So-net無料ブログ作成

イスラムシャトランジと中国シャンチー持駒ゲーム化比較(長さん)

前に、中国シャンチーを持ち駒象棋化した際、ディフェンス
の強化として、
1)王駒を龍王の動きにする。
2)相/象を酔象の動きにする。
3)相/象は、相手陣に入れ、入っているときには、太子になる。
 そのため、玉駒が最大で、片方に4つできる可能性がある。
4)帥/将、士/仕、象/相の行き場所の制限は、全部止める。
 帥/将の対面ルールも無しにする。
以上の1)~4)の守備の強化で、持ち駒ルールの導入による、
大きな攻撃力の増加は、相殺できると述べた。
 最近、日本シャンチー協会のブログで、”中国シャンチーは、
六博から進化したのであり、外国の象棋の輸入品から、出発して
居無い”との説が有力との旨の、ページを発見した。この論には、

本ブログは、反対である。

 少なくともグローバル社会で、完全にレアーな説を、有力視し
た公平性が疑問なものだと、本ブログでは考える。
 なお日本の将棋史研究者に、象棋の六博起源説に賛成する者が
居るとの話は、今の所聞かない。やはり、象・馬・車駒が、
インドシャトランガと中国シャンチーとで、どちらにも、過不足無
く有るという事実は、大きいものがあるといえる。しかし、”見か
けだけだ”という反論は、言うだけなら可能かもしれない。
 そこで、イスラムシャトランジがシャンチーの親であると考え
る本ブログとしては、とりあえず、イスラムシャトランジの持ち
駒象棋を作り、

上の1)から4)と、ほぼ同じ、ディフェンスの強化方法で、
持ち駒ルール化可能な事を示し、中国シャンチーがイスラムシャ
トランジに近い

事との認識を、補強する必要が有ると考えた。
 そこで、実際にやってみたのだが、結果から取り急ぎ述べる。

1)王駒を奔王の動きにする。
2)象を酔象の動きにする。
3)兵は、シャンチーとは違い、空升目には直進するが、相手の
駒を取るときには、斜め前にチェスのポーンのように動き、猫叉
動きの副官に、最上段で成れるだけにする。なお、それ以降は、
成ったままにした。

以上の守備力の増強で持ち駒ルール化して、攻守が攻めが僅かに
まだ強いか、という程度で、だいたい取れていた。

なお、今回の場合は、中国シャンチーのケース同様、持ち駒ルー
ルに大きな禁止手は作らなかったが、最奥の段に、兵は打てない
とした。
 つまり塞馬脚や塞象眼が無いので、王は龍王でもまだ逃げ足が
鈍く、奔王にする必要があるが、そうするだけで、それで良い
という結果であった。特に、変更パターンの内容が、中国シャン
チー、朝鮮チャンギと、イスラムシャトランジで、全く同じパター
ンで良い事は、

ゲームとして”同類”である事を、強く印象づけた

と考えられた。なお、中国シャンチー等に比べて、イスラムシャ
トランジは、砲駒が無いので、元々守備が強すぎである。そのた
め、より少ない項目数の変更で、バランスが取れたと見られる。
 ちなみに、

象/相を酔象化したために、東南アジアの象棋との区別は曖昧に
なり、恐らく、マークルックやシットゥイン等も、同じパターン
で、持ち駒ルール化できるのではないか

と見られるようになった。持ち駒ルール化の際のやり方の差から、

具体的に、中国シャンチーが、東南アジアのゲームに近いのか、
イスラムシャトランジに近いのかを判定できる程度の精度は、
このやり方の持ち駒ルール化の方法の比較、それだけでは出ない

とみられる。すなわち、この事からは、

中国シャンチーの親が、六博や囲碁ではなくて、シャンチーより
も記録が古い、象棋類のどれかであると見る方がよほど正しい

という証拠を、単に示したに過ぎないとは言える。なお、四人制
時代の古代二人制チャトランガは、日本将棋に似せるように、
1)9升目化する、2)角行動きの象の一方を飛車にする、
3)兵を前で相手駒が取れるようにし、かつ成りを酔象か金将動
きの大臣(副官・司令官)に固定する、できれば4)兵を3段目
化、3段目成りにする・・と、変えてゆくと、両方香車2枚落ち
の日本将棋に、実質なって行く。ので、今回の中国シャンチー・
イスラムシャトランジ方式の持ち駒化とは、別のやり方の方が、
有望である。

だから、日本の平安小将棋とインドの四人制チャトランガが指さ
れた頃のニ人制チャトランガは、将棋属と見なせると、本ブログ
では、木村義徳氏の持駒使用の謎の主張を、更に増幅させて主張

しているのである。蛇足だが、現代のインド・チャトランガ(2
1世紀)は、東南アジアの象棋類であり、今回の、
イスラムシャトランジ方式が使える。(2019/01/31)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

六博の盤の模様を象った古代の国内出土鏡に十二支の文字(長さん)

前世紀の終わりの1995年に京都府、1998年に大阪府
から、古代の、俗に卑弥呼の鏡と言われるものの一種で、
青龍三年方格規矩四神鏡という、裏面に、中国の四神(四獣)
を彫った、鏡が出土している。ゲーム史に関連する内容として
は、中国の古代のゲーム、六博の盤の模様が入っている、日本
出土の古鏡として、日本の考古学会では知られているようだ。
 六博は、盤双六類のゲームとされ、本ブログでは、盤の位置
で、駒の動きが決まるゲームなため、将棋類では無いだろうと
見てきた。中国の考古学では、鏡に六博盤模様が入っているの
は、後に占いに使用され、後に家内安全のマジナイとして機能
した為というのが、定説らしい。
 冒頭で紹介した、国内の出土遺物は、文化庁編、発掘された
日本列島(1995~1999)に、鮮明なカラー写真で紹介
されている。それによると、六博の盤の模様の内側の、正方形
の枠(”方”部分)の直ぐ内部に、少なくとも日本国内出土の、
青龍三年方格規矩四神鏡に2面共に、

子、丑、寅、卯・・の十二支の、動物でない元々の方の文字が、
時計回りに書いてある

との事である。実際写真には、京都出土の鏡、大阪出土の鏡と
もに、西暦235年に書かれたと見られる十二支の文字が、
六博の盤の模様と共にはっきりと私にも読める。また、北東、
南東、南西、北西といった四隅の方向の部分に、青龍、朱雀、
白虎、玄武の姿がある。この事から、
六博の盤は、地上の何らかの地形を、どうやら模したものらし
いと、始めて私には想像がついた。つまり、

六博というゲームも、陰陽五行の論理に則ったものであり、
地理、方位方角や、日月星の運行。季節、暦に関連したもので
あると、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄の序文のような内容で、
三国鼎立時代の魏の国から邪馬台国に対して、西暦235年の
弥生時代に情報が送られていた

という事だろう。むろん、六博の盤の模様は、ゲーム盤として
よりも、マジナイ札の模様の意匠イメージが、西暦235年頃
には中国国内では既に、強かったのかもしれないが。鏡を送ら
れた側の日本の王朝内部でも、”元々は、ゲーム盤の模様であ
る”事位は、魏王朝から知らされて、知っていただろうとは考
えられるだろう。
 だから、この出土遺物から言える事は、

”陰陽道や五行、日月星の運行を象った”や、”天文道と関係
する””雅楽の音階にも関係”と言った情報だけでは、将棋で
あるというよりは、中国のゲームであると判るだけ

という事なのではないか。つまり、北周の武帝が、チャトラン
ガが発生した隋の時代より前に、占い天文と関連するゲームを
発明したという情報だけからでは、中国で、何らかのゲームが
発明されたという以上の、情報の中身が実質的に無いという、
日本出土のこれらの鏡は、証拠の一つという事になるのではな
いか。私はこれらの史料を見てからは、そのように考えるよう
になったのである。(2019/01/30)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋六種之図式大大将棋。項目名が図版の題より後なのは何故(長さん)

以下はオリジナルの江戸時代の将棋書、将棋六種之図式では
なくて、近代に雑芸叢書に収められた、将棋六種之図式の
大大将棋について問題にする。内容は、”○大大将棋
 縦横各17目 駒数192枚”という、この書籍の構成で
言うセクション名が、図版の説明”大大将棋図式”より後
(下部)に記載されているのは、どうしてなのかという点で
ある。

雑芸叢書大大.gif

 問題にする事柄の内容を説明すると、将棋六種之図式には、
セクション名が六個あり、
”○小将棋 縦横各9目 駒数40枚”等が、セクションの
題字になっている。そしてその次に、場合により文面で説明
があって、更にその途中で、実際にその図はないが、例えば
で言うと、”小将棋図式”と言った感じの図版の題がある。
なお、実際の図版は将棋六種之図式では、小将棋図式と、
中将棋図式については省略されている。実際の図版そのもの
は、その直後に記載されている。内容は、盤升目の中に駒の
名前を書いて、初期配列で並べた図(相手側に、おもて面。
自分の側に、成り面の駒名を書く等している)という、
水無瀬兼成の将棋纂図部類抄と、似た表現方法のものである。
 こうした、”○○将棋図式”という題目の図が、メインで
存在して、更にケースバイケースで、後付けの説明が有って、
六種の将棋各々、一ゲーム種の説明になるという、構成に
大大将棋以外はなっているのである。

少なくとも、セクション名の前に、その内容の一部である、
図版の内容表題が来るのは、通常の書籍の構成としてもおか
しい。

ではなぜ、雑芸叢書に収められた将棋六種の図式の大大将棋
は、このような表現になっているのかが、今回の論題という
事である。
 回答を先ず書いて、説明をその次にする。

雑芸叢書に”将棋六種の図式”を収めるときに、雑芸叢書の
編集者が間違えた

との見解を、本ブログでは取る事にする。すなわち、

○大大将棋 縦横各17目 駒数192枚
  大大将棋図式
(大大将棋の盤に各駒名を並べて書いた、将棋図式の図)

と表現すべき所を、行が詰まっていたか、何らかの理由で、
実際にはこのケース、
大大将棋図式 ○大大将棋 縦横各17目 駒数192枚
(大大将棋の盤に各駒名を並べて書いた、将棋図式の図)

と、適格でない表現にしてしまったと、考える。
 では以下に、大事な点を最初に書くよう注意しながら説明
する。
 本ブログの、このページに関しては、

なぜ、こんな事を問題にするのかを、まず明らかにすべき

であろう。
 このページよりも、さほど時間差の無い少し前に、
大阪電気通信大学の高見友幸研究室の”摩訶大将棋のブログ”
にて、

比較的良く知られた、駒数多数将棋の古書に、大大将棋に関
して(だけ)は、日本の駒数多数将棋の盤について、囲碁盤
のように、交点駒置きである事を示した記載があるが、気が
ついた研究者はまだ、居無いようだ

との内容の、今回の論題に関する、先行研究例が載っている。
大大将棋の記載された、江戸時代成立の古書が余り無いと、
本ブログの管理人は認識していたので、可能な程度で、
大大将棋に関して、

妙な記述構成になっている、将棋の古書を探してみる

事にした。言うまでも無く、

書籍の構成が妙なのは重大な情報を含んでいる可能性がある

と、私は見たからである。その結果手持ちの情報が、限られ
ていた事もあって、とりあえずは今回の論題の、
将棋六種之図式の、セクション名”○大大将棋 縦横各17
目 駒数192枚”の、書籍としての編集者の構成の仕方が
おかしい事に気がついたという事である。
 残念ながら、

大阪電気通信大学の高見友幸研究室の”摩訶大将棋のブログ”
の”比較的良く知られた、駒数多数将棋の古書”の旨の表現
で、具体的な文献名は不明である。

だから高見友幸氏が、どの古書を指しているのかは判らない。
 とにかく、大大将棋の説明部分で書籍上の表現が、おかし
い、比較的良く知られた将棋の古書が有ったという事である。
 そこで次に、表現がおかしいのは、近代の雑芸叢書の編集
者のせいだという根拠だが、

”○大大将棋 縦横各17目 駒数192枚”という、
将棋六種之図式の著者が作ったセクション名は、
水無瀬兼成の将棋算図部類抄の、各将棋図式の図の題名の
副題と著しく紛らわしいため、雑芸叢書の編集者に間違えら
れても仕方がない

と私は考えるためである。では、雑芸叢書の編集者が、何故
大大将棋だけ間違えて、他の5種の将棋種については、ミス
しなかったのかだが、

たまたま、セクション名と図版の中に、他の将棋種では、
将棋六種之図式の著者が、前付けの説明文を入れたからだ

と、私は考える。では更に、なぜ将棋六種之図式の著者が、
大大将棋だけ、前付けの説明、図版という構成で著作しなか
ったのかだが。水無瀬兼成は、将棋六種之図式著者と異なり、
”古時鳥”の名前がおかしいとか、”奔獏は奔横と間違える”
といった、大大将棋のウンチクに関して、余り興味が無かっ
たため、将棋纂図部類抄で、大大将棋に対する、付帯説明が
無く、将棋六種之図式の著者も、他の将棋種と同じく
大大将棋でも、将棋纂図部類抄を参照して前付けを書こうと
したが、

書く内容が、特段無かった為

何も書かずに、いきなり大大将棋図を書いたからだと、私は
思う。
 そのためセクション名の後、いきなり図版の大大将棋図式
に、大大将棋だけなったので、うっかり雑芸叢書の編集者に、
間違えられてしまったという訳なのであろう。
 なお、題目で”縦横各17目”と、盤升目の内容が付いて
いるが、この表現は”目”の文字が有るという点で、

将棋纂図部類抄と、将棋六種之図式は同じ

と、当方は認識する。”目”は、交点置きを連想させるが、
図では升目の中に駒名が書いてあるし、”1目2目はヲトラ
ズ”等と表現するとき、交点置きの盤を使っている事を示し
て居無いから、この表現で”大大将棋を囲碁のような、交点
置き将棋具のゲーム”とは、言えないだろう。よって、

高見友幸氏が問題にしている棋書が、残念だが不明

という事になってしまうのだが。
確かに、将棋六種之図式については、大大将棋だけ、書籍の
文書フォーマットが、雑芸叢書に納められている物は、少し
変なことは確かなようである。(2019/01/29)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

車の実用品は日本に7世紀から有る(長さん)

前に、西暦1977年の文献である、ものと人間の文化史23-
1将棋Ⅰ、増川宏一氏、法政大学出版局の記載に基づいて、本
ブログで”日本で牛車や、乗り物の車が良く知られるようになっ
たのは、10世紀頃の平安時代であり、車駒が伝来しても、そ
れまでの日本のゲーマーには、車という単語自体も、ピンとは
来なかった”はずだとの旨述べた。
 しかしながら最近、今世紀に入り西暦2002年、”奈良県
桜井市の小立古墳で、車の車輪の木製遺物が出土している”と
の、考古学情報を見つけた。紹介者は奈良県の、
桜井市教育委員会(当時)の村上薫史氏である。
 村上氏によると、この車輪は7世紀後半から末の、藤原京
時代のもので、今の山車に使われる車輪の構造と、余り変わり
が無いとの事である。

7c車輪.gif

 従って、本ブログの”車”の日本での普及年に関する内容は、
最近の考古学上の認識からは、

誤りだった

とみられる。日本で囲碁の記録が始めて現われる、7世紀の、
後半頃以降は、たとえば東南アジアの原始的な象棋、イスラム
シャトランジ等が、日本に漂着すれば、

日本人には、”車”という言葉自体の意味は、ほぼ判る状態

だったようである。謹んで訂正したいと考える。
 よって、車駒の入った10世紀までの象棋類について、日本
に記録が無いのは、

車駒の動かし方ルールに起因するゲームの性能の問題であって、
駒名の意味の問題では、ほぼ無い

と、私にも考えられるようになった。(2019/01/28)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

持駒ルールの有る朝倉小将棋型中国シャンチーゲームを作成(長さん)

前に、取捨て将棋は、持駒ルールが無い分、個々の駒の性能
が強化されており、取捨て将棋類に、更に持駒ルールを導入
するには、個々の駒の動かし方ルールの弱体化が必須と述べ
た。具体的なゲームとして、西洋チェスを例に説明した。
 今回は、別の取捨て将棋として、これも代表的な、現代
中国シャンチーについて、持駒ルール化の別の例として示す。
ただし、西洋チェスとはパターンを変え、守りを強化すると
いう方法で、持駒ルールを入れても、攻守パランスが取れる
ようにする。中国シャンチーが例として相応しいのは、九宮
の導入、玉駒通しが直射できないというルール、玉駒の八方
隣接升動きから、縦横4方連接升動きの改善で、パランスを
とり、ゲームとして完成されているからである。
 今回は、玉駒を八方動きさらには、龍王動きにしてから、
象/相を太子化するという、持ち駒ルール有りの朝倉小将棋
方式にして、中国シャンチーを持駒ルール化した例を示す。
駒の初期配列は、この形だからシャンチーはゲーム性能が出
ているのであり、基本的に変えない。変える余地があるのは、
中央の玉駒、士/仕駒、象/相駒の、駒の動かし方ルールだ
けだと考えられる。
 具体的には、玉駒である帥/将と、象/相の駒の動かし方
ルールを次のように変えた上で、持ち駒ルールで指す。
帥/将:現行の嗔猪の動きではなく、龍王の動きとする。
盤面自由に行け、動き先は九宮に限定されない。九宮自体を
使用しない。なお、帥/将同士は対面しても良い。ただし、
そうすると対面させた方が、相手の帥/将で、取られる。
帥/将だけ、この将棋では取り捨てで再利用できないとする。
象/相:現行の2升目だけに限定された、斜めへの走り
(塞象眼ルール有り)を止め、自陣では日本将棋の酔象、
相手陣では必ず、太子の動きになるとする。すなわち、
通常のシャンチーと異なり、相手陣に出入りしたり、持ち駒
ならば、打つ事も可能とする。また、相手陣内でこれらの駒
が有る時、日本の将棋の太子や王子同様、帥/将が取られて
も、負けにならないとする。ちなみに、相手陣から自陣に戻
ると、日本の将棋の太子と異なり、酔象の動きと、働きに、
戻ることとする。繰り返すがこれらの駒は、持ち駒として、
再利用できるものとする。
なお、九宮が無くなるので、士/仕もルールが変わる。
士/仕:動きのルールは士/仕のままだが、盤の何処にでも
移動でき、また、何処にでも持ち駒として、打てる。
 なお、中国シャンチーには、兵/卒だけ成りのルールがあ
る。成りのパターン自体は、通常のシャンチーの河を基準と
するルールとして、歩兵の成りのルールについて、次のよう
にする。
兵/卒:自陣では前に一歩、相手陣では、前に一歩と横に一
歩進める。持駒として打ったときには、相手陣に打つと、
移動しなくても、相手陣の動きの駒になっているものとする。
 次に、今回のメインの変更である、持ち駒ルールについて
示す。今回は、

持ち駒は、帥/将以外の全てについて、持駒に出来、持駒を
打つ際、禁止手は全く無しにする

とした。兵/卒は縦に幾つでも打てるし、それで、相手玉・
太子駒を詰んでも良い。
 最後に問題になるのは勝ち負けの決め方だが、

 盤面に、帥/将、及び/又は、相手陣に象/相が、全く無
くならない限り、負けになら無い

とした。相手がうっかり、持駒として象/相を温存させる、
ポカをやらない限り、相手の帥/将、盤面に合計4枚有る、
象/相を全部奪わない限り、勝負は続けられるとした。
 実際に一局指して、終局になった例を以下に示す。

シャンチ持駒.gif

盤面、向こう側が帥軍、こちら側が将軍であり、向こう側が
先手、こちら側が後手である。駒の色は、持駒ルールにより
入れ替わっていて、

駒の向きでのみ、敵味方は区別され、色はバラバラになる。

帥/将駒以外単色の、象棋駒を使うべきだったろう。
 局面は、先手向こう側、帥軍の勝ちである。詰みは、囲碁
盤の表記で言うと、4の五の位置にある、将軍の相駒(元々
は、相手から取った持ち駒)が、追い返し詰みになっている。
なお、終局時点現在で玉の働きをしている玉駒は、図の黄色
の輪のある”相”の駒である。持ち駒台には、取っても再利
用しない帥/将駒も、この写真のケースでは置いてある。
 形勢は2転3転し、最後の帥軍の盛り返しにより押し切ら
れた感じで、戦術的な敗因は、はっきりしない。
 このゲームは、恐らく日本将棋の持駒ルールに慣れた方が
行うと、比較的簡単な寄せの、数回の繰り返しという感じの
ゲームになるとみられる。

帥/将は、シャンチーの九宮から出られず、対面も禁止され
た嗔猪動きから、龍王の動きに大幅強化されているが、持駒
ルールの存在による、攻撃力の増加は、それに勝るもの

である。続く、太子駒の寄せと言うべき、相手の象/相の、
自陣内での寄せも、動きは玉将で龍王よりも弱体化してい
るので、相手は安全な地点に打駒をしたものを、更に詰める
形になるとしても、寄せるのに、大きな努力が要るわけでも
ない。
 よって、攻守のバランスは、

私にとっては、持駒将棋の寄せが象/相が複数個存在するた
め続くので、大いに守備力が有るように感じられたが、持駒
ルールに堪能な方には、長手数かかるが、やや単調なゲーム

と感じられるのかもしれない。上級者には

玉駒が複数有るので、両取りが生じ易かったり、相手陣に、
押し戻しても象/相は、玉駒の資格が消失するという、この
ゲーム特有のルールを楽しんだり、太子駒を打つ際の打ち所
や、タイミングの面白さを、多少楽しんで貰えれば、それで
良い

といった所だろうか。
 蛇足だが、相/象のルールを大きく変えてしまったので、
このゲームは、朝鮮チャンギから出発したとしても、大差が
無いように思える。特に兵のルール差や、象/馬の入替えルー
ルの有無は、攻守バランスに大きな影響は、たぶん及ぼさな
い。ただしチャンギの包が、空升目へ跳べるために、中国シャ
ンチーの砲より、持ち駒ルールの場合はだいぶん強力だ。
だから、攻守のバランスがとりやすいという意味では、
持ち駒化の出発ゲームを、中国シャンチーにした方が、
朝鮮チャンギにするよりも、ゲームデザインが、少し楽な気
がする。
 何れにしても、中将棋は、たまたま材料が思いつかなかっ
たが、チェスやシャンチーについては、持ち駒ルール化のた
めの、アイディアに気がつく事自体には、さほど苦労は無い
ようだと考える。(2019/01/27)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

獅子駒の動きを変化させる獅子に関する特別な規則はなぜ無い(長さん)

前に、先獅子の規則と、足または繋ぎ駒という語が、同時には
出てこない、中将棋の獅子に関する特別な規則の、同等ルール
への変更について述べた。
 やり方は、とにかく獅子の動かし方のルールについて、相手
の獅子を取るときだけ、性能が落ちるとようにした、というも
のであった。
 具体的には、以下の獅子の行き所で、田はいままでと同じだ
が、口の位置で、相手獅子を取る手を禁手にするという、特別
な規則であった。

2.1(自陣奥から数えて、1~6段からの獅子)
口口口口口
田田田田田
田田獅田田(獅子自身の位置にも戻れる。)
田田田田田
口口口口口
2.2(自陣奥から数えて、7~12段からの獅子)
口口口口口
口田田田口
口田獅田口(獅子自身の位置にも戻れる。)
口田田田口
口口口口口

今回は、前回不明としたが、そもそも中将棋が発生してから
長ければ約700年の間、上記のルールの獅子に関する特別な
規則が、記録されていないのは何故なのかを、論題にする。
 結論をいつものように、先に書く。

易学の”九星占い術”が、近世までたいへん強く、中将棋盤を
中央で切るという、ルールが発生し難かったため

であろうと見る。
 では、以上の結論に至る経過ついて、以下に説明する。
 一番簡単なのは通常の、”獅子を取った次の手で、繋ぎ駒で
取り返せるときには・・”という形式の、従来の中将棋の獅子
に関する特別な規則と異なり、具体的にこの変更で、ゲームに
難が生じる事があるという理由が、まず当たり前に考えられる。
 たとえば、この新しい獅子に関する特別な規則では、先手の
獅子は6段目に上がれるが、それに邪魔されて、後手の獅子が
6段目に上がるのは、より難しくなる。
 ただし、通常の中将棋でも、先手は6段目に獅子を上げやす
いが、後手は初期配列から、いきなり6段目には、上げにくい。
ところが、

中将棋には、龍馬、飛車、竪行といった走り駒が歩兵のすぐ下
段に居るため、高延びした獅子に、当たりが付き易く、先手6
段獅子の位取りは、長くは続かない。

 他方、実際に駒を並べてみれば判ると思うのだが、上記のルー
ルの獅子は、6段目に獅子を置いた状態で、左右に動ける点が、
通常の中将棋とは少し違う。しかし、その場合も、

相手の走り駒で狙われる事には、この場合はほとんど差が無い

のである。つまり、

上記のルールに難が有る局面を、具体的に作り出すのは難しい

という事である。

だから、このルールでは、

ゲームに難が有るから、このような形式の、
獅子に関する特別な規則が、出来なかったとは考えにくい

という事が、ざっとだが、調べてみると判る。
 だから知っていても、このようなルールにする別の難が有る
と考えた方が、尤もらしい事が判る。
 そこで、通常の獅子に関する特別な規則と、今回本ブログの
管理人が考えた、獅子に関する特別な規則との違いは、

中央のラインが、獅子の動かし方ルールの変わり目を決める
境界線に、本ブログの新ルールの場合だけがなっている

という点に有ると、考えられた。つまり、”6段目まで同じで、
7段目から変わる”という形式のルールは、少なくとも中世の
中将棋の棋士には、導入が好まれなかったという事だろう。
 その理由としては、本ブログで既に述べたように”中将棋の
12升目は、4升目づつ分けて、全体を9つの領域にする、中
国易学の9星占いに因む”との論の影響が強いためである。
つまり、

中将棋の盤の真ん中に、なんらかの印を付ける必要の有る、
本ブログの形式のルールは、考えた人間が、仮に過去本ブログ
以外に居たとしても、採用されなかった

と見られるという事であろう。
 ちなみに盤の行が偶数で、中央ラインが、何らかの意味で、
駒の動かし方ルールの、変わり目になっているというゲームと
しては、言うまでも無く、シャンチーがある。シャンチーでは、
中央の河を渡ると、歩兵が横に1歩、寄れるようになる。
 だから、中国9星占いが、日本の中世、中将棋を指す上流階
級の間で強かったとしても、シャンチーが流行っていたなら、
本ブログのような、獅子の動かし方変更は、もしかすると、可
能だったのかもしれない。恐らく、南北朝時代から室町時代の
前半については、大陸の象棋類は、中将棋指しの間では、たま
たまだろうが、余り流行らなかったのであろう。
 理由は良く判らないが、ひょっとして、その頃伝来した、
朝鮮広将棋が、普通のシャンチー・チャンギと違い、”出来が
悪い”と日本人貴族等に認識され、それが、大陸のゲームの
評判を一時的に落し、シャンチー式のルールの導入に対して、
ネガティブに働いたのかもしれない。
 何れにしても、その時点で完全に日本文化化した、陰陽道、
易学は、中世の中将棋棋士には、

今では想像もできないほどに、信仰されていた

に違いない。いまでは、宗教施設で宣伝も兼ねて使われている、
占いを散りばめた近世までの”暦”に書かれた、9星占い系の
占いの内容は、中世の将棋棋士にとっては、絶対に信じるべき
情報だったのであろう。
 そのため、

中将棋盤のニ分割化は考えられなかった。

 その影響で、中央で獅子の動きのルールを変えても、獅子の
互い取りを少なくする事はできたのだろうが。実際に残ったの
は現行の”次に相手の駒で取り返せる、互い取りが発生する、
局面のときには、獅子を獅子で取るのは禁止というルール”
だけだったのかもしれないと、思われる。逆に言うと”現在に
残る獅子に関する特別な規則は、その内容が、中世の日本人の
文化思想を、濃く残しているという点で、重要に歴史情報を
含んだものであると、考えられる”と言う事になるのだろう。
(2019/01/26)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中将棋の獅子に関する特別な規則を繋駒の語が無い形に変えた(長さん)

前に述べたように、獅子に関する特別な規則には、合否判断が
難しくなるケースがある。一番簡単な例は、先獅子の規則が
ありながら、繋ぎ駒とか足と言った用語で、合否を決めている
ので、繋ぎ駒とか足とかのルールに該当する駒で、獅子を返し
取りする獅子を討つ絡みの手を指すときに、何処までの範囲で、
先獅子の規則が適用されるのかが、線引きがはっきりしない点
を突く方法である。
 そこで今回は、獅子に関する特別な規則は悪い規則と決め付
けた上で形を変えて、

中将棋がつまらなくならない範囲で、同じような別の規則の
中将棋で、普通の中将棋と同じように指せないのか

を検討してみた。
 答えを先に書く。
1.先獅子の規則は、相次いで獅子を取るときには、例外なく
適用されるとし、繋ぎ駒とか足とかいう用語が、ルールブック
に、先獅子の規則に関して全く現われないようにした。
2.自陣より6段目を境に、獅子の動きのルールを変える。
2.0 獅子以外の、通常の駒を取る場合は、今と全く同じ、
    24升目の中の相手駒が、場合により2枚まで取れる。
2.1 自陣の最奥から6段目までは、獅子の場合だけ、相手
    の獅子は最前列と最後列の10升目では、いつも取れ
    ないとする。中間3列の、合計14升目であれば、そ
    の中に有る相手獅子が、通常の獅子のルールで、足の
    ある獅子等の禁手は全く無しに、元々の獅子の動きの
    ルールで、味方の獅子で取れる。
2.2 相手陣に近い、下から数えて7段目から12段までの、
   6段の中では、隣接8升目の中に入った、相手獅子しか
    獅子についてだけ、いつも取れないものとする。その
    他の点については、2.1の場合と様子が一緒である。
つまり、2.1と2.2は、図に書くと、次のようになり、獅
子同士は、攻めるよりは、守りがわずかに強くなる。
2.1(自陣奥から数えて、1~6段)
口口口口口
田田田田田
田田獅田田(もともと2歩動け獅子自身の位置にも戻れる。)
田田田田田
口口口口口
2.2(自陣奥から数えて、7~12段)
口口口口口
口田田田口
口田獅田口(もともと2歩動け獅子自身の位置にも戻れる。)
口田田田口
口口口口口

口:行けるところ。通常の相手駒なら取れる所。田の位置の
  獅子が邪魔なら、跳んで行っても良いが、返しで取られる。
 なお、踊り型の2歩動きである事には、なんらの変化もない。
田:行けるが、ここに居る相手駒が獅子の場合にだけ取れない。
 なお、踊り型の2歩動きである事には、なんらの変化もない。

 先獅子の規則が強くなったので、獅子を取られる手は、指す
と、この中将棋では、とても不利である。
 実際にこれで一局さしてみた例で、獅子同士が互いに、すり
抜けて、相手陣まで進んだ局面を以下に示す。

特別則変更中.gif

なお、この局面は既に終盤で、この後、写真のように先手が、
▲8五角鷹と寄り、以下△10十二角鷹(先に王手)▲6十一
玉将△6八獅子とした後、▲10三奔王の守り”奔王を出す手”が
この場合には失着で、後手が勝った。結果から見ると、

相手獅子は、獅子を繰り出すのに、通常の中将棋よりも、すこ
し邪魔な感じはする。が、獅子しか、駒が無い訳ではないので、
大きな問題は、1~2局指したくらいで、簡単に判る程度に、
出るようには、とても思えない

という結果だった。
 むろんこの変更でも、獅子に関する、上記のような、別の特
別な規則については、ルール上の問題は出ないと、今の所完全
には保障は出来ない。しかしながら、

取り返される場合はその手が指せない

という形式に、中将棋の獅子に関する特別な規則のルールブッ
ク形式が、それほどまでにコダワる理由が、本当にあるのだろ
うかと、私が今回、疑念を抱き始めた事だけは、確かである。
 なお鎌倉時代末期又は南北朝時代に、神奈川県鎌倉市御成町
の、今小路西御成小学校遺跡ゲームセンターで、獅子に関する
特別な規則の問題からと見られる、刃傷沙汰が、気の荒い鎌倉
武士同士で発生したと、よみがえる中世3武士の都鎌倉にある、
今小路西鎌倉市福祉センター遺跡出土中将棋木札の記載から見
て推定される。木札は鎌倉市役所から紛失した事もあり、正体
の正確な解明が難航している。が、上記のような類の対応をせ
ずに、獅子に関する特別な規則と獅子駒の使用を停止して、
狛犬駒の使用に変えるという選択を、ゲームセンターの鎌倉時
代末期または、南北朝時代の当時の管理人が、したと見られる
理由は今の所謎である。この点について、次回以降に考えたい。
 蛇足だが、獅子に関する特別な規則を、テスト試合で4項目
のうち項目により、一部を制限したという例は聞くが、大幅に
改善するという動きがあると言う話は、少なくとも、第二次世
界大戦から今までの間について、歴史的には恐らく全く無く、
先行研究例を指摘するのは困難とみられる。(2019/01/25)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

酔象が朝倉小将棋等、今の七方動きになったのは何時からか(長さん)

あくまで本ブログの仮説だが、酔象は平安時代の西暦1110年
頃に、一旦原始平安小将棋から消えた後、西暦1250年頃に、
鎌倉時代の親王将軍の頃に、プレ普通唱導集大将棋で復活したと
見られている。その当時の動きは、

シャンチーの象/相と同じ

とみる。根拠は普通唱導集の大将棋の第2節が、チャンギと
シャンチーの戦法と類似で、日元貿易等により、大陸のゲーム
情報の、日本の将棋デザイナーへの、伝来があったと推定される
からである。
 ただし、現在の酔象は、良く知られた、後退できない隣接升目
7方向動きであるし、中将棋が成立し、その中に含まれていた
酔象は、現在の動きとみられる。理由は、最下段の副将であるか
ら、玉将類似の動きが、相応しいからである。そこで、今回は、

酔象が今の動きになったのは、南北朝時代、西暦1350年頃の、
中将棋の成立と同一なのか、それより前なのか

とする。
 回答を先に書く。

普通唱導集時代の末期、鳳凰の斜め動きが、制限走りから跳びに
変わった、西暦1350年よりも少し前であり、中将棋の成立よ
りも、やや早い

とみる。
 では、以下に説明を加える。
 根拠となる史料は、安土桃山時代の水無瀬兼成の将棋纂図部類
抄しか、今の所無いと見られる。
 なお、さいきん本ブログによっても確認された、
神奈川県鎌倉市御成の今小路西鎌倉市福祉センター遺跡中将棋
木札に、酔象の言及が無いのは、一応そのためともとれる。
 しかも、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄で該当するのは、

水無瀬が猛牛を踊り駒と見ているらしい、驢馬に関するルールと、
”鳳凰の斜め動きは跳びであり、飛龍とは違う”という主張、
そして、麒麟の前後左右跳びについては、全く言及していない

という点、以上の事実だけである。なお、麒麟に言及していない
のは、水無瀬が有る程度、普通唱導集時代の大将棋の駒の、動か
し方のルールに関する、”麒麟は元々踊り駒”という記憶の、
痕跡を残している証拠と、本ブログでは見る。
 そこでこれがどうして、酔象のルールの歴史と結び付くかだが。
本ブログが、

シャンチー型の動きだった酔象の斜め動きと、鳳凰の斜め動きは、
普通唱導集大将棋では、何時の時代も同じに推移した

と、仮定している事から来ている。つまり、”鳳凰の斜め動きは
跳びであり、飛龍とは違う”という主張は、”酔象の斜め動きは
跳びであり、飛龍とは違う”という主張と、鎌倉時代まで遡ると
ほぼ同じと、見なしてよいのではないかとの考えを、出発点にし
ているのである。
 そこで、次に重要な推定仮説は、

シャンチーの塞馬脚や塞象眼は、チャトランガが直線的に日本に
伝来したために、桂馬の動きのルールに、取り入れられた事が、
ほぼ無かった

という点である。これは、普通唱導集大将棋第2節の右桂馬が、
もし塞馬脚があるとすれば、右仲人を支えるように跳ぶのに、
飛龍が邪魔なはずなのに、実際には堅行の元位置に跳んでいる事
から確定できる。
 つまり、

シャンチーの象のルールを酔象に充てると、日本流の桂馬のルー
ルと、明らかにチグハグになる

のである。そのため、普通唱導集大将棋の時代の最末期、西暦
1350年より少し前頃に、この点が問題になっただろうとは
想像できるように思われる。

ところで、本ブログによれば、それまでの普通唱導集大将棋の、
2段目2升目行き駒のルールは、次のようになっていたと見て
いる。

麒麟:猛虎の2回動き、1回目で止まれる。自駒跳び越せず。
2歩目90度屈曲。
酔象:シャンチーの相/象。塞象眼有り。
鳳凰:シャンチーの相/象。塞象眼有り。これに加えて嗔猪動き。
猛牛:酔象の斜めを前後左右に交換。塞象眼有り。
飛龍:角行の走りだが、1升目では止まれない。塞象眼有り。

 なお、飛龍のルールは、二中歴の大将棋ルールの、飛龍の駒の
動かし方ルールで、”超越”を、”(一説に)遠くへ行く事”と、
稀に大型の漢和辞典や大型の国語辞典に出ている、古い用法だと
本ブログで解釈し、鎌倉時代にはその意味に取られていたと見た、
本ブログ独自の仮説である。

このように仮定しないと、以下の議論は、成り立たないのだが。

 ルールは以上のようだとして、恐らく、西暦1350年の少し
前に、駒の動かし方について、人間の頭数が少なくなった大将棋
の棋士たちが議論したのは、

塞象眼ルールは無くして、全部、桂馬流の跳びで統一しよう

という事だったのではないか。
 そうすると重要になるのは、特に飛龍のルールであり、

角行の走りだが、1升目に自駒が居ても跳び越せ、そこでは止まれ
ないが、更に向こうに走るという、ルールになってしまう

という事だったに違いない。そこで、
飛龍は、2升目先で停止させ、無限走り駒から、2升目跳駒に変え
ようと言う事になり、

飛龍のルールが角行類似で無くなったのも、西暦1350年より、
少し前と見られる。

だが、今度はそうすると、

酔象のルールと、同じになってしまった

のだろう。水無瀬兼成の”記憶の痕跡”では、鳳凰と飛龍の斜め
動きの話に、あいまい化してしまったのだが。ほんとうは、

旧酔象の動きと、飛龍の動きが、完全に同じになる事

だったのではないか。つまり、塞象眼を止め、跳び型に仮に変える
と、次のようになるからだ。

麒麟:前後左右跳び。塞象眼無し。これに加えて斜め猛虎。
酔象:斜め跳び。塞象眼無し。
鳳凰:斜め跳び。塞象眼無し。塞象眼無し。これに加えて嗔猪動き。
猛牛:前後左右跳び。塞象眼無し。
飛龍:斜め跳び。塞象眼無し。

なお、麒麟と鳳凰は一対だったので、同時かどうかは謎だが、動き
のルールを、この頃、同一形式に直したに違いない。しかしながら。
一時期こうしたのかもしれないが。酔象と飛龍のルールが、全く同
じになってしまうのが、棋士の間で、気になったのだろう。

 後ろの升目に、玉将が居る事もあり、太子に近い動きの、後退で
きない隣接七方動きの、今の酔象の動きに、たまたま最末期の
普通唱導集大将棋の時代に、酔象を変えたのではなかろうか。

 当然、この変更は、中将棋で、玉将と酔象を並べるのには、都合
が良かったし、少し後に、猛虎を盲虎に変える口実の一つにもなっ
たのだろう。なお、麒麟には最初から獅子に成るという性質があり、
獅子のルールは、発生当初から、旧麒麟の動きの、猛虎→玉将変換
であって、以下の一番下の形と見られる。

麒麟:前後左右跳び。塞象眼無し。これに加えて斜め猛虎。
酔象:隣接升目へ行くが、後ろへ後退でき無い。小駒。
鳳凰:斜め跳び。塞象眼無し。塞象眼無し。これに加えて嗔猪動き。
猛牛:前後左右跳び。塞象眼無し。
飛龍:斜め跳び。塞象眼無し。
獅子:玉将の2回動き、1回目で止まれる。自駒跳び越せず。

なお、安土桃山時代の水無瀬兼成の将棋纂図部類抄では、
麒麟が、”前後左右跳び。塞象眼無し。これに加えて斜め猛虎。”
の前が、”猛虎の2回動き、1回目で止まれる。自駒跳び越せず。
2歩目90度屈曲。”という、踊りの動きに近いルールから、来て
いるという歴史的事実が、たぶん記憶に有り、それが影響したのだ
ろう。一対の位置に”後期大将棋”で、入れ替えられたこともあり、
猛牛と飛龍、それに獅子のルールが、水無瀬の将棋纂図部類抄では、
踊り動きに、すこし後の鎌倉時代末期に、再度変更になった事を、
安土桃山時代後期に、麒麟についてはダンマリを決め込むという
事実と共に、痕跡として残していると見られる。つまりまもなく、
以下のようになった。

麒麟:前後左右跳び。塞象眼無し。これに加えて斜めに歩む。
酔象:隣接升目へ行くが、後ろへ後退でき無い。小駒。
鳳凰:斜め跳び。塞象眼無し。塞象眼無し。これに加えて前後左右
歩む。
猛牛:前後左右2升先踊り。隣接升目に行け無い。
飛龍:斜め2升先踊り。隣接升目に行け無い。
獅子:玉将の2回動き、1回目で止まれる。自駒も跳び越せる。
相手駒を中途取り自由。(隣接升目へも行ける、不正行度の踊り)

神奈川県鎌倉市御成の今小路西鎌倉市福祉センター遺跡中将棋木札
のルールは、狛犬・白犬も獅子型踊りの上記の時点程度のものであろう。
 更に本ブログの、西暦2017年型普通唱導集大将棋のケースも
以下に書く。

麒麟:前後左右跳び。塞象眼無し。これに加えて斜めに歩む。
酔象:隣接升目へ行くが、後ろへ後退でき無い。小駒。
鳳凰:斜め跳び。塞象眼無し。塞象眼無し。これに加えて前後左右
歩む。
猛牛:前後左右2升先踊り。隣接升目にも行ける。
飛龍:斜め2升先踊り。隣接升目にも行ける。
獅子:玉将の2回動き、1回目で止まれる。自駒も跳び越せる。
相手駒を中途取り自由。(隣接升目へも行ける、不正行度の踊り)

 現代流では、wikipediaで、隣接升目への猛牛・飛龍行
きが広報された事、及び猛牛が2017年型の普通唱導集大将棋(
本ブログ版)の初期配列で、同じく初期配列の飛龍の地点で止まれ
るように、踊りを金剛力士型から、狛犬型に本ブログが変更した。
 つまり、元に戻ると、

中将棋の成立で、酔象が変わったのではなくて、最末期の普通唱導
集の大将棋の時代に、麒麟・鳳凰の動きを整備したり、桂馬と動き
のルールが、同類になるように調整したときに、酔象は今の動きに
変わった

のではないか。水無瀬兼成の、鳳凰と飛龍とのルール比較に関する、
”怪しげな書き方”から察して、以上のように、本ブログでは考え
る。京都の上久世遺跡の出土駒が、本当に酔象なのかどうかは、さ
いきんでははっきりしなくなったが。仮にこの駒が酔象だとしたら、
その動きが、今の酔象の動きになった、最古級の駒に違いないと
本ブログでは考る。京都市の上久世将棋駒情報のさいきんの希薄化
は、誠に残念な事態だと思う。(2019/01/24)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天竺大将棋の最前列はなぜ”犬”か(長さん)

良く知られているように、日本将棋より駒数の多い日本将棋の
最前列には、”でっぱり”がある。そのうち、平安大将棋、
中将棋、後期大将棋、摩訶大大将棋、泰将棋、大局将棋につい
ては注人か仲人が有るため、歩兵の段のもう一段上に、1~2
枚ないし、それ以上の仲人駒が有るため、そうなっているので
ある。でっぱりは、日本で使われた戦陣マークに合わせる為と、
本ブログでは前に説明した。
 他方、犬系の駒が、最前列に並ぶ将棋もある。大大将棋が
代表で、天竺大将棋と大局将棋の最前列にも、犬駒がある。
このうち、大大将棋の成立が、戦国時代末期頃であり、近世に
成立がヅレ込むのではないかと疑われる、天竺大将棋と
大局将棋よりは早い。後2者は、大大将棋の例に倣ったと、
推定される。
 ただし、仲人、犬の両方がある大局将棋は別として、

天竺大将棋には、これが仲人を最前列駒とする中将棋の拡張と
みられるために中将棋では無くて、大大将棋に習った理由が謎

という問題が残る。今回は、この天竺大将棋が中将棋に習った
将棋のように、いっけんして見えるにも係わらず、最前列が、
仲人で無い理由を、論題とする。
 回答を先に書く。

角鷹および飛鷲を、天竺大将棋では最前列にもってきており、
かつ、これらを前方跳びまたは踊り駒としたため、鷹狩りと
犬追いを対に見立てて仲人を、犬に変えたと考えられる。

では、以上につき説明する。
 そもそも、大大将棋で最前列を畸(奇)犬にしているのは、

武家の犬追い遊戯に因んだもの

だと考えられる。武家が頻繁にする遊びなので、歩兵駒の前に
犬を置いて、将棋が武家の遊びという雰囲気を、かもし出すた
めのものだろう。
 ただし、中世には争議で、中世幕府の管轄の調停者が、絡む
という習慣のイメージが強かったので、仲人が普通だったのだ
ろう。中将棋と後期大将棋、摩訶大大将棋の最前列駒が、仲人
なのは、そのためだとみられる。泰将棋は水無瀬兼成の作であ
り、水無瀬は中将棋・平安大将棋を重く見ていたから、泰将棋
では仲人の方を取り、畸(奇)犬は、端列に移動させたと見ら
れる。
 それに対して、天竺大将棋の作者は、角鷹と飛鷲を元駒とし、
歩兵のすぐ下の段に置いた。そのため、

角鷹、飛鷲はジャンプするので、直ぐに歩兵前に出られた。

恐らくだが、誰かに、武家の鷹狩りの雰囲気が良く出ていると、
デザイナーは、褒められたのだろう。そこで、悪乗りして、

犬追いのイメージの出る、大大将棋の前列パターンを選択した

のだと私は思う。なお、大局将棋も、おなじ性質があり、天竺
大将棋成立期に近いため、大橋家関係者だとみられる、大局将
棋の作者は、経緯を知っていて、大局将棋の最前列には、仲人
だけでなくて、犬をも置いたのだと思う。なお、厳密に言うと、
大局将棋では、角鷹は直ぐに出られるが、犬と仲人が、飛鷲の
前出しの邪魔である。また、角鷹・飛鷲が走る上に、大鷹・
大鷲という、制限のない無限跳び越駒に成るので、玉駒が2つ
有っても、初期陣に隙間のない大局将棋では、指し始めから
局面は、おおいに緊迫した状態である。
 また、そもそも犬の使い始に少なくとも近い、大大将棋で
仲人を止めたのは、新しい駒名が多い、書道の手本としても使
える将棋を作ろうとした、大大将棋のデザイナーの特別な事情・
意図もあろうかとみられる。
 以上のような経緯と、仲人の役割が、合戦が無くなった近世
には、はっきりしなくなったのが主な原因で、犬追いの犬が、
その地位に、進出して来たのだろう。
 つまり、天竺大将棋は近世に近くなってできたのと、たまた
ま、中将棋の成りにしかなかった、角鷹・飛鷲を、歩兵下列に
置いたために、デザインされてまもなく、最前列が仲人から、
犬に変わったのだと、私は考えるのである。(2019/01/23)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クレイジーチェス(ハウス)の一種を本ブログも試作してみる(長さん)

前に、中将棋の持ち駒将棋化は、獅子に関する特別な規則の有る、
獅子の攻撃力が強すぎて攻守バランスが取りにくい事、後期大将棋
の持ち駒将棋化は、袖の小駒の駒余りのために、やはり良いゲーム
を作るのは困難であると述べた。
 以上の印象からだと、既存の取り捨て将棋型ゲームには何か、
持ち駒ゲーム化に、難が有るというように見えるかもしれない。
そこで、今回はクレイジーチェスの存在で有名な、西洋チェスを、
持ち駒ルールにしてみて、以上の疑念を晴らす事にした。
 なお、不完全な情報により、クレイジーチェスは、単なる従来の
チェスへの、持ち駒ルールの導入と聞いている。たぶん、そうする
と、攻撃力が防御力に対して強くなりすぎて、ゲームとしては全然
駄目なのは明らかだ。そこでここでは、そのような先行例が、ある
事は有るとして、実際の対局の様子の紹介は、特に控えることにし
よう。
 下の写真を、最初に見た方は判ってしまったかもしれないが、
1.個別の駒の成りのルールを、日本の将棋並みに複雑にする事
2.持ち駒ルールの将棋は、敵味方が駒の色で区別されておらず、
 駒の向きで、それを示した方が使いやすいため、

以上の1と2の理由から、日本の将棋駒をチェス盤に置いてテスト

している。
 結論から述べると、

中将棋や後期大将棋と異なり、西洋チェスには、持ち駒ルール化
する旨い手が有り、大成功

だった。タネも最初から明かしてしまおう。

クイーン・ビショップ・ナイト・ルークという名の元駒を、それら
の成りの駒、に事実上移行させてしまい、それらの駒の動かし方の
ルールを成り駒とするような、元駒を初期配列にもってきて、元駒
の性能を大きく減少させ、持ち駒ルールの導入による、攻撃力の大
きな増加を、打ち消してしまうという方法

があるのである。なお、そうすると本物のチェスと違って、ポーン
以外にも成るので、日本将棋の駒で代用した方が、いっそう便利に
なる。ともあれ。
 駒の動かし方のルールを、具体的に示した方が判り易いだろう。

キングは、玉将と同じだから、そのままとして。
クイーンは、奔王の動きであるから、奔王に成る鳳凰に置き換える。
ビショップは角行の動きであるから、角行に成る猛豹に置き換える。
ナイトは八方桂で苦しいが、和将棋・大局将棋の天馬の動きを、
八方桂に変えた上で対応させ、天馬に成ると称する、風馬と、
元駒ナイトを置き換える。
ルークは飛車の動きであるから、大局将棋の飛燕が飛車、和将棋の
燕羽が燕行に成るのに対応している。また、後者のケースは、飛車
と通称してしまいそうだが、正式な成り名は、燕行に直す必要があ
る。ただし燕行の名は馴染みが薄いという理由で、以下の説明では、
燕行を飛車で代用する事がある。なお写真で飛燕の動きを、本当は
羊兵であるが、今回は横行と、うっかり、勘違いしてこっちを使っ
てしまった。そのため、間違った横行動きの元駒を”飛燕”、成り
を”飛車”とした。写真も間違えているので、本当は”飛燕”では
なくて和将棋・大局将棋の”燕羽”が正しい。
ポーンは、2段目からの2歩動きは止め、ほかの点は西洋チェスの
ままにして、本当は犬兵という名前にする予定である。写真では、
指すとき、間違えないように注意しながら、歩兵のままにしている。
なお、初手2歩動きは無いので、経過捕獲は無しにした。クレイジー
チェス(ハウス)の、ポーン打ちルールと動きのルールは、犬(兵)
の名からは、想定し辛い”過重な複雑化”と、日本将棋の方が慣れ
た私は、個人的に、テスト段階では見た為である。また”底犬”も
打てないと、余り面白く無いとみた。すなわち”猛豹斜め下の底犬
は、岩より堅し”という格言は、無いより有った方が、面白いので
はないのだろうか。また犬兵の成りは、犬の成りが雑将(ぞうしょ
う)のため、金将ではなくて、そちらに変えた。ルールは、複雑な
ため、風馬といっしょに、後でまとめて書く。

以上の事から、初期配列は、以下の写真のようになる。手前が元駒
で、向こう側が成りである。なお、西洋チェスは、日本将棋と異な
り、点対称ではなくて、線対称に配列する。(後で写真を見たら、
誤って手前が後手、向こう側が白番先手になってしまっていた。)

クレージチェス.gif

つまり、こうすると、標準的なクレイジーチェス(ハウス)と違い

駒の性能が、全体として大きく減少するので、攻守のバランスが、
完全に取れる

のである。特に横行動きの、燕羽(飛燕と写真では表記)の、守り
の力が大きい。
 こうした上で、今回は、

最奥の段で、日本将棋と同様に成るという成りのルールを導入

すると同時に、打ち歩詰めと、行き所の無い地点での駒打ちを禁手
として、

日本将棋流の、強い持ち駒ルール(二歩またはニ犬は禁手にしなかっ
たので、更に強い)

を、クレイジーチェスの類として当然ながらそのまま導入してみた。
 なお、西洋チェスでおなじみの、
キャスリングは、玉将と燕羽(写真では飛燕と表記)の間で、同一
ルールで出来るとした。持ち駒チェスでは、囲いの中に簡単に移動
出来るようになる効果の事なので、通常のチェスよりも、
キャスリングが出来る影響は、更に大きい。
 スチールメイトは、持ち駒ルールなので、起こらないと見られる。
引き分けのままにした。

ところで、以上の説明では、風馬と、この将棋での雑将のルールの
説明が抜けている。

風馬は、大局将棋の風馬のルールと類似の、前走り、斜め前歩み、
後ろは隣升目へも移動でき、かつ今回は、1升目置いて向こうへも
跳べる”跳び越え駒”とした。
雑将は、前後は反車の動きだが、反車と異なり、相手の駒は取れず
に、移動できるだけ。斜め前は奔石のように走るが、相手の駒を取
るときだけ、動けるとした。後ろへ相手駒を取らない移動が出来る、
走るポーンとしている。この動きは、大局将棋の雑将の前後と斜め
前の4方向走りルールと、一応近似している。成ってクイーン化
するポーンは、持ち駒ルール化すると、明らかに攻撃力が、強くな
りすぎるので、このように調整した。

 以上のルールで、このクレージーチェスを一局指すと、以下の
終局状態になった。

クレージ終局.gif

 向こう側の先手(白)が逃げ間違えて、この局については詰んで
負けた。

 攻守バランスに関する結果をみると、

守備力が、ポーン打ち数ルールに制限が無い分、やや過多

だった。

一列に2つは無論、3つ以上でも犬兵が並ぶように指しても良いが、

持ち駒の犬兵を打つ、犬打ちのときだけ、三枚以上自分の側につい
て縦並びになるケースは打てない

特別な”三犬打ち”を禁手にすると、明らかにこのゲームは、攻守の
バランスがちょうど良い

事が判った。
 つまり、

西洋チェスに関しては、個別の駒の動かし方ルールが、元々強化さ
れるように進化したと、誰の目にも明らかなので、それを後戻りに
弱体化した上で、持ち駒ルールを導入する口実が、自明に存在する。

そのため、

持ち駒ルールの有るチェスは、作る事がさほど困難ではない

という事である。少なくとも中将棋で、持ち駒ルール版を作れない
のは、

獅子が強いが、たまたま攻撃力を相対的に守備に対して弱くする、
具体的口実が、簡単には見つからないため

だけだとみられる。(2019/01/22)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中将棋96枚制成駒4種だけタイプの制限持駒将棋のチェック(長さん)

前に、中将棋で獅子の位置が狛犬、鉄将が有って96枚、
成りは現代と同じで、5段目~8段目の相手の、走り・跳び駒
取りを掛けるときのみ、持駒を二歩を除いて自由に打てる、
持ち駒中将棋ゲームの一種を紹介した。オフェンスが、少し強
く、成りを水無瀬兼成の将棋纂図部類抄記載の後期大将将棋型
の、酔象、麒麟、鳳凰、歩兵の4種だけにする、改良が必要と
の結論だった。また、そもそも、

狛犬型中将棋は、獅子型中将棋に比べて、攻めが大味で、
獅子の中将棋に比べて、狛犬中将棋が優れるという可能性は
余り無い

との旨、述べた。
 そこで今回は、

成りを、後期大将棋、あるいは神奈川県鎌倉市の鎌倉の、
鶴岡八幡宮境内出土駒のパターンといっしょで、

酔象が太子、麒麟が獅子、鳳凰が奔王、歩兵が金将に成るだけ

に変え、

更に、狛犬駒を、獅子に戻して、さらには、獅子に関する特別
な規則も、通常の中将棋と同じにして、その上で、中段の相手
走り駒および跳び駒には、取りを掛ける目的で、持ち駒を二歩
にならなければ、自由に打てるという、制限持ち駒将棋を、やっ
てみたので紹介しよう。
 ちなみに駒の数は、前の狛犬中将棋と同じく、鉄将を猛豹の
位置に置いて、猛豹を一つ升目を上げた、96枚制で、
言うならば、鎌倉市御成町の、今小路西御成小学校遺跡ゲーム
センターに於いて、

鎌倉末期または南北朝期に、刃傷沙汰になった将棋の、制限持
ち駒ルールのゲーム

である。なお、獅子に関する特別な規則は、前に紹介した4条
タイプのものを用いたので、この将棋でも刃傷沙汰になる点は、
変わりが無いはずである。なお、防御力を増強させる必要が
有るので、この将棋でも、

”まうこ(盲虎))は、近くへ行くが、上はゆけぬ”とする。

 以下に、初期配列の写真を示す。

持駒中将棋96.gif

手前が、オモテ面の配列で、中将棋で猛豹が移動し、鉄将が有
るのがお判りだろう。向こう側が、ひっくり返した成り面を示
したもので、成る駒が4種類に限定されているのが、同じく判
るはずだ。
 この将棋を一局指してみると、以下のような終了局面になっ
た。この局面で、後手が勝ち。寄せ合いは激しかったが、中段
に走り駒を残してしまう、失策を先手がしてしまったため、勝
負が付いた。

持駒中96終.gif

 結果からみると、

この将棋は、攻撃力(オフェンス)が少し、強すぎ

であった。理由は、成りを弱くした分を、

獅子に関する特別な規則のある、獅子の存在が、帳消しにして
余り在った。

 調整するとすれば、盲虎と角行の間に、摩訶大大将棋の横飛
か、大局将棋で成らない横猪を入れて、仲人を抜いた、外見か
らして、普通の中将棋ではない、将棋に変えるしかなさそうだ。

獅子に関する特別な規則の有る獅子の存在する中将棋は、持ち
駒将棋化するのが獅子の攻撃力が強いために、調整が中将棋の
カテゴリーをはみ出してしまい多岐になり、その点で難がある

ようだった。
 我々が中将棋と、普通に認識する日本の将棋は、持ち駒ルー
ルにしにくい将棋で有る事が、私にも今回確認できた。
(2019/01/21)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

12升目96枚型狛犬中将棋に制限持駒ルールを導入してみた(長さん)

前に、現行の中将棋で獅子が狛犬に置き換わっており、獅子に
関する特別な規則の無い、神奈川県鎌倉市御成町で、鎌倉末期
または、南北朝期に、今小路西御成小学校遺跡ゲームセンター
にて指された、狛犬中将棋で、成駒が現代中将棋版、成り規則
が、現代に残る中将棋流のゲームを紹介した。取り捨て型のゲー
ムとしては、攻守のバランスが、取れたとしたものだった。そ
して、その少し前に、鎌倉市御成の今小路西御成小学校遺跡ゲー
ムセンターでは、猛豹の位置が1歩前で、猛豹の居る所に鉄将
がある、92枚型が96枚型である、更に初期の中将棋が、知
られていて、このルール変更を、”もっしひょうの駒の導入”
とゲーマーが評して、座が盛り上がっていたに違いないと、
指摘した。
 なお、テスト的に指すと、96枚から92枚制への移行は、
玉将を守る囲いが、強すぎる事を改善するためだと、判明した。
 逆に言うと、

取り捨ての状態で、守りが堅すぎる将棋は、持ち駒ルールの類
を導入すると、バランスが取れる可能性がある。

そこで今回は、余り出来の良く無かった、鉄将が存在して96
枚制の、取り捨ての狛犬型中将棋(鎌倉市御成町、今小路西
御成小学校遺跡ゲームセンターでの、鎌倉時代末期等における、
初期の中将棋の、成りの現代版)に、自陣下から数えて5段目
から8段目に存在する、相手走り駒ないし跳び駒に、それらの
駒の取りを掛ける場合に限り、二歩にならなければ、自由に持
ち駒が打てるという、制限型持ち駒ルールを入れてテストして
みた。
なお、鉄将の成りは、今回は金将にしてみた。以下結果を紹介
する。

狛犬中持駒1_20.gif

上の写真は、今述べた将棋の一局の終端状態(後手の負け)の
一例である。この一局は、中盤から先手が優勢で、終盤後手に、
守りのミスが出て詰んだ。結論を先に書くと、

上に述べた、制限された持ち駒ルールの導入で、私には攻守の
バランスが、だいたい取れているように感じられた。

よって、

持ち駒の有る、普通の日本将棋の強い方用には、更に僅かに
攻守のバランスが、守りに傾くように、再度調整が必要

だろうと、漠然と予想は出来た。
 具体的に調整方法としては、成りを同じく神奈川県鎌倉市の
鶴岡八幡宮遺跡の、”中将棋”駒の如くに、
水無瀬兼成将棋纂図部類抄の後期大将棋流に、成りは、
酔象の太子、麒麟の獅子、鳳凰の奔王の3種と、歩兵だけ金将
成りの計4種類に減少させて、あと不成りに変える方法が、最
も簡単だろうとみられる。
 なおゲームとしては、

普通の取り捨ての中将棋、13升目108枚制の普通唱導集
大将棋の取り捨て型ないしは、制限持ち駒導入型に比べて、少
し見劣りがする程度で、ソコソコのゲーム

となる。難点は、

狛犬の攻撃パターンが、やや大味な点

だ。これが、

ほぼ致命的

だと感じる。
 なお、先行研究の紹介が後になってしまったが、中将棋の類
で持ち駒ルールで指す先例としては、外国人が”日本の将棋は
すべて、持ち駒ルールであると、勘違いして指した、普通の
中将棋の棋譜”が、岡野伸氏の自費出版書、”中将棋の記録
(ニ)”に載っている。
 私はこの文献の将棋を、良くチェックした事が無いので、今
の所コメントできる立場ではない。
 中将棋の持ち駒将棋を、普通の日本将棋の制限のない持ち駒
ルールで指すとすれば、獅子を取って、玉将の1升目置いて向
こうの、玉将が最下段に居るなら3段目に指すだけで詰むので、
普通の打ち歩詰めや、行き所のない位置への打ち駒の禁止程度
の、制限の緩い持ち駒ルールで、かつ中将棋で、普通の持ち駒
ルールの将棋の出来の良いのを作るのは、たぶん無理だろうと、
個人的には思っている。大昔に、遊びで1局指した記憶がある
が、陣がキャシャすぎると感じた覚えが有る。
 今回のは、元駒の獅子は居無いし、王手走り駒取りになるよ
うに、相手が、お手伝いの手を指してくれないと、予め取って
おいたとして麒麟を、玉将が、即死になるようには打てない。
本ブログで今回公開した情報は、

外国人が知らないで指した、持ち駒ルール有りの中将棋とは
違って、ゲーム性能を考えてルール調整して、中将棋系のゲー
ムを、一種の持ち駒ルールで指してみた、以前には余り無い例

だろうとは思っている。結果は、平安大将棋属の将棋で、先行
して、まずまず、それよりも出来の良いのが完成しているが、
中将棋系では、今一歩というのが、”今日までの所”と言う事
になったという訳である。(2019/01/20)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大山康晴永世・岡崎史明プロ棋士は獅子の隣接升目止容認したか(長さん)

当方が、著作権が切れたら、直ちに広報したいと思うコンテンツ
は余り無い。だが、将棋プロの故岡崎史明氏が生前、古棋書編集
部の依頼で作成した、”中将棋の指し方(1970)”は別だ。
 特に”古来、中将棋には定跡がないといわれるが、定跡に似た
序盤の駒組みがあるし、心得も残っている。”の一節は、古来と
は、鎌倉時代末期から南北朝時代の事を指す、とみられるだけに、
この口伝は、極めて貴重だ。
 なお、このコンテンツは、基本的にルールブックなため、近代
の中将棋のルールと、本ブログで言うときには、web上の最近
の日本や欧州の情報は別として、この冊子位しか情報がない。
今回問題にするのは、冊子”中将棋の指し方(1970)”に書
かれた、中将棋のルールに関してで、特別な規則では無い、普通
の獅子の駒の動かし方ルールについてである。問題点は、簡単に
書くと、

狛犬の如くに、隣接升目でも止まれるのか

という事である。冊子の普通の獅子の駒の動かし方ルールについ
ての表現からは、

止まれないように取れるので、問題

なのだ。なお、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄を初めとして、
中将棋絹篩に至るまで、獅子は”1目・2目止まり随時”なので、

”中将棋の指し方(1970)”と記載が合っているものは無い。

通常は、岡崎氏の”この場合は出発して2駒目で止める。”は、
2枚取りを表現するために、書いたのだとして、無視されるし、
”①は居喰いできるところ。②は行けるところ。わが駒、敵駒を
とび越して行く。”は、①は居喰いできるところ、行けるところ。
の”行けるところ”が抜けていたと、解釈されているとみられる。
そこで今回は、そう解釈して”中将棋の指し方(1970)”は、
正しいのかどうかを、論題にしたい。
 最初に、結論から書く。

”中将棋の指し方”の、獅子の駒の動かし方規則部分の書き方は、
間違いである。この冊子の範囲でも、獅子は隣の升目で止まれる
と、解釈できる。

根拠も最初に書いてしまおう。

”中将棋の指し方”の第1ページ目に、先手岡崎史明将棋ブロ棋
士、後手大山康晴永世の、中将棋の指し掛け棋譜が載っている。
そしてその対局で岡崎プロ棋士は、5手目に、獅子を6八の位置
から6七の位置に、大山康晴永世は、24手目に、同じく獅子を、
7五の位置から7六の位置に、移動させている。だから昭和の中
期に、獅子の1升目止めが、少なくとも大山康晴永世と中将棋を
指していた仲間の間では、禁手と認識されていたとは考えにくい。

根拠だけ書いてしまえば、こんかいは余り書くことがないが、私
の雑感を、蛇足で以下書こう。
 岡崎氏は、角鷹と飛鷲のルールは、”1升目には踊れず”と、
江戸時代の中将棋ルール本と、同じに書いたように読めるのだが、
獅子も全く同じという認識が、どういうわけか、有ったのだろう。
獅子の説明のときに、表現の上で、勘違いしたと今の所私は推定
する。

獅子のルールの方を、大坂電気通信大学の、動かし升目数が定数
の踊り

と、説明文を書くときだけに、誤って書いているように読めると
言う意味である。
が実際に指す時には、1升目止め手を指しており、大山康晴永世
も、岡崎プロの着手を気にして居無いし、大山永世は自分も、獅
子の1升目止めの手を、その後すぐに序盤で指している。
 だから、少なくとも、”①は居喰いできるところ”の他に、
”行けるところ”が無いと、おかしい事だけは確かである。
 ただし、隣接升目に行く場合でも、

”獅子だけ特別に、動かす前の升目とも、動かした後の升目とも、
両方隣接している升目に仮に一歩進んでから、動かした後の升目
に2歩進んだ事にしよう”という話が、岡崎史明氏と大山康晴氏
との間で有ったので、中将棋の指し方の獅子のルールが、このよ
うな形になったという事が、無いとは言えない。

ただし、その場合でも、冒頭の棋譜に岡崎氏、先手五手目、
▲6七獅子とは書かないで、

”▲・・→6七獅子”(”・・”は、この通りに書く)等と、
こうしたケースは、記載する形式に統一すべき

だっただろう。単純に獅子は一歩で隣接升目に行くように棋譜が
記載されている以上、獅子、角鷹、飛鷲の動かし方のルール形式
を統一するという仮想の話は、今の所、実際には岡崎氏の周辺で
は無かったと、仮定せざるを得ないように、私は考える。よって、

獅子の踊りは狛犬型。角鷹と飛鷲は、基本は金剛・力士型。ただ
し後2者は居喰い(後戻り)が出来るという点で、ユニークとの、
江戸時代の、中将棋本等の通りの認識が、恐らく近代も正しい

のであろう。
 著作権が切れたら、同一性保存も必要無かろう。この部分だけ、
直して、なるべく広くに、内容を知らせる事ができたらと思う。
 私は、天文も好きだが、小惑星星人の、王子様の某国の戦時加
算されるので有名な著作権には、さほどの興味は無い。今回紹介
した、日本の中将棋コンテンツの方が、個人的には”AIと人間”
という観点から、人類の未来にとり、よほど大切だと考えている。
(2019/01/19)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

制限持駒ルールの本ブログ普通唱導集大将棋の攻撃力過多改善(長さん)

前に述べたように、以下の初期配列

5段目:口口口口口口仲人口口口口口口
4段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
3段目:奔王龍王龍馬角行堅行飛龍飛車
2段目:酔象鳳凰猛虎横行方行猛牛反車(鳳凰位置、左辺は麒麟)
1段目:玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

日本将棋方式成りで、成り駒は以下、

5段目:口口口口口口金将口口口口口口
4段目:金将金将金将金将金将金将金将
3段目:不成不成不成不成不成不成不成
2段目:太子奔王不成不成不成不成金将(麒麟は獅子成)
1段目:不成不成金将金将金将金将金将

の、本ブログ版13升目108枚型普通唱導集大将棋(西暦130
0年成立の普通唱導集大将棋の記載に基づき、2017年に改善)
は通常取り捨てであるが、5段目から9段目に居る、相手走り、
跳び、踊り駒に取りを掛ける手なら、二歩で無い限り、持ち駒を、
打つ事ができるというルールで、制限持ち駒ルールの大将棋類を指
した。
 その結果、上のバージョンでは、トン死筋の多い、

攻撃力過剰にややなる

との結論だった。
 以上の議論程度でも良かったのかもしれないが、念のため、

防御力をわずかに強くしたゲームで、今回やってみて、攻撃力過剰
の弱点が、改良される事を確認

してみた。
 旨く行ったケースの結論から書く。
 方法は、

方行を、大局将棋ルールだが、奔猪には成らない横猪に変える

というものである。
 なお、

方行は十字走りの斜め前歩み。斜め後ろへは行けない。

横猪は、横走りの、前後斜め6方向歩み。

以上のルールとした。
方行も横猪も不成りとしたので、成りは変わらないが、初期配列は
以下のように変化する。

5段目:口口口口口口仲人口口口口口口
4段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
3段目:奔王龍王龍馬角行堅行飛龍飛車
2段目:酔象鳳凰猛虎横行横猪猛牛反車(鳳凰位置、左辺は麒麟)
1段目:玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

もともと、方行は嗔猪と交換しているから、嗔猪と横猪の交換でも、
問題は無いと言う意味である。なお

横猪は、最高の守り駒

である。
 残りは全部、方行型本ブログ版小幅改善普通唱導集大将棋(20
17)の制限持ち駒型と同じにする。つまり今回も、
持ち駒は、相手の5段目から9段目に居る、走り、跳び、踊り駒に
取りを掛ける手なら、二歩で無い限り、持ち駒を打つ事ができると
いうルールで、制限持ち駒ルールの大将棋類を指した。その結果、
横猪型本ブログ版小幅改善13升目108枚制普通唱導集大将棋制
限持ち駒型を一局試し指しすると、終局状態で以下のようになった。

横猪持駒.gif

 この局面、後手玉が詰み、先手の勝ちである。
 後手の方が優勢だったが、持ち駒台に赤枠で示した所に有る麒麟
の打ち所を失してしまい、先手に逆転されたというパターンだった。
 なおたまたま、この後手投了局面で、後手の横猪の一枚が、緑の
枠の位置で、まだかんばっている。
 攻守バランスについてだが、この将棋は、私が指すと、
”攻守バランスは、私の感覚ではちょうど良い”と感じた方行型と
は違い、今度は、

防御力が、やや強すぎのように感じられる。横猪の参入は強力、
かつ方行の除去は、攻撃側から見て、やや痛い。

 しかしそれは、恐らく私が、持ち駒ルールの将棋が、下手なため
であろう。打ち駒の好手を連発できるような、日本将棋的な思考に
慣れた方だと、

今回の調整程度で、ちょうど良い位なのではないか

と予想される。
 方行型で指して見て、詰みがあまりに簡単だと感じたら、方行の
位置に、大局将棋の横猪で不成りの駒を導入して入れ替えた、今回
のべた普通唱導集大将棋の、別の小幅改善将棋の、制限持ち駒将棋
を指されると良いかと、今の所私は考える。(2019/01/18)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

本ブログ版普通唱導集大将棋に制限持駒ルールを導入してみる(長さん)

前に述べたように、日本将棋の強豪が、日本の駒数多数将棋に
参入しても、短期間なのは、取り捨て将棋だからである。
 つまり、持ち駒の使い方からチェックする思考を鍛えている
のに、取り捨て将棋で盤面上の駒の範囲で、着手を読む癖が
付くと、たいがい日本将棋は”強くならない”のである。大山
康晴永世名人が、中将棋やシャンチーに、生前熱心だったのは、
例外的だ。
 ところで、本ブログの、日本将棋の強豪への、お勧めの二番
手日本中世将棋は、普通唱導集大将棋の、小幅改善ゲームだ。
 このゲームも、原則的には取り捨てルールなので、入り口で
引返されてはもったいないことである。そこで、

中段にある、相手走り駒等大駒に駒取りを掛ける場合に限り、
二歩にならなければ、持駒を打ってよい

とのルールを、2017年版13升目108枚制普通唱導集
大将棋(本ブログ版・方行入り)で、やってみることにした。
 なお、そもそも普通唱導集大将棋(本ブログ版)は、本ブロ
グでしか、紹介されていない。猪、虎、牛、龍が、時計の文字
盤の順序で、2段目平安大将棋のそれを含む位置に、綺麗に配
列される、印象的な初期配列のゲームだが、知る人は居無い。
 そう愚痴っても始まらないので、概念的に説明すると、まず、
良く知られた平安大将棋の右辺は、次の形をしている。

4段目:注人口口口口口口口口口口口口
3段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
2段目:横行口口猛虎口口口口飛龍奔車
1段目:玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

中央列は記載しているので、13升目だが、7列有るわけだ。
次に、徳島県川西遺跡大将棋になると、4段目に歩兵が移る。

5段目:注人口口口口口口口口口口口口
4段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
3段目:奔横口口口口口口口口口口飛車
2段目:横行口口猛虎口口口口飛龍反車
1段目:玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

横行が、飛龍の上升目に移動して、これが発展したのが、
平安大将棋の発展形としての、本ブログの言う、
普通唱導集大将棋(仮説・普通唱導集記載型)である。

5段目:口口口口口口仲人口口口口口口
4段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
3段目:奔王龍王龍馬角行堅行横行飛車
2段目:酔象鳳凰猛虎猛牛嗔猪飛龍反車(鳳凰位置左辺麒麟)
1段目:玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

飛龍列が存在しないので、三段目の配列は、15升目130
枚制の後期大将棋よりも、更に規則的になっていたはずだ。
 この将棋は、右辺の横行位置を、斜め走り駒で狙い撃ちし
てから、端筋(耳)を”破って、飛車を退け”、左辺の鳳凰
の位置にある麒麟を進めて、横行前の歩兵位置で、獅子に、
成り込ませると”勝ちを取る”という、普通唱導集第1節の
攻め定跡が発生する。それを防ぐために予め、竪行前の歩兵
を進めて、図の竪行を中段に進めてから、嗔猪を前に歩ませ、
”仲人・嗔猪が腹を合わせ”ておいてついで、桂馬を、左前
に”飛ばして支える”、普通唱導集第2節の、防御の自明の
定跡が発生し、

面白く無い

のである。そこで、方行を入れて嗔猪を外し、配列を最小限
変えたのが、今回説明する以下の、本ブログの西暦2017
年型普通唱導集大将棋(右辺だけ半分記載)という事になる。
陰陽道の思想支配がもたらした、”猛虎猛牛嗔猪飛龍”配列
は、明治維新後には、生きて居無いと判断したわけである。

5段目:口口口口口口仲人口口口口口口
4段目:歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵歩兵
3段目:奔王龍王龍馬角行堅行飛龍飛車
2段目:酔象鳳凰猛虎横行方行猛牛反車(鳳凰位置左辺麒麟)
1段目:玉将金将銀将銅将鉄将桂馬香車

 そこで今回は、この配列から取り捨て将棋を指し始めるの
では

無くて、中段に相手の走り駒か、跳び越え駒が有るとき、そ
の駒に当たりを付ける(相手走り駒ないし、跳び越え駒取り
を掛ける)場合に限り、二歩になら無ければ、持ち駒を自由
に打って良い

との、部分的な持ち駒ルールを導入して、一局指してみた。
 なお、後期大将棋で、似たようなルールのゲームを前に
本ブログでは紹介した。そのときには、走り駒だけで、跳び
越え駒である、相手獅子等には、当たりを付けるための、持
駒の使用は出来ないとしてやってみた。今回その点を変えた
のは、

成り麒麟が出来にくいようにして、むしろディフェンスを
強くするのが、狙い

だった。すなわち、この将棋では、相手の走り駒だけでなく
て、獅子、鳳凰、麒麟、飛龍、猛牛そして桂馬にも、持ち駒
を自由に使って、中段にいる相手駒にのみ、取りを掛ける事
ができるとしている。なお、飛龍、猛牛は、2017年版の
普通唱導集大将棋(本ブログのパターン)と同じく、初期配
列で、飛龍に猛牛からも繋ぎが付くようにするために、隣接
升目で止まれる、”1目ヲモヲトル”、踊り駒とした。
 後で紹介する棋譜では盲虎になっているが、猛に変えるの
を忘れた。ルールは猛虎であっても、現代盲虎のルールであ
り、”近くへ行くが、前(上)はゆけ(ぬ)無”い。なお、
酔象は本ブログの推定だが本当はこの時代、シャンチーの相・
象の動きだった疑いがある。ここでは、中将棋や朝倉小将棋
と同じく、”近くへ行くが、後(下)はゆけ無”いルールに、
している。
 成りは、”成りは(このケースは特に、並んだ)3枚”と
表現される、水無瀬兼成の将棋纂図部類抄の後期大将棋型だ
が、一段目の玉将と金将を除く駒と、反車は金将成りとして
いる。つまり成りは、本ブログの言う平安大将棋に近い型で、

5段目:口口口口口口金将口口口口口口
4段目:金将金将金将金将金将金将金将
3段目:不成不成不成不成不成不成不成
2段目:太子奔王不成不成不成不成金将(麒麟は獅子成)
1段目:不成不成金将金将金将金将金将

であり、第2標準に相応しく、日本将棋と同じ成り条件で、
相手陣4段目を基準に成る。実際に指した終局場面の棋譜の
写真を、以下に示す。

普通唱導2017持駒.gif

 この局では、先手が良い線まで行ったが、最後になって、

9九位置に居る龍馬を、この位置に上げ、相手に大量の持駒
打ちの機会を与える失策をしてしまい、先手の力負け

となる一局だった。
 この事から、この将棋は

やや、オフェンス(攻撃力)過剰

の傾向があるとみられる。ただし本ブログの管理人は、持駒
ルールの将棋が比較的苦手なため、出来が悪いとの感触が、
余り感じられなかった。
 が恐らく、持ち駒ルールのあるゲームの思考に巧みな方が、
この将棋に慣れると、

トン死筋が、やや出安すぎるゲームと感じられる

のではあるまいかと、予感はされた。
 まあ、日本将棋の愛好家に、大将棋に興味を持って貰うた
めの、

ソコソコの出来のゲームが出来たといった所か

と一局指してみた限り、そのように感じた。(2019/01/17)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

増川宏一氏から、”大局将棋の質問”をした所、返事が来た(長さん)

前に、将棋大橋家古文書の研究でも名高い、遊戯史研究家の、
増川宏一氏に、文書名:大局将棋駒の、構成についての問い合
わせをした旨の紹介をした。
 それに対して、増川氏の返事は、以下のような回答だった。

1.大橋家文書は、現在増川氏にも、見る事ができない。
2.大局将棋は、日本の中世の将棋ではない。近世後期の将棋
である。中世の文献とは、何を調べているのか不明。
3.役に立たない返事ですまない。

折り返しで、また手紙を出しておいた。
 以下に、返信の返信の概要を記す。

大橋文書”大局将棋駒”は、webのキャピタンリバイバル
のページに写真があります。が(右)鳩槃駒の下部に書かれた
文字が小さく、内容が読めません。(ちなみに、(左)鳩盤に、
行き所の印は有るようだが、こっちの下部には、何も書かれて
居無い。)恐らく、これを根拠にした”世界の将棋”ルール
なのだとは思われます。確証を探しています。
 大局将棋で、東夷・西戎・北狄・南蛮駒の成りを、大大将棋
駒で統一しているのは、中将棋の竪行と横行の成りを、飛牛と
奔猪として、それより前の普通唱導集時代の将棋駒類似にして
いる為で、後者に猛牛と嗔猪が有っても、悪狼と猫叉が無い事
を示す、中世の記憶が、近代には無いが、近世にはまだ有ると
いう例だと思います。(尚、猛豹は猛将の洒落で、悪党の洒落
である悪狼命名型であり、結局、悪狼、猫叉、猛豹は、
西暦1300年頃成立の普通唱導集より、10年~50年後の、
建武の新政が、近い頃等の作とみられる。)
 当方は現在、諸説の中間を取った論を、推薦するブログを
立ち上げています。ので将棋史も”中世(性)将棋史家”であ
ると、名乗る事にしました。 長 (以上返信の返信の内容)

残念ながら、増川宏一氏にとって、史家としても、その愛好家
としても、私は遊戯史学会が盛んな頃の波に、乗れなかった。
よってそういう意味で無名の私に対しては、私の質問につき、
答える以前の問題だったようだ。そのため、今回は、門前払い
との結果に終わった。
 なお私は、学校を卒業してから、だいぶん、経つ身だ。だから
この先、増川氏へのコンタクトに関して、再チャレンジの機会
が、あるかどうか謎である。
 この感じからすると、残念ながら、

”お互いに余り、関連性が無いまま両方終わった”

という事に、なる確率が高そうだ。(2019/01/16)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

二中歴の”三十六禽”を確認した(長さん)

英語版wikipediaの、”黄道10日ごと宮”の記載に
よれば、仏典の摩訶止観等に記載されている、三十六禽
(36禽)は、日本の古文書としては、二中歴に載っていると
の旨を、前に本ブログで紹介した。そのときには、受け売りで
自分で確認していなかったが、さいきん、改定史籍集覧、
第23分冊の、初っ端から有る二中歴の、史籍集覧のページで
151ページと、かなり将棋(240ページ)からは離れた所
に、下のようなイメージで、36禽が確かに書いてあるのを、
私も確認した。なお二中歴の書き終わりは、改定史籍集覧、第
23分冊の250ページ前後であり、将棋のページは、かなり
後ろの方だ。

史籍集覧.gif

 戻すと36禽の記載は”畜産歴”に属し、12支を使った、
陰陽道占いを記載した、二中歴のページとも、かなり離れてい
る。平安貴族と日本の陰陽師は、36禽には余り興味が無く、
24方位等を使い、オリエント西洋星占いと、密教の知識のあ
る、虎関師錬には、暦と結びつく言葉だったという事だとも、
想定される。

 つまり、摩訶止観を少なくとも虎関師錬は、二中歴とは別に、
知っていた確率は、ゼロに近いという事が、少なくとも余り無
いのであろう。

 なお書いてある動物名は、36種になっておれば、余り本質
的な差は無いと見るので、省略する。漢字が違うのがあるが、
内容は、摩訶止観等、他の文献の動物の内容と、細かく見なけ
れば良く一致しているように、今の所見る。確かに36禽は、
平安末期、日本で少しは知られていたようだ。なお正確な内容
は、興味が有れば、お手数ですが、皆さんで改定史籍集覧で、
御確認を御願いしたい。
 それより私の興味を引いたのは、偶然だが、少し前の方の
記載だが、36禽の記載の近くに、

二中歴の言う、”五宝”が載っていた

事だった。内容を見ると、別説と2通り載っているが、どちら
にしても、

金、銀、玉、桂、香

には、全然なって居無い。共通なのは金銀だけだ。いわゆる、
日本の小将棋の、第1段駒の名前の、5宝(といわれる説)は、
二中歴の5宝とは違うものである。奈良時代草創期頃成立の、
好字令の五宝から来るとされている、玉・桂・香が、平安時代
末から鎌倉時代初の二中歴の内容とは、少なくとも合って居無
い事が、私には今回初めて判った。

 なぜ奈良時代草創期、西暦712年成立の”好字令”という、
とても古い文献の5宝が、将棋伝来の時期により近い、西暦
1210年頃成立の二中歴の5宝を、押しのけたのかが謎だ。

ちなみに、西暦712年は、将棋の伝来が西暦1015年の年
初だとすると、二中歴を基準にすると1210年と1015年
の差とは、1.5倍離れているし、二中歴の五宝が、挙中歴か
懐中歴に載っているとすれば、これらは1120~1150年
頃の成立だとされるから、2~3倍の開きがある。
 本ブログでは、桂、香が宝というより、たまたまの桂馬と、
香車駒の材質と、香りの性質から、修飾詞の桂・香は来ている
し、玉将は元々伝来元の、大理国に有ったのだとした。だから、

昔、日本への将棋の伝来が、相当に早いとされた頃に妥当だっ
た文献に基づく、本ブログの論への攻撃への、どちらかという
と、反撃材料になり得る証拠史料

だと、私は二中歴の”五宝”を読み直して感じたのであった。
(2019/01/15)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

玉回りだけ駒が集中しない、持駒ルール大将棋のテスト(2)(長さん)

前に近世・現代の、水無瀬の将棋纂図部類抄型とは違って、成り
駒が中将棋型の、後期大将棋(wikipedia等で普及型)
で、中段に居る、相手の走り駒取りを掛けるという条件ならば、
二歩にならない限り、自由に持ち駒を打てるという、制限された
持駒ルールの後期大将棋を紹介した。結果は、猛豹・銅将の支柱
状の囲い構造が、終局に於いて壁になり、袖の駒が余ったような、
将棋棋譜になるという、芳しくない結果だった。
 今回は、その点だけだが、改善してみたので報告しよう。
 答えから書く。位置に関して、

猛豹と猫叉を交換

してみた。なおこの変更は、異制庭訓往来の言う”獣の列位を象っ”
ていないので、あまり見栄えの良い、やり方とは言えない。また
陰陽五行の観点から、良いのか悪いのかは判らない。関連性が疑
われる、中国に現代でも有る闘獣棋では、猫や犬駒の配置位置に、
特段宗教的工夫は無かったので、それとは整合するかとも思える。
 ともあれ以上の結果、猛豹・銅将の支柱状囲いは、猫叉・銅将
になった結果、猫叉の前升目に、獅子や成り麒麟を進めれば、
崩れてしまう形に変わった。
 それで、指した一局の終盤の棋譜例を、以下に示す。

猫豹交換.gif

写真の状態から、▲12四獅子(成り麒麟)寄る△13ニ嗔猪
▲14四獅子△6九猛牛▲15ニ獅子等と、進むと見られる。
つまり、11三の位置で、いつもの後期大将棋とは違い、先手は
後手に対し、王手を掛けやすく変えてあるのである。そのため、
多少手数は掛かるが、先手の右辺隅に、獅子を回したほうが、
寄せが確実になる。その結果、

終局のときに、後手の陣の袖の小駒は、活躍したわけではないの
だが、相手に取られてしまうので無くなってしまい、対局が終わっ
た時点での棋譜には不自然感が残らない。

それだけの事なのだが、実際の終端局面の写真を以下に、掲げる
ので、普通の後期大将棋について示した前の結果と比較すると、
それが、はっきり判るだろう。

猫豹換詰.gif

なお、この局面へは、▲9三獅子(11三)△8一玉(9一)と
進んで、到達している。また今回、飛龍や猛牛は、
wikipediaの説明の、”2升目までの走り”ではなくて、
大坂電気通信大学ルールの踊りとした。ので、たまたまだが、隣
接升目へは、飛龍や猛牛が動かせず、局面から後手の10四位置
の飛龍で、先手の成り麒麟は、取れないものとした。この、恐れ
多くも、wikipedia(”世界の将棋”が原典と見られる)
の”隣接升目行き”に逆らう調整は、飛龍や猛牛が、麒麟の成る
ための先導役をしにくくするため、”2枚獅子”が、元駒の麒麟
の前進からは、やや出来にくくする効果を持つ。
 ともあれ。
 猛豹と猫叉を交換すると、ディフェンスは弱まるのだが、たい
がい獅子同士での、陣の跡の残らない食い荒しになるので、終局
時の、終局のときの局面図の見た目は、普通の後期大将棋よりは、
ややマシになる。
 袖の小駒は、取られるだけで、その直前まで遊んでいるので、
余り、出来の良いゲームで無い事には変わらないが。見た目に
だけ、尤もらしく見えるゲームというのも、一応可能なものらし
い。(2019/01/14)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

玉回りだけ駒が集中しない、持駒ルール大将棋のテスト(1)(長さん)

前に述べたように、盤升目が二桁以上の日本の将棋は、持駒
ルールで指す事も、駒の全体的な攻撃力を防御力に対して落
すと原理的にできるが、駒が玉駒に王手を掛ける地点にだけ
集中して、棋譜としての見栄えが良くないという理由で、取
り捨て将棋、ばかりになったというのが、本ブログの論だ。
 しかし、それについても、中段にある相手の駒の取りを掛
けるための打ち駒は、通常は、互いの玉陣からは遠い事が普
通なので、以上の限られた手に持駒の打ちを制限して、取り
捨て将棋から、持ち駒ルールに移行するという手が有る。
 今回は、特に後期大将棋で、実際にそういう将棋を指して
見たので、紹介しよう。
 基本的なルールは、今回は、成り等が中将棋パターンで、
かつ、飛龍、猛牛、鉄将、石将、悪狼、嗔猪、猫叉の成りを
金将とする、wikipediaの説明等で、汎用性の高い
近世・近代の後期大将棋とした。なお、中将棋の獅子に関す
る特別な規則は、この後期大将棋については、適用しないと
した。そして、問題は持駒ルールだが、

中段に居る、相手の走り駒取りを掛けるという条件ならば、
二歩にならない限り、自由に持ち駒を打てるというもの

である。なお、後期大将棋の獅子や麒麟、鳳凰等は、走り駒
ではなくて、跳び駒ないし、踊り駒だとして、中段標的駒に
今回は含めない。
 実際指すと、一局終了局面の例として、以下のようになっ
た。なお、この局面で、後手玉が詰まれて先手の勝ちである。

後期大持駒.gif

 なお、今回このようなルールで指す駒数多数の将棋として、

後期大将棋を選択したのは、元々、デスフェンス(守備力)
過剰の、代表的将棋種と、本ブログの管理人が認識している

からである。後期大将棋は、中盤の後半で、息切れするのが
普通と、少なくとも本ブログでは、当然のように見ているの
である。

だから、普通唱導集の大将棋は15升目130枚制の後期
大将棋では無い

と、本ブログでは常々、がんばっているという事情だ。
 それはともかくとして、状態を見て判るように、この将棋
は、今述べた条件程度に、持ち駒ルールを少し添加して、

オフェンス(攻撃力)を上げると、攻守のバランスが、だい
たい取れる

ようになる。なお、局面で2枚獅子が、先後手共に出来てい
るが、獅子に駒取りを掛けられないので、残りやすいためで
ある。つまり”相手の中段の獅子にも取りを掛ける事ができ
る”といった調整や、”中段の走り駒”を、”互いの玉から
4升目以内、最大81升目の中に居無い走り駒”にする等、
バリエーションが、元々幾らでも考えられる。それについて
は、将棋種毎に調整する必要がある。つまり、

後期大将棋の場合が、”中段の走り駒”程度でちょうど良い

と言う事だ。
 ただし、終局局面を見てみると、この将棋のゲームデザイ
ンは、失敗だ。なぜなら、

石将、桂馬、猫叉、嗔猪といった、袖の小駒が、明らかに
”余り駒”傾向

になっているからだ。これは、
玉将が、猛豹と銅将とで作る棒状構造を持つ、囲いの配列の
中だけでしか、一局中動き辛いためである。つまり、

猛豹と銅将とで作る棒状の、囲いの機能を持つ配列構造

が、袖を対局の間中、遊び駒にさせてしまい、ゲーム性をや
や落している事が判る。袖に玉は逃げないので、事実上、

酔象、(2×)盲虎、金将、銀将を討ち取れば、玉は詰む

という決まった終盤の将棋になってしまったのだ。
 従って、今回の後期大将棋は、ディフェンス(防御力)
過剰な駒数多数将棋に、持ち駒ルールを部分導入して、
攻守バランスを調整する例示に留まり、それで性能の良い
ゲームになる事は、示せなかった。
 なお、写真の右の方に、使われる場所が無くなったため、
乱雑に置かれた、持ち駒を示した。この手の将棋に、

日本将棋ほどの、持ち駒の打ち駒の着手に対する、ゲーム
としての奥深さは、余り無い。

持ち駒打ちの手を、全体の着手を選択思考するときに、重点
的に考慮する、日本将棋の棋士の脳内思考回路に、不快感を
与えないためだけの、持ち駒ルールに近い。すなわち、大量
に、取った駒は有るが、使う事の多い駒は、後期大将棋の、
このテストバリエーションでは、例外は幾らでもあるものの、

香車、反車、飛車、角行、竪行程度に、限られる場合が多い

のである。(2019/01/13)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奔王突入勝ち将棋。”後期大将棋が中将棋に先行”は駄目な訳(長さん)

前に花営三代記の、”奔王出して勝ち”将棋は、本ブログの言う、
13升目108枚制普通唱導集大将棋が、成り麒麟が出来た時点
で勝負が付いたという、故事に因んだ物との解釈を述べた。
従って、これも、このルールの解釈が正しいとしてだが、
後期大将棋が、中将棋に先行していては居なかった理由とした。
 しかしながら、後期大将棋にも普通唱導集大将棋本ブログ版の
性質が、仮に有ったら証拠にならないと言う意見も出よう。
 今回は、後期大将棋には、大駒である相手の奔王が、自陣に侵
入してきても、投了する理由が無い事を、一応説明しておく事に
する。これについては、前に、普通唱導集大将棋が後期大将棋に
進化(退化)するときに、予め13升目のままで、自陣を5段目
にしてから、15升目化しては駄目だと述べたが、そのときの理
屈が、実は適用できる。つまり”縦ないし、縦横走り駒が、端筋
で中盤初めに大きく消耗して、攻守バランスが、守り側に大きく
傾くため、ゲーム性能で難の有る将棋になる”との旨を、そのと
き述べたのだが、その局面で相手陣で残るのが、実は奔王一枚だ
からである。
 では、判りやすく変化局面を示めそう。
 下記は、後期大将棋の序盤の図で、ゲーム開始の時点から、
先後手共に、左龍王先の歩兵を上げて龍馬を中段に出し、石将を
初期位置から、2つ上げた所である。

01_08_1.GIF

実は、

後期大将棋の陣は、普通唱導集大将棋(本ブログ型)や、中将棋
とは違い、袖が市松模様に、駒が配列されている為

に、写真で線を入れて示したが、たとえば竪行先の歩兵を、後の
大駒の交換を避けるために、予め上げてから、反車と香車を、
一升目前進させ、奔王をジグザグに動かすと、

簡単に、雀刺しの陣が完成

するのである。
 そしてこの、雀刺しの局面からは、互いに端筋の歩を突き合っ
て、攻め側が歩兵を突き捨てると、走り駒の交換になって、交換
する数数が一枚多いために、互いに左辺の奔王が一枚残り、

奔王が相手陣に”出”されると、超急戦の中盤初めで、終局状態
に達する

のである。この場合は、1手早いので、花営三代記の、”奔王出
して勝ち”将棋に関する我々の解釈が正しければ、下の局面で

先手の勝ち

だ。

01_08_2.GIF

 しかしながら言うまでも無く、それを示した上の棋譜の通り、
これは、本当に勝負が付いた状態からは、相当に遠い。
 というのも、奔王が出された、上の局面で説明すると、
後期大将棋の囲いは、普通唱導集大将棋(本ブログ型)や中将棋
と異なり、

2枚の盲虎と金将、前升目の酔象が、がっちり互いに連関した、
堅陣だからだ。実は、更に黄色の枠で囲った”銅将・猛豹”の
柱状の配列も、玉守りに大きく寄与

している。
 よって、

奔王が出て、やっと攻め合いが始まる所

であって、足利義持・義量時代の大将棋系将棋故事が後期大将棋
についてだったとしたら、少なくとも本ブログのような思考では、
”奔王を出して勝ちルール”は生まれない、はずなのだ。つまり、

上記の序盤手順の記憶が強烈に有ったとしたら、中将棋に奔王出
して勝ちルールを作る上で、大きな阻害要因になる

と言う意味だ。
 なお、普通唱導集大将棋(本ブログ型)では、麒麟が成り込む
事についてであり、別の最強格の、元からの奔王駒についてでは、
厳密には無いのではないかと、いう意見も出るかもしれない。
 しかしながら、後期大将棋で麒麟を、相手陣の横行付近に突入
させるという戦法の場合も、

後期大将棋では陣が健在であれば、赤い四角で囲った、大きな
獅子突入不能領域があり、やはり”成り麒麟の獅子を出して勝ち”
にも、普通唱導集大将棋(本ブログ型)と違い、ならない

のである。なお盲虎を猛虎のままにしたケースは、悪狼を守りに
加えるだけでよい。
 以上のように、奔王出して勝ちに関するルール解釈と発生経緯
が、本ブログの推定通りだったとしたらという、あくまで条件の
範囲内だが、

奔王出して勝つルールが有るという事と、後期大将棋が中将棋の
親であるという、現在のところ有力な説とは、互いに明らかに、
整合して居無い

という事になる訳なのである。(2019/01/12)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

花営三代記1424年室町お城将棋。なぜ奔王出し勝ちルールか(長さん)

以前、表題の室町時代初期、西暦1424年、足利義量時代の新
大御所、足利義持御前で行われたお城将棋で、奔王を出して勝ち
ルールの意味を、”奔王を敵陣内に突入させ、相手が奔王取りを、
掛けられなければ勝ち”と、本ブログでは解釈したと述べた事が
あった。前後するが、将棋種は、恐らく現代のルールに近い、
多彩な成りも有る、中将棋だったと考えられる。
 なお、そのとき書かなかったが、先行研究として、木村義徳氏
が、持駒使用の謎で”奔王落としと同義”であると述べる、研究
結果を出している。奔王落とし中将棋に、難点があるとは思えな
いので、この考えを完全否定するのは困難である。ただし、

1.これだと、普通の中将棋を11局指しをしているのと同じな
のに”時間が長すぎる”と、足利義持が文句を言わなかった理由
が謎。
2.奔王落としは良いとして、記録は1424年1425年の記
録3回に2回、13局中で少なくとも2局に”奔王を出す”とし
てそれだけであり、”出す”が”落とす”と同義ならば、銅将や、
反車を落とすケースが無いのは、やや不自然。
3.”負けた側に、奔王を出した”と古文書は記載しているが、
これが奔王駒を落す事と、どう結びつくのか、いっけんすると謎。

以上の、問題はあるかもしれない。特に3が大きな問題だろうか。
なお、普通の中将棋だろうと仮定している点では、木村義徳氏の
持駒使用の謎も、本ブログも同じであり、今の所、もっと斬新な
説が有ると言う話は無さそうだ。実は、

本ブログの方が木村説より断然優位とは、本ブログの管理人にも
言えるだけの自信は、実際の所余り無い。

と言うのも、”奔王を敵陣に突入させて、1手保てれば勝ち”と
いう、本ブログの解釈だが、

A.劣勢な方が自陣に隙ができやすいので、奔王は突入して保て
るのかもしれない。が、本来の中将棋の詰みを目指す将棋で、
奔王に、走り駒攻撃力としての、特殊性や、位置による性能差が
特に無い。だから奔王位置が普通の中将棋で、問題になる事が
余り無いにも係わらず、奔王の前出しにこだわって、それを、
対局時間短縮を、主な目的とするのかもしれないが、室町時代に
勝敗(ゲームの終端条件)の基準にしている根拠も、実際の所良
く判らない

という、かなり致命的な、問題があると見られるからである。
中将棋を普通に指すとき”奔王が敵陣に入ると、他の走り駒とは
違い、終局が近い”という話は、中将棋に関して特に無いと思う。
 では、室町幕府のお城将棋で、本ブログの言うのが、仮に正し
いとして、なぜ、龍王成り勝ちでも、龍馬成り勝ちでもなくて、
我々の解釈での奔王出し勝ちルールにしたのかを、今回は論題と
する。
 回答から書く。

普通唱導集大将棋時代に、麒麟が先に敵陣に入って、相手の当た
り駒が無ければ、ほぼ勝ちだったという前例に、形式的に倣った

のである。
 では、以上について以下説明する。
 この理由付けに必要な点は、では何故、”獅子を出して勝つ”
にしなかったのかという事であろう。強い駒から並べて、XX駒
が、一番だったとして”XXを出して、(または成って)勝ち”
というシキタリに従ったとして、獅子が除外された理由が、問題
になる。
 答えは”獅子を高伸びさせても、中将棋では優勢とは限らなかっ
た”からだとみられる。
 このお城将棋には、明らかに元駒の獅子が有る中将棋とみられ
る。中将棋では、獅子は中盤の後半には、相手走り駒を当てられ
やすくなるので、最終局面までチャンスが無い限り出さない。
ので、獅子を出して勝ちのルールに変えても、普通に玉を詰んで
勝ちと、お城将棋で掛かる時間は、ほとんど変わらなかったとみ
られる。

 だから、獅子は除外して、ナンバー2の奔王を選んだのだろう。

 では、それは良いとして、ナンバー2と3位以下で、余り差が
無いのにナンバー2にこだわった理由が、やはり問題になる。
 ポイントは、ゲーム性の観点から、それが正しかったからでは
なくて、その100年前迄指され、その後停滞・衰退した、

普通唱導集の大将棋で、ナンバーワンの成り麒麟の獅子が、敵陣
に突入すると”勝ちを取る”という決まり文句が、15世紀にも
生きていた

という点が、ポイントだったのであろう。恐らく、13升目
108枚制普通唱導集大将棋(本ブログ)では、麒麟が成る(出
された)時点で、慣れてくると指し終えたと、私は見る。ようす
るに、この大会規定ルールは、

お城将棋の時間短縮の要素になりそうな、そのような故事前例が、
実際に、それよりも過去に、有ったからこそ、真似る事ができた
という事

なのではないか。普通唱導集大将棋では、大差勝ちとは、大概、
麒麟が先に、右袖横行の前歩兵位置付近に、入り込む事と同義
だったのであろう。つまり、奔王出して勝ちルールは、

さほど、中将棋ゲームの性質を研究した上で、設定されたルール
ではなくて、古の記憶から、当時のお城で指す棋士には、それな
りに、賛成が得られる、故事にちなむルールであると判断して決
めた、対局時間の単なる短縮ルール

なのではないかと、私は考える。つまり、このルールの存在も又、

本ブログの解釈での、普通唱導集時代の大将棋の駒の初期配列、
駒数等に、矛盾がない事を示す一つの状況証拠なのではないか

と、少なくとも本ブログでは捉えるのである。(2019/01/11)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

通常の中将棋の獅子に関する特別な規則。どんな場合問題か(長さん)

前に、本ブログに於いて、中将棋の獅子に関する特別な規則に
は、特殊なケースに、着手の合否判断がはっきりしなくなる、
との旨を述べた。
 例を示さないと、ルール表記のコンテツン量が多い事に対す
る、単なる言いがかりと、取られないとも限らないため、今回
は、比較的判り易い一例を示してみよう。
 下の写真の局面は、先手▲6四麒麟成△10九角行成(3二)
とした所である。

刃傷沙汰.gif

 つまり終盤で、先手が詰めろを掛けながら、麒麟を成り捨て
ようとしたのに対し、後手が先に王手を掛けたところである。
先手が、間違えて自陣内の、獅子以外の駒を動かしてくれれば、
後手にとってはしめたものだ。
 なお模式図なので不要な駒は、なるだけ省略して示している。
 しかし実際には、そうはならなかった。
先手の方が、獅子が2枚出来て優勢なので、黙って自分の方だ
け正しく指し続ける事だけ考えていれば、鎌倉時代末期ないし、
南北朝時代に於いて、神奈川県鎌倉市御成町にて後手の棋士
(中将棋ゲーマー)に斬られて、先手棋士はこの直後、亡くな
らなかったのかもしれない。
 問題は、この後先手が、▲10九~9十獅子程度で止めてお
いたとしたら、9九位置の先手歩兵では付け喰いは、出来ない
ので何も起こらなかった。実際には、

▲10九~10八獅子と、次の手で後手獅子を付け喰いしたのが、
問題の始まり

だった。後手はこのあと、▲8三成麒麟とされると詰みであり、
詰めろが掛かっていたので、返しで△6四飛車と、先手の
成り麒麟を取ったのである。その局面も、そのまま進んでも、
先手の方がとても優勢だったので、先手はそうなっても更に、
黙って指し続けて居れば、それで良かっただけなのかもしれな
い。
 それなのに先手が中将棋を覚えたてで、知識を、ひけらかし
かったのだろう。”4六の位置に、先手の角行が居るので、

△6四飛車は先獅子違反ではないか”と後手に食って掛かった

のが、いけなかった。後手は、局面の形勢が不利で、気がたっ
ていたのだろう。そのため、

”返しの獅子の討ち取りは付け喰いの直後だから、先獅子規則
が一般に、適用されないという意味

だ”と言い返し、結局このあと、つかみ合いのケンカになった
とみられる。後手の方が位の高い侍だったのだろう。気の毒に、

”無礼者”と言われて、先手の棋士が刀で切られた

ものと考えられる。ようするに、このケース問題なのは、

獅子についての特別な規則のうち
”獅子討ちに関しての先獅子適用除外ルール”について、
どんな要因が、例外とする効果を引き起こしているのかが、
実ははっきりしてはいない

という事である。なおそれから650年程度経った現在でも、
はっきりしているという話を、本ブログの管理人は、余り聞か
ない。繋ぎ駒で取られるのが、先手が普通に解釈したように、
繋ぎ駒だから取っても良いのか。それとも先獅子規則が、後手
の言うように、一時的に適用停止されるので、利いている駒で
取る例が、一例として許されるという意味なのか。さらには
その他にも、取った獅子は別だったとしても、繋ぎ駒の働きを
していた、10四位置の飛車には、先獅子規則が適用されない
利得が、一時的にせよ出るという意味なのか。

そもそも、先獅子の規則で、”獅子の互い取りは、相次いでは
出来ない”となっているのに、”足”とか、”繋ぎ駒”といっ
た、それが出来る事が前提の用語で、獅子に関する特別な規則
の適用条件が、何回も書かれているという、獅子に関する特別
な規則ルールの構成としての無理が、南北朝時代程度の成立
当初からずっと、本質的に存在した

のであろう。
 なお近代の中将棋のルールブックにさえ、こうした点が紛れ
無いように、注記が書かれているものがあると言う話を、少な
くとも私は、余り聞いた事が無いのである。
 恐らく合否判断で、通常の中将棋がモメる局面としては、もっ
と、別にも有ると思うが。今回述べた例が、ルール系の主要な
問題点の本質に迫りやすいという点で、比較的判り易い例
なのではあるまいかと、私は考える。
 以上の事から、鎌倉時代末期または、南北朝時代に、
今小路西御成小学校遺跡ゲームセンターで、気の荒い鎌倉武士
の棋士同士の中将棋で、獅子に関する特別な規則の不完全さか
ら、殺傷事件が起こらないと、絶対には言え無いように、私に
は、やはり思えるのである。(2018/01/10)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋・囲碁。着手空間広さと人間の対ソフト優位性との相関性(長さん)

表題はやや不明確だが、今回は、チェス・将棋・囲碁・オセロ等のボード
ゲームで、着手空間広さと、人間の対ソフト優位性とは相関しないとの旨
書かれた、さいきんの成書を紹介した上で、当否や対策を論じる。
 ここで、対策まで必要なのは、従来

大将棋が、着手空間が広いので、人間の対ソフト優位性が有りと見て、
そもそも本ブログは、大将棋に期待をかけてきた

からである。
 ではいつものように、結論から書くことにしよう。

着手空間より、局面評価値の平坦性の無さが、人間の優位性を保障してき
たと言うのが、最近の定説になった。

そこで、対策としては、
棋士が専門的にプレーする、ゲームの種類を増やすと、人間特有の”近接
ゲームのコツに対する、類推力が大きい”という性質により、ソフトへの
優位性が保たれるはずだという点を、今後は大将棋の普及の根拠にするよ
う、本ブログでは、

戦術路線を修正

する事にした。
 では以下に、以上のようにコンピュータ将棋ソフト制作者内では、定説
になっているようだと、本ブログの管理人が捉えた経過と、対策の結論に
至る道筋について書く。
 この論点が、明確に書かれた最近の成書は、以下の物である。

”人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?”、ダイヤモンド社
山本一成著、2017年

言うまでも無く、愛知学院大学の山本一成氏は、コンピュータ将棋ソフト
のポナンザで、現名人の佐藤天彦氏を、2連敗させた事で著名である。
 この著書の第一章の見出し群の中に、明解に今回の論題の根拠となる、
フレーズが出ている。

局面数が多いから人間に勝つのが難しいわけではない。(044)

 内容を読めば判るが、チェスより将棋のソフトの発達が遅れたのは、
着手空間が広かった為では無くて、
”局面評価値の平坦性の無さが、人間の優位性を保障してきた”為と、
実質書かれている。
 なお、チェス、将棋と続いて、更に囲碁の話が出てくるが、この記事
を書いている時点で、本ブログの管理人は、囲碁のモンテカルロ法の図
を、ちらりと見ただけで、アルファ碁の活躍の話を、まだ読んでない。
 では、複雑さは、人間のソフトに関する優位性に寄与しないかどうか
だが、本ブログの管理人の私見では、

山本一成氏の意見は、囲碁が例外だっただけであり、実質余り正しいと
は言えない、

とみている。
 ゲームのルールをデザイナーが工夫すれば、複雑化との相乗効果で、
やはり人間の方が、ソフトより有利な、ボードゲームになると考える。
 将棋を例にしよう。

走り駒があったとする。そのうちの一部の走り駒の、走りの動きについ
てのそのまた一部を、

A.跳び駒にする。
B.制限のほとんどない、無限升目跳び駒にする。
C.Bの無限性に加えて、途中の相手駒が取れる、踊り駒にする。
D.取れるのではなく、途中の相手の駒は、前後をひっくり返して、
自分駒にできるという、踊りオセロ駒にする。
E.Dで、更に取った駒で、成れるものはその場で、提婆、無明の如く
に、跳ねた自駒とは別に成る。つまり本当に駒の裏返しも出来るとする。

単なる走り駒の、ほんの一部をABCDEと変化させる事により、
局面評価値の先の局面での平坦性は、どんどん失われる。ここで”一部”
とは、具体的には、自陣の奥にあり、中盤後半まで動けない駒を使うと
良い。
 さらに、一般に盤升目二桁以上の将棋では、玉回りにだけ、中終盤駒
打ちが行われてしまうという理由で、持ち駒ルールが棋譜見栄えの上で、
取り込み難いという現実がある。これとて、

F.取った駒は、互いの玉から一定度離れた所、たとえば中間段に有る、
相手の走り駒に対して、駒取りを掛ける時にしか、打て無い

等の、特殊な持ち駒ルールを導入すれば、取り捨ての将棋で無くする事
も可能であろう。これなら、持ち駒ルールの有る将棋でしか、余興では
本職に影響してしまうと、参入に尻込みをしているプロ棋士に、駒数多
数将棋に、興味を持ってもらうことも、技術的に不可能とまでは、言え
なくなるだろう。Fは終盤、中間段に走り駒は消えるだろうから、寄与
無しとしても、少なくとも上の例でDやEの工夫で、終盤の局面評価値
の発散が、適宜作れるだろう。そうすれば、更に駒数が多いという事に
よって、ゲームのヒネリの多重度は増し、本当にこれでも、ソフトが、
人間に対して、現行の優位性を保てるのかどうか、正直私には疑問だ。
 つまり、

ゲームのルールは、しょせん人為的な取り決めにすぎないため、いつ考
えても良いし、内容もどうにでもなる

という事だ。

だから、私は内心は、山本一成氏の2017年の論に賛成できない。

 繰り返すが、囲碁のソフトの成功は今の所、”たった一つの例外”で
しか、ひょっとして無いのではないか。だから、更にもう1つか2つ、
事例が出てきてから、山本一成論の味方をしても、

本ブログのように、人間が勝つことこそ善だ

と、古典的に見ているブログでは、遅くは無いような気もする。
 そうは言っても、しょせん、学生時代に何をしてきたのかも判らぬ、

得体の知れない本ブログの管理人だけが、今や英雄の山本一成テーゼに
反対してみたところで、ゲーム学会では、しょせん圧倒的少数派

なのであろう。本人は”流星群でも、惑星の引力が、より長期間加わり、
より軌道変化を起こした後でも見えている、老いて健在な流星群の方が、
流星のテスト粒子が多く必要である。だから計算が煩雑なため、
しぶんぎ座流星群等の方が、より若い時代にだけ見えるだけの、構造の
単純な、ジャコビニ流星群などに比べて、現実として相対的に予想精度
が悪く、難易度が高い。以上のコンピュータ天文計算ソフトの、
20世紀終盤での、

天体力学手計算家に対する、AIの勝利

を思い出しながら、この文を書いてはいるのではあるが。しかし、そん
な話が、通るはずも無いという事だろう。なお西暦2019年のEUの
しぶんぎ座流星群の1月4日明け方の出現は、2014年の日本よりも
わずかに少ない程度。バーストしたとまでは、行かなかった。従って、
2019年と2018年とで、本当に極大時の流星の出方が、しぶんぎ
座流星群では、地球規模で違い、日本に極大時刻の良条件が回ってきた
とき、出方が渋いという点が、確認されたに留まった。ともあれ。
 そこで将棋の話に戻すと、対策の結論に書いたように、今後は、棋士
が専門的にプレーする、ゲームの種類を増やすと、人間特有の”近接ゲー
ムのコツに対する、類推力の大きさが大きい事”により、対ソフトの
優位性が保たれるはずだという点を、普通唱導集大将棋(2017年盤・
方行入り・本ブログ改良)の普及の根拠にするよう、本ブログでは、
戦術路線を修正する事にしたのである。
 というのも、本ブログでは、もともと平安大将棋が大将棋になったの
は、西暦1140年頃。発生はそれより約30年前の、西暦1110年
頃であるとみており、とうしょは、

9升目タイプの標準平安小将棋を、第一標準日本宮廷将棋とする、
いわば、13升目の第ニ標準将棋の位置づけであった

と見ているからである。つまり、複雑化を元々意図したものではなくて、
たまたま標準が、日本では複数元々存在したという、歴史認識の立場だ。
 そこで、ここでのその歴史の推定に基づき、広く第ニ標準としての、
普通唱導集大将棋(本ブログ推定かつ更に、微修正)を、推薦する事に
したわけだ。

今までとの違いは、現行の日本将棋を否定する要素が、完全に消えた

という点である。
 更に直近には、歴史的には中将棋だけでなくて、獅子に関する特別な
規則の無い、

12升目の狛犬型中将棋も、本ブログでは、指された将棋として話題

にするようになった。
 コンピュータは、これから定跡を形成するようなゲームでは、現実、
力を発揮しないように見える。他のゲームから、今回の対局で始めて、
そのアイディアを持ってくるという事が、頻繁に起こるゲームは、
さぞや人間に比べて苦手だろう。よって、ゲームが複雑だから、ソフト
が弱そうだと主張するのではなくて、ソフトに、してやられて、がっか
りしている、プロ棋士や元プロ棋士に推薦紹介する、駒数多数将棋の
利点は、

それが途方も無い過去、実際に指されたが、誰も定跡を覚えている者が
おらず、着手のコツはこれから再度考えて、ゆかねばなら無い

という点だと言う、主張になるという事になる。(2019/01/09)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋史研究家で、旧遊戯史学会会長の増川宏一氏に問い合わせた(長さん)

大局将棋については、現在日本将棋連盟の関西本部に有った
はずの、将棋大橋家文書が、web上で行方不明と出ており、
大橋家文書に造詣の深かった、前の遊戯史学会会長で、将棋
史研究家として名高い、増川宏一氏に、

大局将棋の大橋家文書ルール図に関して、

鳩槃(大局将棋)のルールに関する問い合わせを、さいきん
行った。
以下、要旨である。

増川宏一様

御研究を一段落されるに当たり、つきましては大局将棋の大
橋文書に関しまして、接された方が少なく、困っております
ので御問い合わせを致しました。
 大局将棋の北狄の成り駒等で、鳩槃(大局将棋の)が有り
ます。駒の動かし方のルールは、縦横2升、斜めは走りに加
えて、3升先に跳んでから5升先まで走りと、webに出て
います。が大橋家文書では、初期配列に点線表記だけの為、
このような複雑なルールは、正しく表示できないと思います。

 別途説明覧が、初期配列図の他に有るのでしょうか。

 大局将棋の大橋家文書の構成について、御手数ですが御知
らせ下さい。大局将棋の東西南北駒の成りが、大大将棋駒で
統一されている理由を、チェックしています。
               日本中世将棋史 長

上記問い合わせの意味は、南蛮の成りが、大局将棋の3駒跳
び越えを斜め前動きに含む、”強い”金翅になっており、
鳩槃のルールは、跳んでから走りも正当に見えるため、

どうやって、世界の将棋が、情報元と見られる大橋家文書内
で、ルール表現を解読しているのかを、チェックする必要

があるためである。なお、北狄の鳩槃成りの謎については、
だいぶん前に、本ブログでは指摘した。
 webが正しいようにするため、有る程度の手当てが有る
というのが自然であり、web上の写真に、右鳩槃に小さく
注釈が、書かれているようにも、見えたような気がする。
そうなっているとすれば、中将棋で、
堅行の成りが飛牛という牛駒、横行の成りが奔猪という猪駒
である事から、普通唱導集大将棋の構成十二支駒で成りを統
一しているのを、大局将棋のゲーム・デザイナーが、パター
ンとして真似たと、確実に考えられるのである。(2019/01/08)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今小路西御成小学校遺跡ゲーセン中将棋。狛犬が発生の元将棋種(長さん)

今小路西御成小学校遺跡ゲームセンターで、指されたとみられる
獅子に関する特別な規則と、元駒の獅子が無く、狛犬に置き換わっ
た中将棋には、今小路西鎌倉市社会福祉センター遺跡中将棋木札
に有るように、狛犬、猛豹が有って、盲虎が今の中将棋と同じ、
七方向歩みである事、それだけが、はっきりと記載されていた。
 では、この中将棋に有って、オリジナルの中将棋、後期大将棋、
普通唱導集大将棋、平安大将棋には無く、大大将棋や摩訶大将棋、
摩訶大大将棋に有る狛犬は、今小路西御成小学校遺跡ゲームセン
ターで中将棋として使われる以前には、どんな古い時代の駒数多
数将棋で、使われた狛犬のコピーだったと言うのだろうか。
 以上を、今回の論題とする。回答を最初に書く。
 狛犬駒は、

今小路西御成小学校遺跡ゲームセンターで狛犬中将棋として使わ
れたのが、始めての使用だった

と本ブログでは見る。根拠も最初に、とっとと書いてしまおう。

猛豹も中将棋で始めて現われたのであり、盲虎も中将棋で始めて、
猛虎の斜め四方向歩みの動きから、前にだけ前進できない七方向
歩みになった。つまり、ルールのユニークな部分だけ、今小路西
鎌倉市福祉センター遺跡中将棋木札に記載したと解釈して、話が
ぴたりと収まる

からである。
 では、以下に補足しよう。
 結局の所、以上の結論は、普通唱導集大将棋に無くて、狛犬型
中将棋には有る、ユニークな駒とルールが何なのかと問うと、
狛犬が有る事、猛豹が有る事、猛虎が盲虎に代わっている事の
3つだけだと言う事である。
 つまり、普通唱導集大将棋から中将棋になる時、消えた駒は、
飛龍、嗔猪、猛牛、鉄将、桂馬、2枚の歩兵の22枚減だったが、
逆に、通常は、獅子と、獅子に関する特別な規則、猛豹が入り、
6枚増えて、108枚制から92枚制の16枚減となり、猛虎が、
盲虎に変わったので、

今小路西鎌倉市福祉センター遺跡出土の木札と、ぴたりと話が合っ
ている

のだ。
 なお、普通は、獅子と、獅子に関する特別な規則が入ったが、
今小路西御成小学校遺跡ゲームセンター中将棋では、これらが、
狛犬に置き換わって、今小路西鎌倉市福祉センター遺跡の木札に
書いてあるように、

”狛犬、猛豹。盲虎は近くへ行くが、上は行けぬ。”

と書けば、それでゲームの内容は、言い尽くされたという訳だ。
 ちなみに狛犬の中将棋よりも前に、獅子の中将棋が有った事は、
今小路西御成小学校遺跡ゲームセンターの、鎌倉時代末期か
または、南北朝時代の、遊戯場(博打場)の管理人が、木札に、

狛犬の所を、”しろいぬ”と書いてくれたおかげで、確定した。

”獅子を当時、師子と書いた”という経緯があったからこそ、遊
戯場の客は、狛犬を、犬へんを抜いて白犬(はっけん)とか、
”しろいぬ”とか仲間言葉で言い換えた方が通じるようになった
とみられる事が判り、その事から、

普通の獅子の中将棋が、先行して存在している事がはっきり判る

のである。なお、その前の普通唱導集大将棋(本ブログ仮説、
13×13升目、108枚制)にも、麒麟の成りで獅子が師子と
して有ったと見られる。が、(袖右飛車を退けられて)麒麟を成
り込まれると、成った瞬間に”勝ちを取(られ)る”。だから、
中将棋よりも前の時代に獅子や師子が、プレーヤーの間で対局中、
話題になる事は少なかっただろう。よって、白犬の訓読みという、
狛犬の洒落言葉は、鎌倉時代の末より以前には、無かったと、
ここでは見る。
 以上の経緯から、

残りの猛豹と、この場合狛犬は、狛犬型中将棋を完成させるため
に、主にこの将棋を指すために作られた

と、これについても確定する。狛犬は、どこか別の将棋が先行し
て有って、獅子とペアーで入っていたところから、持ってきたの
ではなくて、獅子と狛犬という言葉の対と、獅子に似たパターン
のルールを考えるという動機付けによって、獅子の中将棋の難点
を克服するために、そのときになって始めて、新たに考え出され
た駒だったに違いない。
つまり、

狛犬は、良くさされる駒数多数将棋としては、少なくとも鎌倉で
は指された、狛犬型中将棋で、猛豹と共に始めて現われた駒

だったと、本ブログでは推定する。
 従って歴史的に見て、

駒数多数将棋で指されたものは、平安大将棋、普通唱導集大将棋、
獅子および狛犬型の中将棋、この3種だけだった。

以上のように推定され、残りの駒数多数将棋は、将棋ゲームとし
て指して楽しむためと言うよりは、文化の一部として存在すると
いう、意味合いが強かったと、ほぼ結論されると考える。以上の
大将棋系の将棋種の実体が、平成の時代が変わる頃になった今、
進化の順序の確定と共に、いよいよ、はっきりと見えてきたとい
う事に、なるという事だろう。
 この今小路西鎌倉市福祉センター遺跡の中将棋木札の出土は、
将棋前史(将棋進化史)にとって大きかった。早く紛失してしま
った現物が、鎌倉市役所に戻るよう祈りたいものだ。(2019/01/07)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

現行の駒数多数将棋の起源。数世紀インド起源で無い事が判る訳(長さん)

本ブログに於いて、いわゆる19×19の駒数多数将棋の最初
の発明者は、中国の晁無咎(晁補之)という事になっている。
囲碁から着想したと見られ、外国、たとえばインドから中国へ
の輸入品では無いという事である。
 中国の晁無咎の広将棋は、記録が残って居無いが、同時期に
大将棋が別に中国に有ったらしく、同名の日本の二中歴大将棋
が、玉・金・銀・銅・鉄という構成である事から見て、

中国の晁無咎(晁補之)の19路広将棋も、陰陽五行説に則っ
たもの

と、異制庭訓往来の示唆からも推定される。
 現在の将棋史界では、極東の駒数多数将棋が、陰陽五行説に
準拠したものであるという考えが、少なくとも将棋史の専門家
の間では強い。遊戯史全体では、将棋史がマイナーなので、強
く主張すると、トンチンカンな質問も来る事が有るようだ。
 文献を探している研究者も居るようなので、水無瀬兼成の、
将棋纂図部類抄の、出だしを読むように薦めておく。だから、
実際本ブログでも、この考えに賛成の立場であり、以下、

極東の駒数多数将棋は、陰陽五行説に準拠したものである

と仮定する。
 では三十六禽が、数が36個(柱)であるという点で、
ナイル川流域のエジプト文明起源であるという如くに、
別の古代の四大文明地域等から、陰陽五行説に準拠した極東の
駒数多数将棋は、中国に原初輸入される可能性は、有るのか無
いのかを、今回は論題とする。結論から書く。

無いと見られる。何故なら陰陽五行説は、中国起源だから

である。では、以下に説明を加える。
 すなわち、

四大文明で中国の隣組である、インダス文明のインドには、
陰陽道や、五行説は無い。

 この点については、現代の成書は結構稀少と、本ブログでは
認識する。例えば、次の文献がある。

「科学史」、木村陽ニ郎編、東洋大学(当時)大綱功執筆、
㈱有信堂高文社、西暦1971年、第13章インドの科学。

それによるとインドの原子論は、地、水、火、風の四大元素説

だ。5行では無い。そのため、インドで駒数多数将棋が生ま
れ、北宋王朝時代に中国に輸入されて、晁無咎が広将棋序を記
したとすると、

平安大将棋の将駒は、地将、水将、火将、風将に対応する、
4将7枚制の将棋になっていた可能性が高い

と、私は思う。だから、インドで原初に発明されたチャトラン
ガは、駒の総数や升目の数について、チェスや小将棋に近いも
ので、駒数多数のゲームは小から大への進化であると私は思う。
だから、

事実上、大将棋は中国発のアイディアを、日本で更に発展させ
たもの

と、結論できると私は考えている。すなわち、

 インドに10世紀以前に、駒数多数将棋が有るという説に、
客観的根拠が乏しいのはもちろんの事、現在の中国で発生した
陰陽道と、駒数多数将棋との深い結びつきから考えても、その
可能性を示す兆候は、かなり乏しい

のではないか。
 つまり、いわゆる特許法で言う、オリジナリティという概念
を、無理やり適用すると、”二桁升目を使う事を、特徴とする
チェス・象棋様ゲーム”という

この国際特許の主な独立請求項の発明者は、北宋時代の中国人

だと言う事にやはり、なるのだろう。
 なお、陰陽道がインド起源ではなくて、中国がオリジナルで
ある事は、以前、本ブログで三十六禽を紹介した、南方熊楠の
”四神と十二獣について”という著作の中で、”八木”という
苗字の思想史研究者を、南方熊楠が批判して、”陰陽道の概念
が、インド起源であるという説は、間違いだ”と論じていた。
 今では、史学も更に進んだので、南方熊楠の著作集よりも、
詳しい陰陽道のインド起源説否定情報が、成書を探すと上記の
ように出てくるという状況だと、私は認識している。
・・・・・・☆・・・・・・・☆・・・・・・・☆・・・・・
 なお、本日西暦2019年1月6日に、日本時間で9時頃か
ら、10時頃が東京の最大の欠けで、部分日食があるとの事だ。
今年は、地球が赤道の膨らんだ西洋梨型のため、月の軌道の黄
道面との交点の黄経が、永年後退するため、食年が太陽年より
短いのが原因で、18年強の周期で”食の季節が、年初、年中央、
年末と、3回ある珍しい年だ。
 外は晴れているようなので、日食サングラスで、欠けた太陽
を見てみようかと思う。
(追記)関東、10時JST。日食良く見えてます。(2019/01/06)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

狛犬中将棋はなぜ、先狛犬の規則が問題にならないのか(長さん)

前に述べたように、獅子中将棋とは異なり狛犬の中将棋では、
先狛犬の規則を作ったとしても、使われる局面がほぼ表れな
いと考えられる。
 以下に実例として、狛犬中将棋の仕掛局面の例を示す。

01_05_1.gif

 蛇足だが今回の狛犬中将棋では、
1.元の駒で獅子に当たる駒を、狛犬に変えただけで、残り
の駒は同じ。
2.成りも獅子の中将棋と同じ
である場合を示す。
 以下に、序盤から中盤への変わり目となる、狛犬中将棋の
局面の一例を示す。
 獅子の中将棋と、大きく異なる点は、

狛犬は居喰いは出来ないとするので、前出しする意味が無く、
仕掛局面で、最上段に出て居無い

事である。つまり居喰いできないと、無理に相手駒を取ろう
として高跳びすれば、相手駒の餌食になるから、そのような
手を指す準備をしないのである。
 また、良く見ると、歩兵列の駒が、狛犬に居喰いされる心
配がほぼ無いので、獅子の中将棋のように、横一線に最前列
の兵駒を並べるような指し方を、する必要も無い。
 以上の2つの理由で、先狛犬の規則が適用されるような、
相手走り駒に、狛犬が当てられる事が、ほぼ無いと考えられ
るのである。なお、歩兵を横一線に並べると、狛犬は進むか
後退するしかなく、横に跳んで逃げにくくなるので、相手の
攻め駒に、取られやすくなる。むろん、獅子の2升目跳びに
比べて、狛犬は3升目跳びと、跳ぶ距離が長いので、逃げ足
自体も速い。以上3つの理由で、獅子の中将棋のように、狛
犬の中将棋は、先狛犬の規則を作っても、面白みがほとんど
変わらないと見られる。
 なお以下も蛇足だが、狛犬中将棋の玉囲いは、獅子中将棋
のように、玉の逃げ道を、全く塞いではいけない。なぜなら、
狛犬は獅子よりも1升目、射程距離が長いので、終盤、玉将
をギッチリ囲って、動けなくすると、生き埋め詰めの、トン
死筋が発生するからだ。
 写真のように、先手陣で金将、後手陣で麒麟が、予め動い
て玉の周りに、空き升目を作っているのはそのためである。
 なお、写真の例では、この局面までに▲6七龍馬と狛犬取
りを掛け、それを後手が△7六龍馬と防いだ所である。斜め
走り駒同士が、日本将棋と同じく、獅子の中将棋とは異なり、
狛犬中将棋では、たいてい最初にぶつかり合うケースが多い
のだろう。なお、先手は次の手で、▲1九横行(1十)と、
端筋を固めてくると見られる。(2019/01/05)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4日午後ヨーロッパで”しぶんぎ群(りゅう座イオタ群)がバーストか(長さん)

本ブログは、将棋史のブログですが、以下は現代天文学(占いではない)
に関する情報です。

たんなる私の山勘ですが。

しぶんぎ群の流星の明るさが、いつもより明るいものが多いです。日本
の本日午後3時頃、冬晴れの稀なヨーロッパで、たまたま晴れた所では、
東から西に向かって、流れ星がたくさん見えるかもしれません。
 日本はひるすぎですので、通信用の流星散乱電波で、調べるしかあり
ません。ラジオが怪しいし、アンテナが繋がるかどうか謎ですが、関東
から88.1MHzのエフエム大坂を、一応ねらってみようと思います。
 このブログで、流星の話をたまに書いても、見てくれる方が少ないの
が、残念ですが。流星でも著名な、中村卓司先生らと共に、

Muレーダーでかつて、高層気象の御研究をされた、摩訶大将棋のブロ
グの高見友幸さんが、研究から足を洗われて久しいのが特に残念です。

Muレーダー自体も、46.5MHzでの常時運用、最近はして居無い
でしょうし、So-netで著名な、S□NYの広周波数FM受信機も、
壊れて久しいし、個人的には、私にはなんともしがたい状態です。

2019/01/04 長さん/Qua obs.

 ☆2019年の四分儀(しぶんぎ)座流星群(1月4日明け方日本)

自宅で観測しました。(埼玉県)
 DATE 2019.Ⅰ.03/04
 TIME04d04h35m~05h05m(30分)
 観測総数3個 OBラムカ内 1個 判定×
 
 少ないですが、EU注意。
 メモ:1恒星年=365.25636日
 定義:”OBラムカ内”。輻射点の方に短軸を向け天頂を
  中心に73°×60°の方形視野に、発光点の入った
  おおぐま座α星より明るい群流星を数える。ただし正式
  には、多重計数で、全数漏れ無く計数するのが、建前。
        四分儀群 最近の出方
......2019..|.....×
......2018..|..........×~△
......2017..|.....................×
......2016..|
......2015..|
......2014..|.............△~◎
......2013..|.....................△>P(電波)
......2012..|
......2011..|
......2010..|...............×
......2009..|.......................×
......2008..|×
......2007..|......×~△
......2006..|..............△~◎
......2005..|..................×->×
......2004..|△
......2003..|.........△
......2002..|.................△
......2001..|..................×->P
......2000..|..×
......1999..|..........△
......1998..|...............×~△
......1997..|....................◎->×
......1996..|..△..............................×
......1995..|........×~△
......1994..|..................◎...
......1993..|....................×->×
......1992..|...△
......1991..|...........△
......1990..|...................◎
......1989..|.....................◎->×
......1988..|
......1987..|............◎
......1986..|....................◎
......1985..|......................×->P
......1984..|....×..............................×
......1983..|............×
......1982..|.....................◎
......1981..|.......................×->×
......1980..|.....△
......1979..|...........△~◎
......1978..|.....................◎
......1977..|........................◎->×
......1976..|
......1975..|..............◎
......1974..|......................◎
......1973..|........................△->P(薮保男氏)
................└──────────────────────
日本での日付け1月
....................4......4......4......4......5
太陽黄経
.....(1950)272.2....45.....7.....95..273.2
記号:◎:概ね10個以上。旧ZHR60以上 △:数個程度。旧ZHR約50
×:1~2個。旧ZHR約20 P:木星Pの5/11スワームピークあり。
      (旧ZHRの方が、今のより1/2程度で小さいです。)

上の図で、プロットが四年ごとのパターンなのは、1恒星年が、
365.25・・日の”.25"のため。左に流れているのは小数第三桁目から、
・・636・・・日になっている、636・・のためです。なお2000年は、
グレゴリオ暦はうるう年。1998年から、木星の引力が、日本で見える
はずの流星物質を、予め”掃除(はきちらす)”してくれており、西暦を4で
割り2余り年(グラフの真ん中の、"4"の、x値の列のところの観測結果)が、

母天体であると本ブログでも見る、2003EH1の回帰した西暦2014年

を除いて少なくなりました。それまでは、西暦を4で割り2余れば、
しぶんぎ群の大出現は、第二次世界大戦からあとは、指定席でした。
これは、しぶんぎ(四分儀)流星群の出現本体の流星が、木星公転周期の
4/9スワーム(swarm。一時的な、塵の吹き溜まりの事。村山定男氏より、
昔私は、この言葉の使い方を聞いた。)を構成して居る事によるものです。
 ただし、西暦を4で割り3余る年にも、過去日本で活発だった例外があり
西暦1975年と1987年の、日本での、少なくともJST0~4時過ぎ間
のバーストは、2003EH1から放出したての流星によるものです。なお、
木星による長周期摂動により、流星群全体の交差点の黄経が、
”いじわるく”後退し、西暦を4で割り1余る年には、40年置いても日本で、
見えるようになって、くれ無くしています。本ブログの執筆のおかげで、
以上のように、文で算数の説明をするのに慣れました。
 では、専門サイトで結果を聞く前に、流れ星、ヨーロッパでたくさん
飛んだかどうか知りたい人は、EUの知人にでも、急いで電話でもして
ください。(2019/01/04の2。EU夜中の0時頃)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

先獅子の規則が、獅子型の中将棋を面白くしている一例(長さん)

 今回は、前に約束した、先獅子の規則が、獅子型の中将棋
を面白くしている一例を、挙げてみる。中将棋に堪能な方に
は、”今更ながら”で、余り面白く無いかもしれないが。
以下の写真の局面図は、中将棋に於いて中盤の斬り合いが始
まった頃ので、後手の△3ニ角行の獅子取りに対し、
▲6七歩兵と受けた所である。

01_04_1.gif

この局面で、もし先獅子の規則が無ければ、

後手は△6七同→6六獅子と、居喰いしたい所である。

 なぜなら、その後▲同6六奔王に、△7八角行が、禁手で
無くて出来たとすれば、以下▲6五奔王、△5十角行成り、
▲3四奔王、△6十一龍馬となって、先手玉に王手が掛かる
次の局面になるはずだからだ。

01_04_2.gif

すると、▲同6十一盲虎、△4三龍王となるだろう。この
局面で、今回の斬り合いによる駒の損得差は僅かだが、
先手陣に出来た傷の深さの方が、後手陣のそれより明らかに
深い。その為、このように進めたとしたら、後手にとっては、
味の良い結果になった、はずだったからだ。
 しかし、元に戻って▲同6六奔王には、禁手のため、
△7八角行とは出来ない。
 そこでやむなく、△3ニ角行、▲6七歩兵に対して居喰い
せずに、△6七同→7六獅子と、第1歩で歩兵を取るとする。
すると、▲5七獅子と、伸び出た後手仲人に付けられたとき、
単純に▲4五仲人と引けば、何事も無かったのだが、慌てて
△9ニ銅将と引く悪手を指したとすると、▲4六獅子と、以
下の写真のように、仲人を取られてしまった。

01_04_3.gif

後手にとって、すこぶる面白く無い結果だったが、正しく仲
人を引いていたとしても、手損感が残ったろう。このように、

先獅子の規則が有るのと、無いのとでは少なくとも多少違う

事が判る。先手の▲6七歩兵は、一見うさん臭いが、9三の
位置の、後手銅将の位置がマズくて、この場合は、悪手
にはならなかった。後手は、できればそれを、予め予測する
必要があった。こうした獅子に関する特別な規則の作用、
特に先獅子の規則の存在の面白さが、獅子型中将棋を、長い
年月の間に、生き残らせ、他のバージョンを淘汰させたとも
考えられる。
 つまり獅子の動きが、狛犬に比べて、よたよたしていたの
で、かえって良かったと、言う事である。(2019/01/04)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

現中将棋は鎌倉市の今小路西御成小学校遺跡中将棋より性能上か(長さん)

前に述べたように、獅子を狛犬に変えた点を最大の特徴とすると
見られる、今小路西鎌倉市福祉センター遺跡出土木札の中将棋
すなわち、今小路西御成小学校遺跡ゲームセンター中将棋は、
現代の獅子に関する特別な規則の有る中将棋よりも、ゲーム性で
僅かに劣る程度の、南北朝期の駒数多数将棋だったとの、感触
を得た。
 個人的に現代の中将棋を、だいぶん指していなかったため、棋
力が落ちて、性能判断力が鈍っている疑いがあった。そこで今回、
今の中将棋を1局、試しに指して、それと前の結果とを比較する
事にした。以下に結論から述べ、説明は後と言う順序にする。
 結論は、以下のようになった。
 狛犬は獅子に比べて攻撃力は小さいが、逃げ足が3升目動きな
ので、2升目動きの獅子に比べて速い。そのため相手の走り駒で、
狛犬取りになる確率が、獅子の場合に比べて少ない。その結果、
先狛犬の規則を作ったとしても、先獅子の規則に比べて、そのよ
うなルールを適用する局面が稀になる。

実は、獅子に関する特別な規則のうちの、直接対決する獅子同士
に関する特別な規則に入らない、先獅子の規則で、妙手が生じる
事が結構有った。

しかし”先狛犬の規則”といった物は、存在してもほとんど使わ
れない。ので狛犬の中将棋には、そのために現われる妙手が、
余り無かった。その僅かな差で、狛犬中将棋は”獅子に関する特
別な規則の有る獅子中将棋”に、長期間の間に淘汰されたと見ら
れる。
 では以上を踏まえて、通常の中将棋と、棋譜例を示そう。

今回は、いまの中将棋の紹介、顔見せ程度を、このページの作成
目標としておく。

 そもそも中将棋の棋譜の説明をweb上で見るのは、コンピュー
タ社会が、若い世代層偏っているためか、今ではかなり稀だ。だ
から、中将棋の当たり前の将棋例を、webで説明するというの
も、いまさらながらとはいえ、罰は当たるまい。”そこでまずは”
としよう。
 以下の棋譜は、初期配列の下半分である。

中将棋オモテ.gif

 但し、現在の中将棋の成りは、上記の駒をひっくり返して示す
と次のようになっている。

中将棋成り.gif

 中将棋は取り捨てで、持ち駒ルールは無く、成りの規則は、相
手陣が4段目なので、相手陣に駒が入ったときに成る。ただし、
相手陣に入った状態では、手を指しても成れず、相手陣内で、
相手の駒を取った時に成る。ないしはもう一度、相手陣から出て
再突入するかである。ただし、歩兵と最近では香車については、
最奥の、身動きできない所に達すると、強制成りとなっている。
獅子に関する特別な規則は、本ブログで前に説明したものとした。
 この将棋を、私の棋力が以前より衰えた今回、再度チェックす
ると、終盤局面で、以下のような状態に達した。

01_03.gif

先手が優勢になったが、後手に、先獅子の規則が無ければ、良い
手が有ったのに、その手が使えないため、後手が形成を損じた為
だった。今述べた事の具体的な説明は、別の一局を使って、後で
するつもりである。何れにしても中将棋では、走り駒で相手獅子
取りを、狛犬中将棋に比べて掛ける局面が出易く、獅子の追いか
け合いが多いのが、今回指してみても印象的だった。
 なお、上図の局面は、先手が▲6十飛車(10十)とした所で
あり、後手は形勢不利で、獅子を△同6十獅子で、切るしかなかっ
たとみられる。なお、先手は麒麟を切っているが、後手の麒麟は
健在である。

狛犬中将棋に比べて、獅子中将棋の方が、やはり相手から、麒麟
は取られにくいようだ。

 話を元に戻すと、この局面から、着手は次のように進んだ。
△同6十獅子▲同6十金将△6三金将(成り角行を取る。)
▲6五獅子寄る。言うまでも無く、次の△~▲8三獅子を見て、
後手玉に詰めろが掛かっており、以下先手が、後手の玉を寄せる
段階となっている。
 実際、しばらく進んで、以下のように後手玉は詰み、結局この
局は先手の勝ちとなった。

01_03_指了.gif

 確かに、この1局を見る限り、先獅子の規則が利いているとい
う意味では、狛犬中将棋には、余り無い面白さが有り、僅かでは
あるが、普通の中将棋の方が、今小路西鎌倉市福祉センター遺跡
出土木札の狛犬型中将棋より、ゲーム性能が上との心象は受けた。
 なお、成りの種類を増やして、複雑化した効果は、それに比し
て、やや少ないようだ。

 狛犬中将棋を、現在の成りの規則で指しても、古のゲームの特
徴を理解する、防げには特に、なら無い

ような気が私にはする。普通の中将棋の元駒一枚の獅子だけを、
狛犬に変え、獅子に関する特別な規則を、全く無しにして、同じ
ように楽しむのが、狛犬型中将棋を、現在流に楽しむには、それ
が一番良いような気が、やはり私には依然する。(2019/01/03)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー