしなかった。
ハ)むしろ現地の駒字書きの僧侶等に、駒字の書き方
を、能筆家として指導する事によって、五角形駒の高
級化をもたらした。現地の下級官僚や武家に対する、
賭博の禁に、彼は、藤原頼道の期待通りうるさかった。
が、武芸を磨くための目的としての将棋はむしろ奨励
し、自分も

駒字を書いて支援

したと考えられる。なお当然の事ながら、行成の努力
を持ってしても、将棋で、物を賭ける習慣を、無くす
までには至らなかったとみられる。
ニ)藤原行成の大宰権帥の任務は、西暦1020年の
1年限りであった。が、五角形駒の普及への影響は大
きかった。他の代用品で将棋を指す可能性も無くなり、

ゲーム具の形態は、彼のおかげで一定の物へ安定収束

した。なぜなら、
ホ)更に、唐物商人が”博多土産”と称して、京都へ
五角形駒を売り歩くときに、藤原行成作だと書き駒を
しばしば偽装した。そのため、能筆家としての彼のネー
ムバリューが元々あり、益々、現在とほぼ同じ形の
将棋具が京都でも売れて、普及に拍車が掛かった。
 以上が尤もらしいと仮にすると。
藤原行成が、西暦1020年の大宰府長官時代に、将
棋駒の字書きをしたという話は、仮に風説だとしても、
伝説として残りやすいだろう。そうだとすれば、
南北朝時代に麒麟抄で、さも彼が記載したように、
”将棋駒の書き方”が、他人によって偽装記載される
というのは全く尤もな話だと、私には考えられる。
 なお、本当に字書きに係わって、将棋の流行に寄与
した可能性が有るのかどうかという事に関しては、次
のようになろう。
 五角形という形に、願掛けと、五行説対応という、
馴染みの意味が有る事。また矢印で向きを表している
という、ゲームデザイン上の機能に関する利点は元々
有る。しかしながら将棋駒については、元々は国内で
発生した、代用品にすぎなかったと、本ブログのよう
に見ると、他の代用品へ更に移行してしまう可能性も、
伝来からさほど経って居無い当時は、残っていたはず
である。にも関らず他のアイディアが全部淘汰されて、
日本の将棋道具は、安定して一定のものになったとい
う点から状況証拠として、

本当に藤原行成が、初期に将棋駒の書き駒を作って
その優秀さから、将棋具の他の変種を無くしてしまっ
た可能性を、完全には否定は出来ない

ように、本ブログでは考える。
 なお一般論として、本ブログような限定的な伝来説
を取らずに、外国からの将棋の輸入を、適宜考えたと
しても、”西暦1020年の藤原行成の、博多・大宰
府に残した作駒行為”の影響が、道具の形態を決める
という点で大きかったと仮定できるケースには、議論
はこの場合、大筋では変わりにくいような気がする。
 よって、冒頭に述べた結論になるのではないか。つ
まり麒麟抄の著者の説について、松岡信行氏の論に私
は賛成できないが。web上等で確認できる、大宰府
へのその年、西暦1020年一年限りである藤原行成
の係わりで見る限り、

松岡信行氏は、将棋の語の初出がどの文献かという、
従来の議論を超えて、更に踏み込んだ議論をしたとい
う点で西暦2014年当時、相当に良い線の論展開を
していた。

以上のように私は、充分結論出来ると考えるのである。
(2019/05/21)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

宝応将棋が中国象棋の始祖になったらどうだったか(長さん)

本ブログでは、中国シャンチーの成立は日本の原始平安
小将棋よりも遅く、11世紀の終わり頃、イスラムシャ
トランジの成立は8世紀後半とみる。そこで、11世紀
の初め頃に、中国の北宋の中原では、改善が試みられて
はいたものの、アッバース朝の流れをくむ、アラブから
の移住者による、イスラムシャトランジが、それまでは
主に指されていて、中国南西奥地の山岳地帯で、
宝応将棋の進化型、大理国原始平安小将棋が、健在だっ
たと見ている。
 9世紀の初頭でも、基本的に同じ状態であり、晩唐の
中国中原では、イスラムシャトランジ、南西奥地の雲南
で、宝応将棋だったとみる。ただし、宝応将棋は宝玉類
で将棋具を飾るという特徴があり、唐王朝の皇帝等は、
中国人の多くは、ゲーム性能が低いため相手にはしなかっ
たものの、王室に南詔国からの贈呈品として、道具を
所持していたのだろう。しかし実際には、所持はしても
持っているだけであり、囲碁が主流で、唐王朝の宮殿で
も、余り遊ばれ無い状態であったと考えられる。である
から、宮廷に出入りする高官の牛僧儒は、宝応将棋を
題材に、玄怪録岑順(小人の戦争)が、書けはしたのだ
ろうというのが、本ブログの見かただ。
 しかし現在の定説は、

今の説明とは、全く違う。

宝応将棋は、中国シャンチーの初期の姿だとの立場が、
遊戯史学会では、未だ圧倒的に強い。
 では、定説が正しく、本ブログの説が間違いだとした
ら、中国の象棋・将棋は、どんな姿だっただろうかを、
今回は、

宝応将棋に砲駒を入れて兵卒4段で一つ置き配列にして

仮想のゲームのチェックをしたので、結果を紹介する。
結論から述べよう。

 最下段が、宝応将棋型の今とは全く違うシャンチーが、
現在まで、問題なく切れずに指されて、残っていたはず

である。では、以下に説明を加える。
 宝応将棋の配列は、いわゆる11世紀の初めに、イス
ラム国家に居住していたアル=ビルーニーが、インドを
訪問中に、四人制チャトランガの駒の動かし方ルールが、

象・車に関して反対になっている

と評したのに、近い内容である。つまり、シャンチーで
は、帥・将(王)が偏の動きに調整されたのは別にして、
仕は猫叉、象は跳び飛龍、馬は八方桂馬、車は飛車になっ
ている。それに対して、宝応将棋は王駒は多分玉将であ
り、この違いは後の調節として、現代に移行すると偏の
動きに調整されるとしても、仕も金将のような近王型の
動きであり、移行するには、猫叉に進化する必要が有る。
その進化は、一応出来るとしよう。次に象は、
上将で飛車、馬は塞馬脚のある八方桂馬へ進化と仮定、
車は、香車の動きで、河を渡ると猫叉の動きに成るへ、
進化するだろうと、仮定しよう。兵卒は中国シャンチー
の動きとしよう。
 だから、上記で特に象と車とに着目すると、現代化し
た状態で、

シャンチーの車が、進化した宝応将棋の象

になる。シャンチーの象が飛ぶ飛龍であり、進化した
仮想の宝応将棋の車が香車(成りは猫叉)で少し違う。
が、シャンチーの象と仮想の現代化の宝応将棋の車は、

ほぼ強さは同じ

だ。ただし、仮想の現代化の宝応将棋の車には、シャン
チーの象と異なり、玉守りの能力がぐっと落ちる。
だから、仮想現代化、宝応シャンチーは、王が対面して
も反則ではないし、

たぶん、九宮は無しにするという、調節が必要

とみられる。
 そうしておいて、兵卒の数は同じで跳び跳び型に直し、
初期配列も4段目にして、砲駒を、今と全く同じ配列、
同じルールで加えた、

アバウト、象車のアベコベ・シャンチーを指す

と、以下のような、戦形になる。

宝応シャンチー.gif

違いは、前に述べたが、雀刺し戦法が主流になるため、
端列に攻め駒が集中する事だ。
 このゲームを試しにしてみると、

ほぼゲームとして成立している事

が判る。そもそも、北朝鮮の象棋が、象・車配列を交換
できるルールなので、宝応将棋最下段型から出発しても、

微調整でゲームが成立するのは、当たり前

だと、私には予想されてはいた。
 従って、
中世の宋代に、進んだイスラム文化を吸収するという空
気が、中国では卓越しており、シルクロードで情報が入
ったとみられる、イスラム社会のシャトランジが、イン
ドも含めた、東南アジア各国の象棋類のルールを決めて
いるのと同じように、中国シャンチーの最下段配列の
パターンに、実際にはグローバルスタンダードに合わせ
るという意味で、取り入れられていたと見られる。そこ
で仮想的に、それが行われない”仮想の情報の遮断され
た世界”が仮に有ると、宝応将棋の最下段のパターンが、

取り立てて、欠陥があるわけでもないために、現代にも
生き残る可能性が、かなり高い。

以上のような、

今とは全く景色の違う状態が出現する

と結論できるのである。
 だから、宝応将棋は、文化の開放系の中国文明のもと
では、特に地続きなため

国力のある別の大国を、ないがしろに出来ない

という現実から、11世紀のインド型を、山間部のみに
残して、中国の特に中原では、東南アジアと同様に、消
えてしまった。以上のように、当然推定できるように、
私には思えるのである。

日本は島国だったので、他では消えてしまった、インド
古将棋の原形が、持ち駒ルールと、入玉ルールでカバー
された結果残っている

のである。指す人間が多いので、議論が全く見当たらな
いが。日本将棋は本質的に見ると”希少な文化”である。
よって今の所、危機感もあまり無いようだが、万が一に
も切れないように、大事にしたいものだと私は考える。
(2019/05/20)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年春栃木県小山市市役所前発掘の様子(長さん)

昨2018年後半、かなりの期間をかけて入念に、
小山市等が小山評定跡だとする、市役所前の敷地
の発掘調査を行っていた。昨年で終了せず、最近
追加の発掘が行われているというので、5月に、
様子を見に行った。
 前にも発掘現場の一部だったとみられる所と、
旧四号国道との境とみられる、昨年の発掘で縁に
当たるとみられる部分を再度掘っていた。以下の
写真は、北東側の現場の一部だったとみられる部
分である。

小山市役所前2019年.gif

写真の日は休みで、土嚢で止められた建築用の青
色のシートで覆われており、地面の様子は残念な
がら見えなかった。再調査の理由は恐らく何かが
出土した地点なのであろう。また国道との境の縁
は、前回の調査では、国道ぎりぎりまでは調べな
かったので、良く再調査する必要性があったと言
うことだと考えられる。今年の夏の頃までやるよ
うで、webのページには、別の前年調査の縁部
分も、再調査すると書いてあるようである。狭い
範囲なのが残念だが、何か、更に出てくる事に、
大いに期待したいものだ。
 なお、駅の近くで、市役所前の発掘現場の数倍
の広さの、マンション建築用地で、地均しをして
いる現場を見かけた。”小山市最大級、完売御礼、
全144戸”等と、看板が建っていた。が建築資
材はまだ搬入されていないし、昨年見たときも、
確か空地の状態になっていたように記憶する。な
おそのときには、土地は、放置されているような
感じで、警備員のような人間が一人、うろうろし
ていたような記憶が有る。
 だいぶんスローな、マンション建設が、小山市
の西口駅前では駅まで3分と称して、現在行われ
ているようだ。
 その建築現場は、ざっとで神鳥谷曲輪遺跡の、
西暦2007年当時の発掘現場に比べても、2倍
の広さはありそうである。中将棋の升目数と同じ
なので私には覚えやすい、”全144戸の小山市
最大級のマンション”と称して、土地の面積が、
小山朝政の方形館、全体位の広さがありそうな、
マンション建築現場が、現在小山市の駅近に出現
している。
 正直ここの古井戸を全部発掘してくれていたら、
どんなに遺物が増えただろうかと思う。よって、
”他でやったから、小山市でもやる。それが何が
悪い”という、宣伝イメージが有ると言う意味で、
”親会社は環境に優しい”と宣伝したとしても、
先祖伝来の文化にも優しいという思考は、余りな
い傾向が、少なくともこのマンションの建設事業
の、”中核企業体”には有るようだと疑われた。
 以上のような事がこのマンションの、通り一遍・
マスプロタイプの宣伝看板から薄々感じられるの
は、かなり遺憾な事だと私は思う。なお私は、経
緯に関わりが全く無いが。栃木県小山市では、前
世紀の末頃、

”マンション建設による遺跡破壊”が大きく問題

になったという。その結果、市中心部の城跡が、
”全面保存を前提とした、国の指定遺跡になった”
という経緯が有るという事だ。
 このマンションについては、余り文句が出なかっ
たのだろう。基礎固めのため深堀して、水が出る
ところまで達したときに、出土してくる礫類を篩
で濾した後に、”化学の力”で劣化を防いでから、
栃木県小山市の市役所教育委員会遺跡発掘担当に、
遺物の処理代を請求した上で、譲り渡す位しても、
”事業主”は、建設が旨くいっている以上、その
位して、バチが当たらないのではないかと、私は
思うのだが、はたしてどうなのだろうか。
 なお栃木県小山市市役所前の発掘で発生した礫
は、そのまま駐車場前に野積みにされていた。
(2019/05/19)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

玄怪録”岑順”。語句付加でシャンチーになるのか(長さん)

前に述べたように、牛僧儒の玄怪録を収録した、北宋
の太平広記は、怪奇小説の枝葉は切り落として、現代
に伝えられているとされる。枝葉を切り落としたから、
本来シャンチーの先祖であるべき宝応将棋が、日本の
平安小将棋のプロトタイプのように見えているだけの
疑いも、否定できないと言う事であった。そこで、今
回は、玄怪録”岑順”に、砲駒の要素を足して、シャ
ンチーの先祖に出来ないのかどうか、考察した。
結論を先に述べる。

できない。

理由は、”砲の類、矢の類、石の類が飛び交った”と
いう一文の、

”砲の類”の語句が、ダブついてしまうから

である。
 では、以下に説明する。
 西暦2011年01月12日に、将棋史研究家の、
(故)溝口和彦氏が「北京国学時代文化伝播有限公司」
版の玄怪録”岑順”を、webに紹介している。これ
は、前野直彬氏の東洋文庫版(平凡社・1964)
唐代伝奇集2の玄怪録”岑順”(小人の戦争)の訳と、
良く対応している。ので、太平広記と、さほど違って
いないのだろうと推定できる。これを使って説明する
のが判りやすいので、以下使う事にする。
 天那軍と金象軍が登場してから、天那軍が潰走する
までの下りは、次のようになっている。

E③・・三奏金革,四門出兵,連旗万計,風馳云走,
両皆列陣。
E④ 其東壁下是天那軍,西壁下金象軍。
E⑤ 部后各定,軍師進曰:
F① 天馬斜飛度三止,上将横行系四方。
F② 輜車直入无回翔,六甲次第不乖行。
G① 王曰:“善。”
G② 于是鼓之,両軍倶有一騎,斜去三尺,止。
G③ 又鼓之,各有一歩卒,横行一尺。
G④ 又鼓之,進車。
H① 如是鼓漸急而各出,物包矢石乱交。
H② 須臾之間,天那軍大敗・・・

なお、記号は溝口氏による。これも使わせてもらうこ
とにする。
 そもそもE③で、2手に分かれて、それぞれ金象軍、
天那軍が出てくる点が、奇数列配列でないと、兵卒の、
トビトビ置きが出来ないので、跳び越え駒の砲が旨く
導入できず致命的ではある。が、その点はまずは置く
事にして、次に進む事にする。
 そしてそれでも何とか、シャンチーとツジツマ合わ
せをするために、砲のルールや、序盤での駒組表現を
追加するとすれば、だいたい次のようになるだろう。
・・・
E⑤ 部后各定,軍師進曰:
F① 天馬斜飛度三止,上将横行系四方。
F② 輜車直入无回翔,(砲は四方に任意に行き、相手
駒を取るときに一つ駒を跳び越えろ。)六甲次第不乖行。
G① 王曰:“善。”
(于是鼓之,砲を水平方向で王の前に進める。(挿入))
G②(于是→又)鼓之,両軍倶有一騎,斜去三尺,止。
G③ 又鼓之,各有一歩卒,横行一尺。
G④ 又鼓之,進車。
(又鼓之,それぞれの上将を水平に2尺動かし、輜車
の後ろの升目に移動させ、雀刺し戦法を狙う(推定)。)
H① 如是鼓漸急而各出,物(包←余計)矢石乱交。
H② 須臾之間,天那軍大敗・・・

 なお、しばしば本ブログで問題にした”横”は、
”いわゆるワルの動きで乱暴に”の意味だろう。2回
出てくる。原文にも、このような形で有ったのだろう。
チャンギが横動きになったのも、ひょっとしたら、
それが原因かもしれないが、”水平方向へ”は誤訳で、
前に一歩が正しいと、一応ここでは取ってみた。なお、
歩卒を横に動かしてから、輜車を前進させるのは、歩
卒トビトビ配列だったというのが、正しいとしても、
ほとんど意味不明手だ。
 ところでH①に有るように、それぞれの軍は各々駒
を繰り出して(而各出,)いるので、後半の記載は、
”矢の類、石の類が飛び交い”さえすれば良く、繰り
出しの部分に含まれている、”砲の類の飛び交い”は
余分である。
 つまり、もし砲について、記載するのが面倒で省略
したとするならば、”物包矢石乱交。”ではなくて、
太平広記には乱雑に、”物矢石乱交。”と書かれて、
残る程度の、はずだったと言う事である。
 しかし、たかが娯楽用の伝奇小説に、きちんと、飛
び兵器として、砲も入っているというのを、矛盾なく
説明している。という事は、歩卒等が弩・弓で弾いた
り、手で投げたりする石火矢が、矢や石と並立に、
唐代には武器の砲として、普通に存在する程度だった。
ので、3つ組で、最初から表現していただけであって、
駒としてやはり入っては、いなかったという事を、
示しているのではないのか。
 だから、弓や弩を駒に加えなかったのに加えて、砲
も、宝応将棋には、入っていなかったのではないか。
 よって、象の代わりに違いない上将が強すぎし、車
の一種に違いない輜車が、日本の香車型に弱体してい
るのに加えて、砲が無いのも、宝応将棋が中国シャン
チーとは、有意に大差があるという、証拠なのではな
いか。以上のように今の所、私は読んでいるのである。
それに引きかえ、宝応将棋から原始平安小将棋への変
化は、玉将を入れて金銀を一つづつ降格させ、上将
こと象を、削除するだけで、ほぼ移行できると私はみ
ているのである。(2019/05/18)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そもそも平安大将棋の横行はなぜ玉将の前升目に在る(長さん)

平安大将棋の横行には、動きの特徴もあるし、何回か
本ブログでも取り上げてきた。しかし、そもそも後期
大将棋等での酔象の位置に、平安大将棋で横行を入れ
たのは何故なのかと言う論題は、立てたことが無かっ
たと記憶する。角行でも良さそうな、玉将の前升目に、
飛龍と奔車の動きを加えると、五亡星を象る結果にな
るとはいえ、横行という”名称の駒”が、唐突に、
平安大将棋では、王様を差し置くかのように入った経
緯を、今回は論題とする。
 まず回答を書く。

平安大将棋のゲームデザイナーが、太平広記で、
牛僧儒の玄怪録「岑順(小人の戦争)」の上将のルー
ルの部分を読んでいたとみられる。

では、説明を以下に書く。本ブログで前に述べたよう
に、横行の中国語の意味を、陰陽寮に居たと推定され
る、平安大将棋のゲームデザイナーは、知っていて、
平安大将棋に加えたと考えられる。その際本ブログ内
では、その情報の入手元について言及しなかったが、

平安大将棋のゲームデザイナーも、横行の意味を、
牛僧儒の玄怪録「岑順(小人の戦争)」から学んだ

と考えて、不思議は無いように思える。なぜなら、彼
には、将棋ゲームをデザインするように、本当の任務
の占いや、天体観測とは別に特務が、与えられた
からである。なお、横行の意味が一般人に明らかにな
るのは、さいきん私が調査した所では、南北朝時代の
庭訓往来からだ。しかも、

陰陽寮に、中国の希少書の”太平広記”が、たまたま
あったというのは、いかにも有りそうな話

だ。明らかに、本業で参考書として使用しそうな、
内容の本だからである。
 だから、陰陽五行説の影響で、初期配列からは、
五亡星型に駒が動くように設計されている、
その影響の大きな平安大将棋を作成したデザイナーが、
朝廷の陰陽寮の人間だとすれば、彼が、横行とい
う駒を導入するときに、そうすると良いのに気がつい
た文献が、太平広記の牛僧儒の玄怪録「岑順(小人の
戦争)」の中の、上将の動きのルールで、出てくる動
詞の横行であって、不思議だとは余り思えない。
 恐らく、デザイナーは、
上将という名から、玉将の前升目に置く駒を連想し、
玉将の前升目に、ずばり上将を置いたのでは、将とい
う名の駒が多くなりすぎて、

紛らわしいので、動詞の横行を、名詞と見方を変えて、
上将を入れるべきところに、横行を入れた

と見て、間違い無いように私には思える。
 逆に言うと、駒の動きや五種類将である点からみて、
ゲームデザイナーが、陰陽道関係者とは推定できたが、
太平広記の読者となれば、ますます、その可能性が高
くなるのだろう。
 ほとんど、答えに近い所まで到達していたが、今ま
で以上の指摘を、本ブログでは全くした事が無かった。
この点、むしろ不思議な位だったと思う。(2019/05/17)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本の小将棋を3段配列にしたそもそもはどこの国(長さん)

本ブログによれば、日本の将棋が3段配列なのは、
元々雲南の将棋だからで、そのままの継続の結果
という事である。では、そもそもの3段配列が、
インド原初将棋の2段配列から変化したとして、
そもそもの発明国、インベンターのデザイナーは
は、何処の国の者なのかを、今回は論題とする。
回答を書いて、更に説明する。

ミャンマーのシットゥインがオリジナルと見ると、
アジアの将棋は理解しやすい。

なお、発明は8世紀であり、理由は
(1)序盤の手数の短縮のため。

それが、歩兵列を上げる事により他の効果として、
次の別の2つの効果も持つため、そのうちの(2)
を、日本の小将棋では使用した。

(2)中盤、金塊が盤上に早く並ぶ。(雲南で、
9世紀に気がついた。なお(2)の用途が、雲南で
だけ活用できたのは、山間部まで、その前9世紀ま
でに、イスラムシャトランジが浸透せず、インド
チャトランガの”王に近い副官”が、残ったためで
ある。)
(3)砲の”横兵取り攻撃”を、馬で守りやすい。
(中国中原開封付近で、11世紀後半に気がつく。)

では、以下に説明を加える。
 ミャンマーが震源地と考えると判りやすいのは、
13世紀にモンゴル帝国に押されて、タイ人が、
雲南からタイへ南下したときに、

カンボジアでは4段配列を捨てたが、ミャンマー
のゲームデザイナーは、兵ラインの配列を変えな
かったとみられる事

が根拠だと考えると、正しいかどうか以前に、東南
アジアの象棋自体を理解しやすい。(1)が、兵段
を上げる動機として、最も始原的なので、オリジ
ナルが、どの国のゲームなのかを考えるときには、

ミャンマーのシットゥインとカンボジアの9路
シャッツロンの2托になる

と考えられる。どちらなのかの決め手になるのは、
タイ民族が、13世紀、モンゴル帝国の侵攻に押
されて、東南アジアに大量移動したとみられるとき
に、マークルック型の兵3段目配列に、歩兵列を
逆に、やや後退させたかどうかだと、私は思う。

変えて居無い、ミャンマーは、ナショナルオリジ
ナルの自負が、兵配列に有ったので、駒の動かし方
ルールは、タイの象棋をかなり取り入れたが、配列
は上げたままだった

と考えられる。それに対して、カンボジアの方は、
11世紀にシャンチーが成立して、ヴェトナムから
広がってくると、中国シャンチーは(3)の理由で、
兵を4段目にしたのだが、ミャンマー流に合わせて
(1)の理由で、シャッツロンの兵を4段目とし、
交点置きだけ、中国流を取り入れたと考えられる。
12世紀の頃の事だろう。
 ところが13世紀になって、タイ人が、元王朝
に圧迫等されて、それまで以上のペースで、大量に
民族移動してきた。そして彼らが(2)が元々で、
(1)に切り替わりつつあるという状況で、兵を
3段目に上げた、マークルックを持ち込むと、

カンボジアでは(2)の要素が入っている、混じ
り物”将"棋である事を余り気にせず、タイの
象棋の初期配列に、多勢に無勢で変えてしまった。

しかしながらミャンマーでは、タイ式の初期配列を
13世紀以降も真似なかったのは、ナショナルオリ
ジナルに対する自負と、(2)が混じりこんでいる
事に対する不快感が、強かった為だろうと見られる。
金の誘惑におぼれない、上座部仏教国の誇りも有っ
たのかもしれない。
 この事から考えて、兵の段数を上げていったのは、
ミャンマーがオリジナルだと考えると、判りやすい
ように、私には思える。

何れにしても、純粋の(2)を事実上維持したのは、
雲南の将棋の遺児である、日本の平安小将棋だけ

だったと、ここでは見る。
 ウェトナムは中国シャンチー型に、結果としてな
ったし、インドネシアの島嶼等では、イスラムシャト
ランジの初期配列そのものが、インドの古象棋の一
種同様残ったと、聞いている。
 なおこの論は、とてもアバウトなものである。
 たとえば今までの説明で、ラオスやマレーシア、
フィリピンが出てきて居無い。しかし、いわゆる東
南アジアの象棋類の内容を、大づかみで理解する上
では、大国のうちの一部が抜けているものの、上記
のように背景を認識すると、全体的内容は、割と
理解しやすいように、私には思える。(2019/05/16)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

玄怪録「岑順」平凡社東洋文庫本、前野直彬氏解題(長さん)

玄怪録「岑順」(小人の戦争)については、将棋が
加筆かどうかの判断をするに当たり今の所、出典原
書に関する、東洋文庫の解題位しか、少なくとも私
に判断材料の持ち合わせは無い。
 玄怪録については、成書が別にも出ているが、内
容の優劣についてしか、編訳者の解題には書かれて
居無いと言うのが、少なくとも私の心象である。
 そこで、以下は前野氏からの情報により、玄怪録
「岑順」における将棋情報は、後代の作り話なのか
どうかの可能性について論じる。
 結論から書く。

牛僧儒の生きた時代に、将棋という言葉が、中国に
有ったのは確かなようである。むしろ、砲駒が本当
にその時代に無く、これが、中国シャンチーに本当
に接続しないかどうか、今後細かく考える必要が有
ると考える。

 では、説明を以下に書く。
 中国では唐宋の時代、

漢詩に比べて怪奇小説を書く事に対する社会の評価
は低かった。

問題の、牛僧儒の玄怪録「岑順」(小人の戦争)に
ついては書写が、原書から、北宋の太平広記によっ
て、西暦980年前後に一回行われた。その際加筆
して、中国には古くから将棋が有るように見せかけ、
怪奇小説を”より面白く”して、太平広記がより、
売れるようにするような事が、行われたとは、考え
られていないという。太平広記自体、売れ残りの稀
少本だったとされる。むしろ前野直彬氏は、太平広
記の怪奇小説の記載群は、北宋初期に、ようするに、
王朝内では、形式的に完成させた全集本であって、
傾向としては”どうでもよい文書の類”とみなされ
たとの旨の印象の書き方をしていると、私は感じる。
その結果、

”書いてあったはずの内容が、一部削られたと見る
のが常識”だ

ともとれる内容を、東洋文庫”唐代伝奇集”の、
作品解題部で述べている。なお小人の戦争は、西暦
980年頃成立の太平広記の第369巻に、器物霊
の話を記載した、”空き家の怪”と共におさめられ
ているとされる。また、西暦1060年頃成立の、
”新唐書”の”唐書芸文志”に、玄怪録は”牛僧儒
の短編怪奇小説集として、十巻物の書籍が有った”
と記されているようである。
 ちなみに、1957年に中国人民文学出版社から
出た校訂本を使って、東洋文庫での内容を補正・加
筆したとは、この「岑順」物語りに関して、前野氏
は特に言及して居無い。
 また、実際に牛僧儒が生きた頃に、彼の著作の
怪奇小説を装って、政敵の李徳裕派の韋環が、
周泰行記を書いていると、前野氏は紹介している。
後者は、牛僧儒の生きた時代に、少なくとも彼を含
めて牛僧儒の派閥で、かなり多数の怪奇小説が、書
かれた事を示しているように、私には見える。
 つまり、少なくとも北宋の時代の初期には、北宋
時代にならないと成立しない、ニセの怪奇小説の内
容を、新たに作る空気が漢詩とは違って、ほとんど
無かったので、牛僧儒派著作が、政敵の李徳裕派の
装いであったとしても

紹介されている小説については、本当に晩唐の9世
紀に有った可能性が高い

ようである。また、むしろ本来有ったはずのものを、
形ばかりの紹介にとどめようとした空気が、北宋の
初期には強かったので、中身がどうでもよければ、
枝葉の表現は削ろうとしたようだ。そのため、

将棋が無かった事よりも、宝応将棋に本当に砲駒が
無かったのかどうか、表現の省略を心配したほうが
良い

という事らしい。砲が有りそうなのかどうか。有っ
たとしたら、宝応将棋はシャンチーの親に、本当に
ならないのかといった、ゲーム性についても、後で
詳しく調べてみようと思うが、

文の繋がりとして、砲の説明を加えると、矛盾が
起こらないのか、

については少なくとも、近々精密に、検討する必要
が有るとの印象を、前野氏の解題文の全体的な傾向
から、少なくとも私は受けた。
 残念ながら、問題の書の書誌論が書かれているの
は、ざっと見渡した所では今の所、玄怪録について
は、東洋文庫本しか無いように私には見える。別に
有効な、玄怪録「岑順」に関する解題情報が有れば、
更にそれも参考にしたいとは、当然私は考えている。
(2019/05/15)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

金将は中国語。宮廷に出仕するときの角帯の飾が金(長さん)

本ブログではこれまで金将、銀将、玉将は鎧の素材
とのイメージで、表現してきた。または他界した後
に作られた像の材質とも述べた。しかし元々の意味
は、別の可能性が有りそうだ。
 彼らが仕える宮廷に、武官が出仕するときに着る
礼服に付帯された、帯の”か”と言われる飾りが
金である、高級武官の事を、古代に中国文化圏では、
金帯の大将軍というイメージで、呼んだようである。

なお、このイメージで金将と表現したとき、その単
語は、飛鳥時代末の日本でも通用した

ようだ。この事から、東南アジアのゲームの要素が
大いに有ったとしても、

日本の将棋の直接の伝来元は、中国文化圏の可能性
がかなり高そう

である。
 結論は以上のようであるが、以下に説明を加える。
 web上の、幾つかのサイトに紹介されているが、
雲南に南詔国が出来た西暦738年頃のものと見ら
れる、南詔徳化碑という遺物が存在する。南詔国は、
中央集権制の高い軍事国家なため、建国に功績の有っ
た武将が、武家の高官として、支配階層に多数含ま
れる国である。南詔徳化碑から、多民族国家とみら
れる南詔国の、支配層の人種が割り出せるので、
岩手大学の藤沢義美氏により、1970年頃書かれ
た論文”南詔国の支配階層について”にも、詳しく
紹介されている。その論文の33ページによると、
碑文に、将軍の具体的な名前や、役職に続いて、
”大軍將。大金告身賞『錦袍金帶』”等で、
”武勲章位階(建国に対して功績のあったため冠位
が付き、国王より、宮廷に出仕するときの礼服と帯
を賜った事を示すもの)”が示されているという。
藤沢義美氏は西暦1970年当時、”金賞大将軍”
のイメージに読める、褒章名を、中国文化圏では
当たり前の、国王からの贈呈品として、詳しく論じ
て居無い。が、

将棋史にとっては、金将が何処から来るのかを示し
ているので”金賞大将軍”等は、とても大切だ。
 碑文には、

(上闕)帶段忠國  清平官大軍將大金告身賞錦袍金帶
□□□(下闕)

(上闕)?皮衣楊傍?  清平官小頗弥告身賞錦袍金帶
(下闕)

(上闕)頗弥告身賞二色綾袍金帶爨守□  清平官大金
告(下闕)

(上闕)李〔買〕□  大軍將開南城大軍將大□告身
(下闕)

(上闕)大大?皮衣趙眉丘  大軍將士曹長大頗弥□□
賞紫袍金(下闕)

(上闕)□衣揚細□  大軍將賞二色綾袍金帶王琮羅鐸


だいたい以上のようなイメージで、まだたくさん
続いているようだ。
 どうやら鉱山地帯のイメージのある雲南だが、
さすがに、大将軍でも”鎧が全部金製”という
事では無かったようだ。ベルトに金の飾りを多数
付け、祭典のとき、堂々と天子の前に現われるのが、
金将の事らしい。つまりこの史料から中国古代王朝
の儀式に習い、雲南の南詔国でも、

功績をたたえられ天子にお目通りするときに、金の
ベルトをはめて出てくる武官がいて、後の金将の事

らしいと判る。また、これはどう見ても、南詔国の
勲章贈呈行為は、西暦738年頃にした、唐王朝の
マネのようである。だから、これは中国文化圏では
良く知られており、飛鳥時代から、日本でも知られ
ていた、ありきたりの概念と、明らかに推定できる。
つまり、

金将は、中国文化圏の概念のよう

だと言う事である。
 だから、日本の将棋自体が、金将や銀将や玉将と、
ともにやって来たとすれば、ゲームとしては東南ア
ジア的であったも、

伝来元は、中国文化圏内の北宋王朝の近くの国

であると言う事だろう。そして駒の名前の意味は、
当時の日本人にも、良く判るものだったと、ほぼ
断定できるように、私には思える。なお、金将・・
等が、”ゆっくりとした日本での発明”という仮説
には、興福寺出土駒以前の先駆体が発見されない事。
文献の初出が、出土駒の後である等から、松岡信行
氏によって、従来から疑いの目を向けられている。
 しかも日本の将棋の伝来は、記録が10世紀に
無いので11世紀だとすれば、将棋史にとっても
重要な史料である、

”南詔徳化碑”の成立より伝来は250年以上も後

だ。つまりは、金将と銀将のある原始的な将棋が、
ほぼ西暦750年から、そう後でない頃には雲南に
有ったとすれば、将駒に現地で、金将、銀将と名前
を付け、

最大約250年間、将棋ゲームを雲南で育ててから
日本に持って来る事が、原理的に可能

という事なのではないかと、私には思えるのである。
よって、雲南の南詔徳化碑は、武勲章位階が記載さ
れており、その内容が、いかにも日本の将棋の金将
を連想させるので、将棋史家は当然注意すべきだろ
うと思う。(2019/05/14)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西暦1255年~1275年に猛牛が作れる物的証拠(長さん)

前に述べたが、本ブログでは、猛牛という駒は、西暦
1260年から1275年の間に成立し、大将棋に
取り入れられたと仮定されている。しかも、出所は、
中国雲南の大名名を、日本の大将棋デザイナーが見て、
雲南名物の牛と、大名の苗字の第一字目の”猛”を
組み合わせた、

中国雲南の文物に合わせた物

と、かなり限定する説を取る。
 今回は、西暦1253年の大理国の滅亡の後、元王
朝から、雲南通志等の情報が、西暦1273年程度ま
での20年間に、もたらされたと仮定できるかどうか
を、論題とする。
 回答を先に書いて、後で説明を加える。

できる。清王朝時代の雲南通志が日本にあり、鎌倉時
代にも、藤原五摂家のレベルで、中国渡来書籍の中の
元王朝発行の雲南通志が、読まれていたと推定できる

からである。なお、元王朝の出版活動については、
日本でも成書で紹介されている。縮尺の余り大きく無
い地図は残念ながら、成書に載っていなかったと思う。
 では、以下に説明を加える。
 江戸時代に、五摂家の近衛家が所蔵していた中国書
籍の中に、清王朝により製作されたとみられる、雲南
通志がある。その中の112ページに、雲南省付近の、

大名(豪族・名族)居住地地図が載っている。

雲南通志112.gif

 このような図は、大理国が元王朝によって征服され
た後に、元、明、清王朝で少なくとも作られたとみる
のが、自然である。
 他方、五摂家の近衛文庫に、清王朝時代の雲南の
大名・豪族居住図が有るという事は、元や明王朝作成
の通志も、藤原氏の上層部は、中国語で読んでいたと
見るのが、

そうでないと考えるよりは、ずっと自然

だと私は思う。今では残って居無いが、鎌倉時代の
近衛家文庫には、元王朝が征服したばかりの雲南の、
大名図を記した中国各地方通志が、当然有ったのでは
ないか。王朝が変わるたびに通志は出て、近衛家では、
それらの中国書籍を交易で入手したが、その時点で古
い王朝時代のものは、内容が古くなって役に立たなく
なったため、単に廃棄しただけなのではないかと私は
疑う。
 だから後は、雲南に牛が多い事が、何らかの読み物
で判れば、雲南の大名図に”猛”で始まる氏族が多い
事が判りさえすれば、

猛牛は作れる。

であれば、恐らく情報公開と交易に前向きな、元王朝
から、雲南通志がもたらされたのは、大理国が滅亡し
て、国内の通志として、雲南を元王朝が取り扱うよう
になってから、直ぐであろう。だから、

西暦1253年時点で、猛牛駒の出現は時間の問題

であったと、仮定できるように思う。
 しかも雲南通志は中国語で書かれていて、近衛文庫
が、他人への貸し出しを更にしていたとしても、借り
手も、言葉の判らないので借りなかった者も、日本に
は多かっただろうから、

猛牛を作ったのは、五摂家の長者格であって不思議は
無い

ようにも、私には思える。
 すこし時代は下るが、南北朝時代の南朝方の関白、
近衛経忠レベルの彼より少し時代の前の人間が、猛牛、
嗔猪駒の作成に、関与していたのだろうと思われる。
そして、

近衛経忠の方は独断で、角行の成りの取り替えをした

のではないかと本ブログでは疑われている。近衛文庫
の書籍の分野傾向が、戦国時代や室町時代、鎌倉時代
も、今の文庫の書籍の傾向といっしょなら、
近衛経忠には、横行に日葡辞書のように、中国語に、
人間のうちの品の悪い人種の表現との意味があるのは、
彼が、

近衛家の貴族らしく、中国語に強かったら知っていた

と考えて、間違いも無いような気がするからである。
 日本の貴族が、中国の書籍をどんどん高値で買って
くれさえすれば、元との間で関係が悪くても、通史の
情報は、惜しげもなく元王朝時代に入ってきていた。
 そのため”敵国を降伏させるため”の108枚制の
大将棋は、元王朝から買った書籍を見ながら駒名を決
めて作成できた。
 以上のような事が実際に有ったように、私には思え
るのである。(2019/05/13)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小野塚先生の第三次小山義政の乱知見は塚原熊吉起源(長さん)

小山氏の乱をwebで調べてみると判ると思うが、
西暦1382年に、一旦鎌倉公方の足利氏満に降伏
した小山義政が、三度目の乱を起こしたのは、結城
家の結城基光の次男の小山泰朝に、女系相続で財産
を乗っ取られた恨みだとも、当然考える事が出来る。
 本ブログでは近々、それを小野塚先生が、某女子
学院大学時代の論文で下敷きにして、第二次世界大
戦直後の、日本の相続制度の急変を論じているのか
どうか、

小野塚先生の先祖が、西暦1381年に埼玉県児玉
郡等からやってきて、小山市天神町に居た証拠を探
すために、大学の図書館等で調査しようとしていた。

 しかしその前に、小野塚先生が最近送ってくれた
史料から、

親戚に聞けば、先祖が南北朝時代に、小山市天神町
に居なくても、小山義政の怒りの原因は、判ってし
まう

事が判明した。つまり、GHQが第二次世界大戦後
に日本でした事と、足利氏満が西暦1381年に、
栃木県小山市でした事が、良く似ているという事は、

小野塚先生の、先祖の系列の一部部分が、結城氏の
家臣なら、小野塚先生の他の祖先の系列が、現場つ
まり、小山市に居なくても知っていて当然だ

という事である。
 その為天神町付近に居たと考えて、小野塚先生の
大学教員時代の論文をチェックして、何が書いてあ
るかを調べたとしても、論文の内容から論を展開す
る事は、残念ながら、出来ないようだと結論された。
 以上で結論の概要は書いたので、次にもう少し、
説明する。
 小野塚先生が送ってくれた、旧小野塚家・・の学
術調査報告書(西暦2007年6月)によると、

昭和の初年時点で、小山町の12代目の町長だった
小野塚久平こと塚原熊吉氏は、結城基光時代からの、
下総結城氏の家臣、結城・塚原氏の子孫(web記
載の”諸国の塚原氏”)

だと言う事である。なお小野塚先生は、熊吉の子孫
である。小野塚家は、塚原熊吉を大正時代に婿に迎
えているのである。この小野塚(塚原)熊吉は、

歴史の研究家としても、地元で有名

との事だ。当然、小山朝政の直系が、小山義政の代
まで小山氏の当主で、その次、小山若犬丸だったは
ずなのを、小山義政の乱の結果、恐らくは足利氏満
の裁定で、小山義政の姉つまり結城基光の妻経由で、
小山泰朝が、重興小山氏として相続して、若犬丸が
追い出され、結局相続の経路が、女系で繋ぎ代わっ
た事位、釈迦に説法のはずだろう。何故なら、そも
そも、婿の小野塚(旧姓・塚原)熊吉氏にとって、
自分の先祖は、その下総結城氏の家臣だからだ。
 だから、その直系子孫の小野塚先生は、

先祖が、小山義政の乱の当時、結城城に居たので、
1382年と1945年をダブらせて、相続制度の
変遷論を展開できるのは、別の祖先が小山市天神町
に居なくても、もともと出来て当たり前

だったという事になる。
 とんだ落とし穴にハマリ掛けた所を、当の本人か
ら、調査寸前で助けられたという感じだ。
 やはり、お礼は情報をタンマリと送っておくとい
う形で、しておかねばなるまいと思った。
(2019/05/12)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西暦1480年代成立。温故知新書に象戯は何故無い(長さん)

前に塵袋等、中世鎌倉時代の辞書について触れた。
塵袋は色葉字類抄型ではなく百科辞典だが、漢字
の書き方辞典の類は、室町時代と戦国時代にも、
作成されている。室町時代のは表題に有るように、
たとえば温故知新書が有るし、戦国時代の西暦
1530年代成立のものとしては、進歩色葉集が
ある。象戯の字が出てくるのは、西暦1160年
代程度に完全成立の、色葉字類抄(二巻物)が初
出だから、象戯が、将棊等に字が代わる事が有っ
ても、前記の室町時代と戦国時代の、漢字の書き
方辞典には、何れも載っていそうな字である。
 しかし、実際には、室町時代の西暦1480年
程度に成立した、温故知新書に象戯は無いようで
ある。そこで、今回は、

その理由

を論題とする。回答から先に書く。
朝廷権力が衰微したため、将棋に”後代に教育し
なければならないナショナルゲームとしての性格”
が、この頃戦乱の為に衰退した。他方、名人と言
えるような、人物の出現には100年近く早く、
中将棋等にはエンターティナー性もまだ無かった。
だから熱心な貴族により、指され続けたが、所詮

娯楽であり、象戯を後代に教育する必要性が無い

と考えられた。だから、ある程度公教育的な位置
づけも、当時から有ったとみられる、温故知新書
等に、将棋類の字が見えなくなったと考えられる。
 では、以下に説明を加える。
 10世紀の和名類聚抄に、象戯等が無いのが、
良く議論される。が、そのパターンと大きく違う
のは、

貴族の日記に、15世紀には多数の将棋の記録が
有る

という点である。現時点で、従って日本で、

15世紀に将棋類が、一旦廃れたという説は皆無

と、本ブログでも認識する。
 次に、16世紀の漢字書き方辞典である、進歩
色葉集には、将棋は載っている。

進歩色葉集.gif

そればかりか、ヒの項目に、飛車、飛龍、飛鷲と
繋がっている部分があって、

進歩字類抄2.gif

後期大将棋について知識があると同時に、
西暦1530年代に中将棋が盛んであったらしい
事も示唆されている。将棋存在の中間時代の有力
な漢字書き方辞典で、それが

無いのは温故知新書だけ

なのである。なお温故知新書には、博ばくや囲碁
が有るようだが、双六らしき字は見当たらない。
 西暦1480年代には応仁の乱以降、朝廷や貴
族が衰微して、ナショナルイメージのゲームが、
国家すなわち、ナショナル自体が傾いたために、

アナーキー社会での娯楽

に変貌したと考えられるのではないかとみられる。
西暦1530年頃の後奈良天皇が、裕福だったと
いう話は聞かないが、実際には1480年頃が、
国家の統一性という点での日本の、ドン底の時代
だったのではなかろうか。そのため、重大な字は
教育したが、命や心の拠り所となる、仏教関係に
関連する字以外の、

双六と将棋という字は、後代に伝来させるという
空気が低下

したのかもしれないと思う。そのため、賭博とい
う意味の、禁止用語の中のカテゴリーに、それら
は一くくりされて、標準的な辞書から、将棋等が、
一時的に消えたのではないかと私は疑う。ただし
囲碁はこのころ、水墨画のような絵画の題材にも
されたので、15世紀後半の辞書にも、有るのか
もしれない。
 しかし、中将棋や朝倉小将棋等の初期の将棋に、
賭博性も有る程度あったので、熱心な将棋棋士は、
幸い途切れなかったのだろう。盤双六も江戸時代
までは、もっていたようだ。
 逆に言うと”(1)天皇の持ち物にも将棋具が
ある”という情報か”(2)日本一の将棋指しが、
何処そこに居て、将軍様も注目している”といっ
た情報か、どちらかの話が、社会に重大と受け取
られる形で存在するか否かが、

社会全体として、将棋等のゲームを百年単位で、
伝承させるのには、結構重要らしい

と、結論する事ができるのだろう。つまり、応仁
の乱の西暦1460年代から西暦1530年まで
の約70年は、それ以上の時間の長さで、

日本将棋という、性能の良いゲームが現われ、
かつ将棋指しで強い人間が、大坂等から出て来な
いと危険な時間の長さだった。

以上のように、結論できるのかもしれないと思わ
れるのである。(2019/05/11)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

群書類従と日本教育文庫・教科書篇遊学往来との比較(長さん)

webで確認できるが、国会図書館蔵の遊学往来が
誰にでも見れる。群書解題から、群書類従本が、
”寛文二年板本か?”とされているのに対しweb
のものは、完全に”寛文二年による”と書いてある。
とりあえず比較すると、同じようにweb上で、
現在誰でも見れる遊学往来(西暦1662年本)にも、

中将棋、大将棋の記載はある。

群書類従本は、単純に作成した時に、月日があべこ
べになっているようである。
以下、もう少し詳しく述べる。
 web国会図書館本の遊学往来は”日本教育文庫・
教科書篇”とされており、続群書類従では無い。こ
の書籍では、上巻と下巻が有って、上巻に中将棋の
記載された、日付けの手紙文書がある。群書類従本
では、上の内容と下の内容を、日付順に合わせて合
体させだが、その編集のときに、6月5日を、5月
6日と間違えただけのようだ。岡野伸氏の言う通り
で、”加筆はされたのが江戸時代”でも、今の所良
く、webのツール程度では、問題は解決しないよ
うだ。
 ちなみに、国会図書館へ行っても、電子図書で辿
れるのは、これと続群書類従本だけだと聞いている。
 なお、石川本を持っている、石川謙氏も、辿れる
のは、西暦1544年までのようだ。
 よって群書解題から生じた疑問は、色葉字類抄の
パターンとは異なり、加筆の有無を、古い

別系列の写書で確かめることが、遊学往来にはでき
無いので、確定無理

だ。が、恐らく増川宏一氏等は、石川本位までは、
かつて、辿ったのであろう。以上のように結論され
た。(2019/05/10)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山本亨助氏の近代将棋1977年2月号の上久世駒(長さん)

南北朝時代、西暦1350年頃の裏無地酔象駒と言わ
れる、京都市の上久世遺跡の出土駒については、画像
情報が簡単には探せない状況との旨、以前に紹介した。
最近ようやくだが、天童の将棋駒と全国遺跡出土駒の
写真よりも、幾らかましな画像が、昔の将棋雑誌、
近代将棋の西暦1977年2月号の136ページに載っ
ているのを、私も確認した。
山本氏のコメントとは違い、写真としては成書、天童
の将棋駒と全国遺跡出土駒と、元が一緒なようだが、

下の方に象の頭と右下側が、かろうじて写っているの
で、特に後者が有る為、天童・・の写真よりは駒字が
少し判るよう

である。山本亨助氏が、実物を見ているのは、確かな
ようで、発掘現場を訪問したときの様子や、”酔”だ
け見えた事などが、前記の雑誌の記事として確かに載っ
ていた。
 久世の荘園の歴史も聞き取っており、京都の寺の
東寺へ、寄進された時代が、有ったとのことである。
また少なくとも

山本亨助氏が、この駒の成りが、太子である等は、
確認していない。何も書いて居無いと思ったようだ。

また、本ブログの見解だが、写真を見る限り、酔が
確かにあるように写真からは見え無い。またこの駒が、

酔”像”と人偏付き象では絶対無いという、確たる
証拠も無さそう

だ。”ここに線刻のような模様が有る”と、言われて
しまえば、天童の将棋駒と全国遺跡出土駒の、より悪
い画像でも、象の文字の、駒木地に対する”横倒しの
日”の位置は割り出せた。豚のツクリ部分が全く判ら
ないと、天童・・の写真は、字が有るようには見えな
かった。なお本ブログでも前に指摘したが、山本氏の
印象でも、”大きな駒”という感じは、現物を見たと
きに、確かに有ったようだ。

オモテの字も、やっとこさ残っている位なので、裏の
字は消えたのかもしれず、中将棋や大将棋の駒で無い
という、絶対的な証拠も無さそう

であった。何れにしても西暦1976年時点で、遺物
が確かに存在はしたと、私にも思われるようになって
きた。が、山本氏の成書でのみ、記載のある”赤外線
による判定の研究結果”は、少なくとも私には、未だ
確認出来て居無い。(2019/05/09)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西鎌倉市福祉センター遺跡中将棋木札判読問題(長さん)

前に述べたように、問題の南北朝時代程度の遺物の
記載文字の判読で問題なる点は、字の崩し方が、規
則に則って居無い点である。誤読が起こるのは、一
つには、それが原因と懸念されている。本ブログで
最大の問題と、前に指摘したのは、上段2行目の、
本ブログ判読の”も”であり、標準的な”も”から
外れているし、いっけんして見える”う”とも、
”フ”型の右側トンガリが有るので、違う。この点
について、

わざと”う”にも見える”も”、”う”の後半部分
にも見える”し”を書いて、猛豹が、元の鉄将の位
置に有り、猛将の代理である事を、表現している

と前向きに捉えるのが、本ブログの説の特徴である。
 更に今回は、問題が他に無いのかどうかを、以下
論題にする。
 回答から書いて、ついで説明を加える。
”ま(万の崩し)うこ”の万が、間違っている。元々
万の筆順を、作成者は間違って覚えていると見られ
る。その結果”耳”の崩しである”に”の変体仮名
に、近い形になってしまっている。これは、識字が
出来ても、作成者の書の能力が低かったためであり、
楷書の”万”に、結果として、たまたま見える間違
いだったので、責任者・読者に許されてしまい、そ
のまま、本来の用途として、使われたものと考える。
 では、以上について説明する。
今回は表題のように、今小路西鎌倉市福祉センター
遺跡中将棋木札の文字を判読する上での、問題点に
ついて考察する。本ブログでは、獅子に関する特別
な規則に関連して、トラブルがあったため、南北朝
時代に、鎌倉市今小路西御成小学校遺跡ゲームセン
ター等にて、狛犬を獅子と取り替えた”獅子に関す
る特別な規則”の無い中将棋を、

すでに今と、ほぼ同じ中将棋ゲームが存在する状況
の中で、敢えてした証拠

と、この遺物を解釈している。この解釈に、どの程
度の不安定性があるのかというのが、今回の論点で
ある。一番利くのは、基本配列が、中将棋である事
を示唆すると、本ブログでは取る”もしひゃう”で、
読みが合っているのかどうかだ。それについては、
”う”のような”も”が、本当に漢字の毛を、崩し
たもので、間違い無いのかどうかが大きい。それに
ついては、否定すべき積極的証拠は、今の所無いと
いう観点から、前に述べている。今回は、それに
比べて、余り効かないが、まうこのま(万)が、
へんな崩しである点についてを中心に、報告しよう
と思う。
 そもそも、本来この木札は、道具として、元々は
23文字書いてあったはずだというのが、本ブログ
の見方だ。話が見えやすいように、一覧で示す事か
ら始めよう。ただし()内の数字は字の読みの順番。
○(01)志。不安定性無し。
○(02)ろ。大きく書かれ、間違いなし。
○(03)い。不安定性無し。
△(04)ぬ。下が切れていて、”め”かもしれない。
×(05)も。いっけん”う”。しかし”つ”が”フ”
になっていて、かつ途中が少し濃くなっていて、毛の
3段目の一(横棒)を表現しているように見える。
本ブログでは”も”が、その上にあたかも、もう一つ
有るかのような、この書き方は、意図的と解釈。
○(06)し。これ自体は確かに、”し”。しかし、そ
もそも、”もしひ(やう)”という旧仮名遣いは無い。
○(07)ひ。不安定性無し。
△(08)や。上部がかろうじて見えているが、”や”
と断定までは残念ながら、写真だけでは無理。
×(09)う。全く見えて居無い。他の部分からの類
推で、そのように本ブログでは、推定しただけである。
×(10)ま。万の崩し字は、2画目が右下部分なの
で、筆順を間違えた、ニセ草書体になっている。耳の
崩し字の”に”に似ている。ただし、2画目が1画目
の横棒に、Tの字で接続していて、逆L字接続でない。
ので、比較的大きく書かれているものの、”にうこ”
とも読めなくなっている。結果として、

楷書の万にたまたま形が近いので見る側から許された

のではないかと、本ブログでは考える。”判読不能”
と従来言われた、所以と言える字であろう。
○(11)う。不安定性無し。典型的なうの字が、
(10)の字に、多少重なって書かれている。
○(12)こ。不安定性無し。
○(13)は。やや擦れているが、間違いないと見ら
れる。
(以下下段)
△(14)近。しんにょうが抜けているが、一応こう
読める。
○(15)く。典型的な久の崩し字である。
○(16)へ。狭い空間に押し込められているが、
一応、こう読めるのではないかと見ている。
○(17)行。少し平たく曲がっているが、この字に
間違いないと思われる。
○(18)く。(15)とほぼ同じ字が書かれている。
○(19)上。上の行書体に、間違いないと思う。
○(20)わ。大きく書かれ”わゐうゑを”のわに、
間違いないと思う。
○(21)ゆ。すこし傾いているが、こう読める。
○(22)け。不安定性無し。
×(23)ぬ。はっきり見えない。文として成立させ
るために、本ブログではこう仮定した。”め”か、
”ぬ”か、”無”か、どれかだと思う。ぬだが、怒の
崩し字のようでもあり、本ブログではこれを取る。
 以上の事から、下段が比較的安定している事が判る。
なお、(01)→(02)→・・→(13)→(14)→
・・・→(23)と、上と下とで分けて読むべき根拠
としては、(04)のぬ(?)と(08)のや(?)が、
部分的に欠けて見えているからである。すなわち上部
の下辺の一部が、南北朝時代に切断されてから、最結
合されて、1枚物として、後半使われたと見なせると、
本ブログでは、考えているのである。更に良く見ると、
右列の文字列の軸が、上側の方が、時計回りに角度で
約5~6°傾いていて、全体としてまっすぐになって
いない。以上の事も、もともと上段と下段で別々の木
片であったという考えの、根拠となりそうだ。
 つまり、
”口口は、近くへ行く。上は行けぬ”は、かなりの確
度で正しく読まれており、事物として、将棋駒の盲虎
が主語である事を、強く示唆しているように、明らか
に見えるという事である。だから、(10)の、万の
書き順の間違えた崩し字、

ニセ崩し字の”ま”は、国語の得意ではない識字者が、
遊びで書いた、笑って許される程度の誤字

と、他人から見なされたと考えて、大きな矛盾が無い
ように、少なくとも私には見える。
 盲虎が七方隣接升目歩みの駒であるのは、中将棋に
限るとまで行かないのが残念だが、

この木札に、将棋駒の盲虎については、書かれて居る
という事に関して、かなり確度でそうだと言える

ように、私は今の所考える。
 それに比べて”猛豹を元もとの鉄将の位置に配置せ
よ”の解釈が間違っていると、中将棋木札と証明する
のが困難になる。ので上段の2行目(05)~(09)
の確からしさは、この木札にとっては、とても大事だ。
 そもそも、本当は2行目は、好意的に読んでも、
”もしひ(や?)”としか、読み取れない。これから、

”もうひょう”と解するのは、バールフトの彫刻の字
をチャトランガと読むのに、これだけだとかなり近い

のかもしれない。そもそも、本当の旧仮名遣いは、前
に述べたように”まうへう”だ。将に洒落るだけで、
”ひやう”という、たまたま現代人に、判りやすい表
現に、本当に変えたのかどうかが、論点になってしま
うのだろう。蛇足だが、江戸時代になると、将棋六種
之図式では、”豹”を”へう”とは、カナを振らなく
なる。国会図書館電子図書本では”ひよう”になって
いるようだ。何れにしても、

研究者達は、書いてある字だけでなくて、”う”に
見える”も”かもしれない文字が、そのように書かれ
た動機付けすらをも、読み取らないと、中将棋とは結
論できない

という事だろう。ただし、元々”しし”のはずなのに、
(01)~(04)が”しろい(ぬorめ)”と、犬
辺の共通な一字目の、犬辺を削除した書体の言葉になっ
ているというのも、

これが、このゲームにとっては主役なので、冒頭だ

と考えれば、根拠かもしれない。つまり両者に共通の、
犬辺を略して、あだ名訓読みした業界用語を書いて見
せていると見れば、やはり、普通の中将棋がこの木札
の時代に既に有るらしいと言うヒントとして、情報
が加わってはいるのだろう。
 何れにしても、上段の下が少し切れているのは、

”しろいぬ”と”ひやう”が確定しないので、少し痛
たかった。

 そうしてみると(04)が部分的に見えて居無いの
と、(08)と(09)が見えて居無い事は、私の考
えだと、今小路西御成小学校遺跡ゲームセンターの
支配人は、部下のやった、2枚の木札の接続を見て、
そうは思わなかったのかもしれないが。遊戯史研究者
全般にとっては、打撃が全く無いとまでは、言い切れ
ない行為かもしれないとは、言えるように思う。
(2019/05/08)

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西鎌倉市福祉センター遺跡中将棋木札の模型(長さん)

前に述べたように、平成の時代の初め、西暦1988
年前後に、神奈川県鎌倉市御成町の、今小路西鎌倉市
福祉センター遺跡で発掘された、競技しようとしてい
る中将棋のバージョンを、指定するための小道具とも
疑われる木札は、

中将棋の史料としては、最古になりうる。

そこで、実際に書かれている文字が、将棋のバージョ
ン指定のためのもので、本当に合っているのかどうか、

真偽が大事

となる。
 そこで今回は、筆跡を真似た書写を、手作業で行い、
更に、模擬的に同一の使用状態を作り、

その感触をつかむ事

にした。
 下の写真の左上の2片の文字の書かれた木片が、本
ブログの管理人が、成書”よみがえる中世3 武士の
都鎌倉”平凡社1988年の221ページの写真を見
ながら作成した、模型である。実際に使用される状態
に近いように、中将棋盤と中将棋の駒、プラス簡単な
狛犬の仮駒も、写真のように用意した。

中将棋木札使用法.gif

 なお今回から、カナ崩し字入門本の示唆に基づき、
”近くへ行が”は、本ブログでは”近くへ行く”と、
読み直す事にした。昔の平仮名の”く”が、現代の
”く”ではなくて、”L”の形に近いとの情報が得ら
れたためである。なお、平仮名”く”は”久”を崩し
た文字とされると言われる。
 河野真知郎氏からの情報により、よみがえる中世3
武士の都鎌倉の写真が、原寸大に近いとしてみると、
セパレート時代に置いたケースは、上の写真のように、
たいして場所を取らない感じになっていたようである。
ちなみに写真で”志ろいぬ”のろの字が、下側が切れ
て、”一”と”つ”に分かれているように見えるが、
これについては、私の筆の誤りによるもので、本ブロ
グの、別のページでも確認できると思うが、

本物の写真は、カスレは無くて、もっと”ろ”に近い。

 なお、写真の陣側は、今小路西御成小学校遺跡ゲー
ムセンター所属の”御相手師匠”の駒群だったのかも
しれない。中将棋を知っている方には、写真の中の書
き込みは、邪魔だったかもしれないが。中将棋を知ら
ない方も、このページを読む可能性があるとみて、
犬ヘンが共通の、白犬(狛犬)と師子(獅子)との
関係を赤字で示した。
 また、もしひゃう、と猛豹との関係を、金将、銀将、
銅将と、猛豹が並ぶ配列になり、猛将の代わりだと、
言い訳をする、必要性が有った事情を示すため緑枠で
示した。
 更に、前進できない、七方隣接升目動きの”まうこ”
とは何者なのかを、玉将の近くに居る駒であるのが、
判るように、写真では黄色丸で示した。
 個人的には、平仮名をつなげて書いてないという点
と、江戸時代に流行りで、今では私のような素人には
読めない特定流派の書体で、仮名を凝って書いていな
いので、出土木札の字は、

今の小学1~2年生の、普段着の字にむしろ近い

と見る。従って現代人に比較的読みやすい字と、むし
ろこの史料は、見るべきではないかという疑いを、私
的に、かなり強い心象として、現時点で抱いている。
蛇足だが、以上を一応感想として、表明しておきたい。
(2019/05/07)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西鎌倉市福祉センター中将棋木札を習字した(長さん)

前に述べたように、目下、中将棋の史料で古い順に
挙げると、目下次のようになる。
(1)尊経閣文庫蔵二巻物色葉字類抄”き”雑物等
の中将棋記載(12世紀中ば)
(2)今小路西鎌倉市福祉センター中将棋木札
(鎌倉時代末から南北朝時代。14世紀)
(3)遊学往来(大将棊・中将棊)(南北朝時代。
14世紀)
(4)花営三代記。”足利義持奔王出して勝ち将棋”
(室町時代。15世紀)
 従来は、(3)が最も古いとされたが、写書時の
加筆の程度の判断が難しく、(4)を確実と見る
空気も、中将棋の棋士の間では強かった。
 現在は、色葉字類抄二巻物の記載がダントツ一位
である。
 ただしこのケースは、後続の三巻物に、将棋駒の
記載らしいものが、まだ見つかっていない。その事
から成立が、写書された、14世紀初期以降とすべ
きとの情報が、八木書店発行本の解題部に、示唆さ
れているように見える等、混沌としている。写書の
1回目なら(1)と(2)が近い線で、
(1)が少し早くなるが、2回目の写書時の加筆だ
と、
(4)とほぼ同率にまで、後退を余儀なくされる。
特に本ブログのように、
銀将の添え字の金と、香車の添え字の金今の取り合
わせが近世以降の作駒風であるという説が正しいと、

(1)が戦国時代末期の16世紀中まで一気に後退

してしまう。
 外れていれば良いがと、主張している本人も思う
のだが、はたして今後どうなる事であろうか。
 つまり、チャトランガの二人制が先か、四人制が
先かという論争の、バールフトの彫刻といっしょで、
このケースは、最古とされる史料の年代が不安定で、
話がひっくり返る可能性が、まだあるのである。
 更に言うと、2位の(2)が一位に浮上する可能
性が有り得るので、(2)は大切だが、それ以上に
(3)にも、繰り返すと写書時の加筆の疑いがあり、
江戸時代まで(3)が後退してしまう恐れが、中将
棋の研究家等で知られる岡野伸氏により、かなり前
から示唆されている。
 (3)の不確定性について、以前は個人的には楽
観視していた。が、群書解題の石川謙氏の、
”遊学往来は、そもそもが異制庭訓往来の、大幅加
筆本”という説を読んでからは、中将棋の記載箇所
の日付で、たしか5月7日と6日が、ひっくり返っ
ていた事を思い出して、私もかなり心配になってき
た。
 何れにしても(1)と(3)がコケてしまうと、
(2)の価値は更に大きくなる。
 そこで、最近私は、細書きの筆ペンで、(2)の
文字を写す練習をし出した。先入観で、将棋のルー
ルが記載されているように、間違って読んで居無い
か、念には念を入れて、更にチェックする為である。
 なお(2)の写しは、成書を手本にするだけであ
る。と言うのも、鎌倉市で30年程度前に行った、
遺跡の発掘調査結果展示会の終了直後に、現物が盗
難に会い、現在は見当たらないとされるからである。
だから、誰が複製の作成を試みようとしても、とり
あえずは、平凡社(1989)の、
”よみがえる中世3 武士の都鎌倉”221ページ
の写真を写すだけである。なお実物は、名刺大の大
きさだとの事だ。

白犬中将棋写し.gif

以上の写真の字は、書の写しを、私がやり始めたば
かりなので、この書写はかなり未熟である。
 本ではなくて、2~3行の木札の字を写している
だけなので、この程度の努力なら、私にも出来そう
である。もう少し書道に力を入れて練習に励み、そ
のうち、模型でも作ってみようかとも考えている。
(2019/05/06)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

武蔵武士”猪俣党”と小野塚イツ子記念館の稲荷(長さん)

 小野塚イツ子記念館に、西暦2009年まで存在
した屋敷神を祀ったものとみられる稲荷は、もとも
と、小山義政の乱で戦死した、武蔵武士、たとえば、
猪俣党の武者を弔ったものの疑いが強いというのが、
本ブログの見方だ。つまり、この稲荷の塚信仰と、
猪俣百八燈の塚信仰の塚は、同類でかつ起源が同じ
だという推定だ。
 それを証明するため、小野塚イツ子氏の親類に、

家伝が無いかどうかについて最近、調査した。

そこで今回は、上記の本ブログの説の信憑性につい
て、先行研究について説明する。
内容の要旨を先に述べると、

武蔵武士が、南北朝時代~室町時代前期に鎌倉公方
の家来に近い側の立場として、合戦に駆り出されて
いたというのは、史学会の常識である。

では以下に、この点をもう少し詳しく説明する。
 まず、同様な西暦1380年~2年の合戦の武者
を弔ったとされる遺跡が、栃木県宇都宮市の雀宮駅
付近の、現地名”茂原”にあるのも良く知られてい
る。”胴身塚”という名称で、私有地の敷地の横に
置いてあり、怪談が伝えられていると、たぶん、今
でもwebに出ているはずである。そしてwebに、
該当合戦名も当然出ているはずだが、西暦1380
年に、栃木県宇都宮市の現地名で言う”茂原”等で
有った合戦は、第一次小山義政の乱である。
 なお宇都宮市の雀宮近くの民家の素性は不明だが、
小山市天神町の小野塚イツ子氏の小野塚氏の素性は、
お稲荷を撤去したときに、怒りをぶちまけた”小山
のまちづくりを考える会の会長”と名乗る人物の
苗字が、猪俣党の一族の分家と言われる字と同じで、
怒りをぶちまけている人物と、猪俣党とは、何か関
わりがあるのではないかと、本ブログでは疑われて
いる。
 以上が前置きで、以下本論である。
 ここで足利氏満と、埼玉県児玉郡美里町の大興寺
との関係を見て、武蔵武士が、南北朝時代の合戦に、
鎌倉公方方として借り出されたと気がついたと、本
ブログ内では前に表現した。が、猪俣党と小山義政
の乱等との関連付けそのものについては、本ブログ
独自説では当然無くて、史学会の常識的な説であり、
仔細は、web上にも出ている。
 まとめると、だいたい次の感じとみられる。
 ”小山義政の乱のとき、鎮圧軍に加わった事でも
著名な、武蔵国の白旗一揆の構成員について、以下
の説があり、≪2≫だと猪俣党も入る。
 即ち白旗一揆の構成員について、次の説がある。
≪1≫北武蔵の武蔵七党である児玉党と、村山党を
中心に結成されたとする説。
≪2≫猪俣党も加わっていたとする説。
≪3≫児玉党(塩谷氏)と丹党(高麗氏)、私市党
(久下氏)の武蔵七党と藤原氏系(別府氏)を中心
に結成されたとする説。
 なお白旗一揆は、建武の新政当初の武蔵守護であっ
た高氏の影響下で編成されたとされ≪6≫、その後
観応の擾乱で、高氏が滅亡した後も、北朝方として、
足利尊氏や、鎌倉公方足利基氏、氏満、関東管領
上杉憲顕等の下で戦った。白旗一揆は将軍足利尊氏
に結成が関連しており、その軍勢動員に当たっては、
後にも形式的に、幕府の承認が必要であった模様で
ある。が、具体的な軍勢行動は、主に関東管領の傘
下で行われ、ほとんど幕府と、関東管領の山内上杉
氏は一体的であったから、山内上杉氏による、軍事
行動の開始命令への従属は、必然的であったとみら
れている≪1≫。
 たとえば上杉憲顕は、小山義政等をも味方につけ
ながら足利氏満を守り、西暦1368年(正平23
年/応安元年)、武蔵平一揆の乱を鎮圧した模様で
ある。
 国や地域ごとの分化は、14世紀には行われたと
みられ、小山義政の乱の時に起きたという説がある
≪7≫。分化の原因は、一揆が主体的に分かれたと
する説≪2≫と、鎌倉公方の足利氏満や、関東管領
の上杉憲方など、上位権力の命令で分かれたとする
説≪7≫があるという。

≪1≫ 峰岸純夫(みねぎし すみお)の説
≪2≫ 久保田順一(群馬県 教育委員会)の説
≪3≫ 大井教寛(埼玉県熊谷市熊谷図書館)の説
≪6≫ 呉座勇一(ござ ゆういち)の説
≪7≫ 小国浩寿(都立高校教諭)の説”

今回は、以上の程度にしておこう。
 冒頭で述べた、小野塚イツ子記念館の親類に、
以下”小野塚先生”と略称する、元大学の教員で、
政治活動もされていた方が、おいでである。
 元おられた大学で書かれた、論文についての問い
合わせのため、最近その方へは直接連絡をとってみ
た。その際の聞き取りにより、少なくとも家伝では、
”小野塚イツ子氏の祖先の小野塚氏が、栃木県
小山市天神町に来たのが小山義政の乱の直前だ”と
の話があるそうだ。以上の点につき、今の時点で

既に、本ブログの管理人は察知している。

 又以下も家伝に過ぎないが、小野塚先生の祖先が、
小山義政の乱のときの、合戦そのものに、兵として
加わったとの話も、確かに家には代々伝わっている
という事だ。
 返しで、私の方からそのとき、公方の足利氏満が、
埼玉県児玉郡美里町広木の大興寺を建てたのは、
西暦1386年の、小山若犬丸の一回目の乱前後で
あるという話はした。が、白旗一揆に、小野姓で
著名な、猪俣党が含まれるという研究者も居るとい
う、上記の学会での諸説の話を、うっかり、きちん
とするのを忘れてしまった。
 なお、南北朝時代埋設の”戦勝者を弔うのに相応
しい絢爛豪華な五色宝塔”が、同じく埼玉県児玉郡
美里町広木の、広木上宿遺跡に有った廃寺(戦国時
代消失)宝山寺から出土しているという話も、まだ
しては居無い。
 つまり今回等、

ここで何回か述べた本ブログの話を、”小野塚先生”
に連絡のときするのを、忘れてしまった。

 何れにしても、何か史料を頂けるとの話も有った
ようなので、何か仮に送られてきたときには、お礼
のついでのときにでも、峰岸純夫説、久保田順一説
・・等については、後で伝え無ければと思っている。
(2019/05/05)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中間報告。異制庭訓往来に”中将棊”記載(?)調査(長さん)

幾人か複数の、現代の将棋史研究家の書き物として、
”異性庭訓往来には、『将棋は合戦を模したもの・』
の一文の他に、遊学往来にもある、『中将棊』の記
載が有る”との旨が書かれているのを、本ブログの
管理人は、たまたま入手している。
 大切な点は、本ブログの管理人には続群書類従か、
群書類従の異制庭訓往来しか、見れないと言う点で
ある。とりあえず、群書類従及び、続群書類従の中
では、幾ら探しても異制庭訓往来に、『中将棋』の
記載は見つからない。
 そこで今回は視点を変え、群書類従と続群書類従
で、往来物のうちで、”往来”という書名の文書の
中に”将棋”等が、どの程度出てくるものなのかを、
ざっと調査した。結果から書く。

南北朝時代の書家、素眼が著者だという”新札往来”
(西暦1380年頃)にも、”圍碁。双六。將碁。
例下残。”との旨が書いているのが、その他で見つ
かるだけのようである。

それでどうなのかという点について、引き続き以下
説明する。
 上記の三例目は、将棋が双六と繋がっているとか、
将棋が将碁になっているという特徴はあるが、今の
所、以上2点に、重大な意味があるとの兆候が、私
には感じられない。
 ところで群書類従等には、付帯して、群書解題と
いう解説書シリース本が存在する。それを読むと、

遊学往来の項目の所に”異制庭訓往来と遊学往来は
同系列である”と書いてある。

以上が重要とみられた。内容を読んでみると、よう
するに、群書類従の異制庭訓往来や、続群書類従の
遊学往来、特に後者は、写書本として、変性が少な
い伝来本とは、言えないという事のようだ。つまり、
将棋史本の著者等は私とは違い、写書時等に加筆さ
れているケースの多い、群書類従本で異制庭訓往来
や、続群書類従で遊学往来を見て居無い可能性が、
この場合については高そうだ。
 冷静に考えると、
遊学往来は、年代の古い写本は、異制庭訓往来とい
う、群書類従本の異制庭訓往来と、

全く同じ書名で呼ばれている

という混乱が有るとすれば、状況は一応説明できる。
この議論の行方は、知っている方は、知っている話
なのであろう。だが今の所、本ブログの管理人には、
個人的に、本当の答えが判って居無い。更に調査す
るしか、結論を出す方法は無いと、私も群書解題を
読んで最近ようやく、問題の本質について、気が
付き始めた所である。(2019/05/04)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チェス始原史。四人制から二人制へ増川氏が転向の訳(長さん)

今回は、ものと人間の文化史23-1と、ものと人
間の文化史110を、両方御持ちの方には釈迦に説
法であろうが、インドでのチェス・将棋類の発生が、

四人制チャトランガから最近は、二人制チャトラン
ガへ転換したように、webに紹介されている経緯

について、何故なのかを論題にする。理由は、将棋
史研究家で、旧遊戯史学会の会長の、

増川宏一氏が、転向したため

である。ただ、どういう転向経緯なのかは、増川氏
の講演を聞いても、上記著書を読まないと、実は、
判らない。そこで正直私も従来は、社会のムードと
して、受け売りに近い形で、取り入れていたような
所があった。しかしこれでは、小さな議論が発生し
たときに、迷い路に陥るだけとみられるため、調査
しなおすことにした。状況を御存知の方には、今回
は、読み飛ばしが可能な内容である。
 回答をまず書く。
紀元前100年前後に成立とされる、インドの壁画

バールフートの彫刻が、四人制チャトランガを表す
という根拠が、相当に怪しくなった。

その結果、四人制チャトランガの成立年代が、
約1100年も変化して、アル・ビルニのインド
旅行中の、インド・ゲームの発見記録の記載、
西暦1000年頃が初出へ、学説が変化した。
 またこれとは別に、西暦600年前後とみられた、
二人制チャトランガに関する”インドマウカリ王国
から、ペルシャへ、8×8升目、双16枚32枚制
の二人制チャトランガを送った記録”が従来より知
られ、これに逆転され、4人制から2人制起源へ、
今世紀に入って学会の流れが、急速に移った為で
ある。
 では、以下に説明を加える。
 西暦2003年当時の、増川宏一氏の、法政大学
出版局”ものと人間の文化史110 チェス”を読
む限り、

増川宏一氏の講演を聞いても、事情が判らないのは、
インドの古代言語が読めない聴衆には、理解できな
いので、増川氏が根拠に言及しないため

であると、理解する事ができる。
 判りやすくデフォルメして表現すると、インドの
紀元前100年内外の遺跡のバールフトの彫刻に、
6升目前後の盤で、サイコロを幾つか使い、4人で
何らかのゲームをしているような彫刻があり、

題名らしきものが、書いてあった

とされるようだ。結論から述べると、チャトランガ
に関連するフレーズと、解釈するする意見も、以前
は有ったが、

この古代インド壁画のゲーム題字のように見える文
字の内容について、近年には”四人制チャトランガ
の図”と書いてあると解釈する説に関して、否定的
な研究が増加した

と言う事である。その結果、四人制チャトランガの
紀元前100年頃発生説は廃れ、2番手の史料で
ある、アル・ビルニのインド旅行中の、インド・ゲー
ムの発見記録の記載(西暦1000年頃)が、四人
制チャトランガの初出へ、学説が大きく変化した。
 他方、西暦600年内外に、8×8升目、片16
枚、32枚制の王、副、象、駱駝、馬、塔、兵と命
名された単一の形の、色の違う玉を使ったゲームが、
インドからペルシャの王に送られたという、文献の
解読が、更に精密化した。そのため、西暦600年
内外の、インドにおける二人制チャトランガ型ゲー
ムの存在の確実性が、顕著に増大した。後者は、
従来より知られていた、西暦700年内外の、チェ
ス型ゲームを思わせる駒のインドでの出土とも、
発生時期が良く合っていた。そのため、バールフト
の彫刻を、インドの古代の、原始的な盤双六の絵の
誤認に過ぎないのではないかと、疑わせるのに充分
だった。
 以上のように史料は約100年前から知られてい
たものばかりだったが、精読が進んだので、学説の
支持者が、大きく変化したという意のようである。
 また、以下の理解が、この問題の経緯を理解する
上で、たいへん大事なのではないか。すなわち、
インドに於いても、1000年前を越える、起源の
議論に関して、特に有効な

チェス・将棋史の史料の数は元々、数えるほどしか
無い。

だから、元々情報量が少なく、その解釈が僅かでも
フレると、結果に重大な影響が出ると言う事だろう。
 よって以下暴言で、私が言っても、誰にも相手に
されそうも無いかもしれないが。
 少なくとも日本の将棋に関して、この先新たに、
意味のある将棋史関連の史料が発見されたら、他所
の学術分野である、例えば、
天文学が”ほうき星”の発見に関してやっているよ
うに、

史料に、第一発見者の名前でも、付けるルールに
今後はしてみてはどうか

とさえ、私には思える。(2019/05/03)

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中将棋の成り規則は中将棋が起源の証明方法(長さん)

一般に出土駒を見るとき、中将棋の駒であるかどうかは、
中将棋の成り駒規則で、裏に成り駒が書いているかどう
かで判断するのは、慣れれば反射的だ。しかし、中将棋
の成り規則が、

ほんの僅かの間存在した、大将棋の成り規則であったと
いう奇説を、本当に否定できるほど磐石なのかどうか

について、今回は論題としよう。議論の基礎になる、史
料の解釈として、相当に重要だからである。
 では、回答をいつものように書き、説明を後で加える。

かなり磐石である。白駒を香車の成り駒にしているのが
大きかったとみられる。

では、以下に説明を加える。
 共出土した駒群が、全くどれも中将棋駒パターンなの
に、大将棋の駒を誤認しているという例は、

焼津駒よりも古い異物には今の所懸念されるものが無い。

この点誤解されやすいが、鎌倉鶴岡八幡宮遺跡出土駒は、
鳳凰は大将棋も中将棋も奔王成りであるが、香車が不成
であり、今の所白駒成りとも読めるという説は無いので、
”中将棋か大将棋か判定できない”と、

現状”正しく”疑われている。

酔象が太子成りで出てきたとされても、大将棋も中将棋
も朝倉小将棋も、それは太子成りだと疑われているので、
京都市上久世駒も”字が書いてある”との証拠を、探す
事自体今では難しいが、山本亨助氏の成書の記載が、仮
に正しいとして、酔象一枚で判断するのは難しく、どれ
とも言えないと、”正しく”クエスチョンマークは、付
いている。
 問題なのは、よって焼津駒のように、成り飛鹿盲虎や、
成り飛鷲竜王とか龍王が出土したときに、中将棋駒と結
論するのが、磐石かどうかである。今の所、南北朝時代
の遺跡から、焼津駒のように成り飛鹿盲虎や、成り飛鷲
竜王とか龍王が出土してしないので、問題になっている
例は、実際には無い。
 本ブログの見解だが、中将棋に固有に見える多彩な成
りが、中将棋起源であって、たとえば後期大将棋が指さ
れた時点で、そのゲーム性の改良のために、一時的に、
中将棋として残った成りが、大将棋で発明され中将棋で
も採用された後に、大将棋では元に戻ったというように
ならなかった根拠としては、

幸運な”白駒”の採用位しか根拠が無い

のではないかと、疑われる。
 白駒は、月日とか”光陰”に準えられた単語であり、
光陰矢のごとしの諺と類似の、

白駒の隙を過ぐるが如し

の白駒と考えられるからである。つまり、香車という
中将棋盤でも四隅に置かれる駒の成り駒として、
月日の意味の白駒は、相応しいものである。なぜなら、

中将棋の盤は一辺12升目で、中将棋絹篩に有るように、
12支で升目を特定できるような性質が有る

からである。他方、香車と反車は、金将等の将駒を飛車、
角行、堅行、横行と成りを割り当てると、必然的に別系
統の成り駒名を、新しく考えなければならなくなる。成
り駒が足らなくなるケースである。
 そのため、盤の四隅で、盤の升目の性質を表している
ような香車へ、月日の別名である白駒が、車駒と馬駒は、
本来つりあわない別物なのに、充てられたのであろう。
むろん桂馬を削除した中将棋デザイナーの”後ろめたさ”
も作用したのだろうが。なお、二巻物色葉字類抄にも、
”は”に、白駒は日本語の普通の熟語としてあり、
”日の名”と説明されている。ので、平安時代末には、
”白駒の隙を過ぐるが如し”が諺として、日本でも知ら
れていたのだろうと、少なくとも予想出来るように思う。
 それに対して大将棋で、白駒を香車の成り駒にしよう
とすると、

大将棋の盤升は月日の数とつながりにくいので説明困難

という事になる。従って、中将棋の成りとして特徴的に
見られる、白駒、鯨鯢、飛牛、奔猪、飛鹿は、やはり、
中将棋デザイナーの発案がオリジナルではないか。以上
のように、本ブログでは結論する。
 なお、そうしてみると鶴岡八幡宮境内遺跡の、白駒に
成らないと見られる、香車駒の出土は幸運だった。奔王
に成る鳳凰が、奔王が崩し字でないため、この出土駒の
元の駒セットに、初期配列での裏字確認の手間が無いと
見られる事から、成り駒が少ないとも疑われる。また、
足利義持の御前で指された将棋で、これでは元駒奔王と
区別が出来ないため、花営三代記将棋とも違う事が判る。
以上3点の事柄に関して、鶴岡八幡宮境内出土駒はたい
へんラッキーな、重大情報を含んだ出土駒である。
 逆に言うと、この駒群は、遊んだ将棋駒が、出土して
いるのではなくて、”将棋史史料館”のような物が、実
は当時の鶴岡八幡宮境内には事実上有って、その展示遺
物が、たまたま出土しているのではないかと、私には疑
われる位である。また”汚れた”歩兵駒の裏が、崩して
居無い金のように見える点からも、それは”平安大将棋
の歩兵、他にその時点での、と金成りの中将棋の歩兵と、
その時点での成らない後期大将棋の歩兵を、合わせて3
枚展示した”と、遺物群が、あたかも語りかけているか
のようでもあり、偶然にしてはやや出来すぎな感じであ
る。(2019/05/02)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー