So-net無料ブログ作成

中将棋。どのような経緯で玉将が左、酔象が右になったのか(長さん)

現在の定説では、日本の将棋で、偶数升目なのは、中将棋、天竺大将棋、
大局将棋の、ほぼ3種類である。これらの将棋では、”中央最下段”が、
右左2升目できるが、何れも玉将が左に、太子成り酔象ないし、玉将成り
太子が右の最下段中央に配列される。恐らく後二者は、中将棋よりも、
成立時代が下るとみられるため、

中将棋で左を重くする配列が、どのような経緯でできたのかが、問題に
なる

と、みられる。
 それに対して、本ブログでは、9升目制平安小将棋の時代の前に、伝来
元とほぼ同系統の、8×8升目制の、原始的な平安小将棋が有った、との
立場を取る。そう考える大きな理由は、本ブログの主題である、大将棋の
発生要因を解く為、西暦1080年頃の、大江匡房が日本の将棋の祖とい
う”噂話”が、何を発端にする物であるのかを、説明するためである。
 従って、表題の論題の回答を、本ブログ流に書くと、

インドチャトランガ系統である、8升目型の原始平安小将棋に準じて、
中将棋の玉・酔象(副官・大臣)の左右は決められたのであり、チャスや
象棋類としては最も古い、インドのチャトランガに習った事が、中将棋の
配列が、表題のようになった理由である

という事になる。しかし、8升目制原始平安小将棋は、今の所仮説でしか
無い。そのため定説では、

日本の官制度が、左の大臣をやや重く見ているため、中将棋という、初の
偶数升目将棋が成立したときに、それを見習って左を玉将にしている

と、考えざるを得ない状況のようである。なお、中将棋が文献に初めて
現われる、西暦1350年頃は、中国の王朝は元であり、東南アジア・
モンゴル、そして、イスラムシャトランジの情報も、有る程度盛んになっ
た交易の影響で、情報が入ってきていた疑いがあると、私は思う。従って

外国のゲームの影響で、中将棋の玉酔左右が決まったとも、理論的には
考えられる。がそうすると、実際には情報が、多すぎる状態だったのでは
ないか

と、疑われる。つまり、タイのマークルックや、モンゴルのチェス化する
以前のシャタルの、左王情報だけなら良いのだが、イスラムシャトランジ
は、西洋チェスと同様、もともと先手後手で、玉と大臣駒を、左右ひっ
くり返す、初期配列になると私は認識するからである。その際、どちらに
決めるかは、出た所勝負にしないとすれば、

日本の将棋では古来より、こうだった

という理屈が存在するの時にだけ、優先されるケースが多いのではない
だろうか。左大臣が右大臣より、少し偉かったというのは、イスラム
シャトランジびいきのゲーマーが、日本の南北朝時代に仮に居たとしたら、
彼も説得できるかどうかは、謎なような気もする。従って、

日本にも小将棋系列で、チャトランガを祖とする未知の偶数升目のゲーム
が、平安時代にも恐らく存在したのだろう

と、この中将棋の玉酔左右からも、淡くだが、疑われるような気がする。
 なお、その源流のインドチャトランガが、どうして王が、左配列だった
のかは、実は私には良く判らない。インド人は、左右で手の使い方が決ま
っており、おにぎり状の米の飯等は、右手でしか掴まないと、聞いている。
 インドチャトランガの駒は不浄なのか、煩悩の塊と考えられているのか、
インドでは四人制の時代に、プレーヤーの左に配列されるようになったよ
うだ。何れにしても、ゲームとしては、鏡映にしても、中身は変化しない
のだが。ゲームの歴史を紐解く上では、偶数升目盤将棋の、駒の左右は、
歴史に関する何らかの情報を、内在させているはずである。(2018/03/02)

nice!(0)  コメント(0) 

泰将棋の玉駒は、なぜ自在王なのか(長さん)

泰将棋の玉駒は、摩訶大大将棋の玉将の成りである、自在王が最初から
存在する。理由を私は最近まで、ディフェンスを強くするような

ゲームの調整を意図したものかと思っていたが、それはどうやら間違い

のようだ。まず回答を書くと、

水無瀬兼成が、豊臣秀次等に泰将棋の盤駒を献上するとき直前に、駒の
字書きの段階で、泰将棋のルールで玉駒を自在王のルールに変えたため

であると私は思う。根拠となるヒントは、水無瀬自身の著作にあり、
水無瀬兼成作とみられる、将棋纂図部類抄の”大将棋畧頌”で、

水無瀬兼成自身が、玉将と自在王とを、間違えて書いている

からである。つまり泰将棋の作者水無瀬兼成自身が当初、泰将棋の玉駒
は、自在王成り玉将にするつもりだったが、少なくとも将棋纂図部類抄
の、泰将棋初期配列図を作成した時点で、不成り自在王に変えていると、
みられると言う事である。なお、”大将棋畧頌”については、他の部分
の記述はかなり正確で、少なくとも島本町教育委員会発行の、冊子・
象戯図、恐らく水無瀬宮奉納巻物バージョンで、間違っている他の箇所
は、端筋の3段目の

走車を、反車と書き間違えている所位

である。つまり、”大将棋畧頌”を書く段階では、水無瀬兼成は、泰将
棋の玉駒も、他の六将棋同様、玉将であると、決めてかかっていたと、
みられるのである。ではなぜ、自在王成り玉将を、不成り自在王に変え
たのかと言えば、

水無瀬兼成が自分で”泰将棋の成りは、中将棋に準じる事にした”から

に他ならない。つまり、元駒で玉将を玉駒にしてしまうと、

玉将を不成り玉将にしないと、豊臣秀次に献上する駒を使ってする泰将
棋のルールと、つじつまが合わなくなってしまうように、豊臣秀次に、
ルール手引書として、共献上する、行然和尚まとめ表(泰将棋の成り
ルールに関する、水無瀬兼成の改竄入り)

には、書いてしまっているという訳である。
 また、元から水無瀬は、豊臣秀次に献上する泰将棋の駒には、成りの
有る駒種を、余り作りたくは無いと、考えていたとみられる。付き人が、
成り駒と表駒とを間違えて、秀次の客間等に、水無瀬の献上駒を並べる
ときに、混乱してトラブルになり、水無瀬にとって、苦労して作成した
泰将棋であるにも係わらず、豊臣秀次から怪訝な顔をされ、努力の価値
が半減するのを、嫌がったためとみられるからである。なお、この事か
ら、大坂城の豊臣秀次の付き人等は、中将棋が指せた事も判る。そこで、

”大将棋畧頌”を作成したあと、献上する駒の字書きを実際始めた所で、
水無瀬兼成は誤りに気がついて、泰将棋用の自在王成り玉将を作るのを
止め、代わりに不成り自在王を作成した

と、私は推定する。つまり、

行然和尚まとめ表に、明らかに犯人が水無瀬兼成と判る、行然の誤りを
装った、”大”将棋の駒数を、130枚から354枚に変える、改竄、
つまり、後期大将棋を泰将棋と装う、改竄が有る事に気がついてしまう
と、”大将棋畧頌の玉駒『玉』”との表現は、書き間違えや、誤写とは、
考えにくくなる

という訳である。
 なお、実際にゲームをしてみると、玉駒を成り自在王玉将から、
不成り自在王にする事によって、十ゲーム程度のチェックでは、

ゲームが面白くなっているのではなくて、終わるまでに約2倍に、ほぼ
手数が増えているだけのようである

程度の知見が得られる、だけである事が判っている。よってこの事から
も、少なくとも盤駒作成技術者として、多忙なはずの水無瀬兼成が、
大将棋畧頌と、将棋纂図部類抄泰将棋図の両成立時の間の、せいぜい
長くても数日の間に、泰将棋のゲーム調整を実際にやって、玉駒が成り
自在王玉将では、何か不都合がある事に気がついたとは、かなり考えに
くいことも、確かであると、私は思うのである。(2018/03/01)

nice!(1)  コメント(0)